パステルアートのオンライン教室・通信講座 - miroom

パステルアートのオンライン教室・通信講座

パステルアート(パステル画)とはパステルという粉末状の顔料を接着剤で固めた画材を用いて描いたイラストのこと。パレットや筆を使わずに絵を描けるという利点があり、エドガー・ドガやオディロン・ルドンといった有名画家も愛用した画材である。パステスにはソフトパステル、ハードパステル、セミハードパステル、オイルパステルなどの種類があり、それぞれ質感や発色が異なる。パステルを粉末にして紙にこすりつけたり、パステルを立てて線を描いたりと、描き方も様々でいろいろな表現ができるため、自由な発想で子どもから大人まで楽しむことができる。使うパステルの種類によって多少異なるが、主な道具として、画用紙、ぼかし網(パステルを削って粉末状にするための道具)、定規、セロハンテープ、練り消しゴム、鉛筆などが挙げられる。道具は画材店以外にもダイソーなどの100均ショップで購入することができる。初心者であればまずはグラデーションの付け方やぼかしの技法を学んでパステルの質感の特徴をつかむのがおすすめだ。カラフルなパステルをお供に、童心に戻った気持ちでパステルアートを楽しもう。

パステルアートのオンライン教室・通信講座一覧

パステルアートの先生一覧

パステルアートが学べるオンライン教室・通信講座を開講中。超初心者でもゼロから上達する。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。大人・社会人から子供まで、自分に合ったパステル画、オイルパステルの講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    だんだんコツが分かってきました。 短時間で描けるので集中できます。

  • ユーザーアイコン

    初めてオイルパステルに触れましたが、分かりやすいsuna 先生のクラスのお陰で楽しく始める事ができました!

  • ユーザーアイコン

    簡潔にまとめられていて少しの時間で受講できるのが良かったです。

  • ユーザーアイコン

    ワクワクしました。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
先生の様に、オイルパステルの素朴?な線の残る加減を練習するには、どうした

イラスト・絵画

2022/08/13

はじめてさんOK!画材「オイルパステル」で描くイラスト入門講座

楽しくて、一気に三匹も描きました♪ただ、リボンの色の使い方が難しく、色が

イラスト・絵画

2022/08/13

はじめてさんOK!画材「オイルパステル」で描くイラスト入門講座

suna先生

ももゆきさんこんにちは! 早速マイレポありがとうございます◎! 問題解決したようで安心しました☺️ ももゆきさんのチューリップ、個人的にとても好きな仕上がりなのでびっくりしました。 とても滑らかな質感で手こずったのも絵からはわからないです。 チューリップの質感として縦の線を意識することもきちんと意識できているので、正直にいうとこうした方が良いというところは見る限り思い当たりません。 なので、ステップアップとしてチューリップの花束を描いてみてはいかがでしょうか。 数が増えるとそれだけで集中力がいるのもそうですが、細かい表現が増えてくるのでぜひ挑戦してみてもらいたいです!☺️ 過去に、チューリップの花束を描くライブレッスンをしていて、そのアーカイブが残っていると思うので、もしよければそちらも見てみてください🌷 室内灯の中での撮影なので細かい色が見づらいかもしれませんがもしよければ◎ ライブレッスンのマイレポは投稿する場所がないと思うので、またここに投稿してもらえれば喜びます! これからもよろしくお願いします☺️

描いていて楽しいデザイン!

イラスト・絵画

2022/08/08

シズル感を表現!カフェ風看板講座

キンジョー先生

全クラスの受講、ありがとうございます。前半部分は初めての撮影に説明もたどたどしく、見づらい部分もあったかと思いますが、最後までお付き合い頂きありがとうございます。完成度高い仕上がりに感動しています✨ これからも是非、チョークアートを楽しんでくださいね😊

キンジョー先生

完成までおつかれさまでした✨わぁ✨嬉しいですね💓😍 シズル感溢れるピザボードに仕上げ下さり、ありがとうございます😊

ピザのボード、前編 出来ました!(≧∀≦)

イラスト・絵画

2022/04/28

シズル感を表現!カフェ風看板講座

キンジョー先生

おつかれさまでした😊具材は細かい作業が多いですが、1つ1つ発色よく綺麗に塗れていますね✨

キンジョー先生

完成までおつかれさまでした✨絵はもちろんのこと、文字もバランスよくとても完成度の高い一枚にとても嬉しいです😊💓

トマト&バジルのボード、前編まで出来ました!

イラスト・絵画

2022/04/23

シズル感を表現!カフェ風看板講座

キンジョー先生

トマトおつかれさまでした😍

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

パステルアートについて

パステルアートのおすすめポイント

パステルアートはパステルという粉末の顔料を接着剤で押し固めた画材を用いて描くイラストを指す。鮮明な色彩とふんわりとしたタッチが特徴で、専門教室や通信講座などもあり、大人の習い事として始める方も増えている。中には技術を極めてインストラクターの資格をとる方も。細かい道具は不要でパステル1本で素敵な絵が描けてしまうパステルアートは、手頃な趣味を探している人にぴったりだ。お気に入りのパステルだけを持って外にスケッチしに行くのも楽しいだろう。春は桜、夏はアジサイ、秋は紅葉、冬はクリスマスツリーと季節の風物詩を描きためていくとより鮮やかな思い出となる。空や海といった自然の風景もパステルで描くと幻想的な仕上がりとなり、水彩画や油絵などとはまた違った魅力を感じられる。絵心がないから上手く描けるか不安という初心者の方でも型紙(テンプレート)を使えば簡単に可愛いイラストを描くことができる。ハートやお花など様々な形にくり抜かれた型紙を画用紙の上に敷き、その上からパステルで色を塗っていけば形の整ったイラストが完成する。「どんなイラストを描けばいいのかわからない」「画材を買い揃えるのが大変」という方には図案や型紙、必要な画材がセットになったキットがおすすめだ。型紙を使ったイラストでパステルに慣れてきたら、自分で形取りからやってみよう。最初はフルーツやお花などシンプルな形で構成されているモチーフが取り組みやすい。イラストが描けたら文字を入れてメッセージカードにするのもおすすめだ。可愛い雰囲気の絵にはふんわりとした文字、力強い雰囲気の絵にはキリッとしたタッチの文字という風に、絵に合わせて文字の書き方を変えると素敵なデザインに仕上げることができる。どんなやり方でイラストを仕上げているのか、見ただけでは分からないパステルアート。やってみると意外とシンプルな技法が多く、無心になって作業を進めることができる。独学でも良いが、家族や友達と楽しみながら描いていくと更にワクワクが広がるだろう。年齢を問わず楽しめるパステルアート。ぜひ新しい趣味として始めてみてはいかがだろうか。