パンチニードルのオンライン教室・通信講座 - miroom

パンチニードルのオンライン教室・通信講座

パンチニードルとは専用の針に好きな色の糸を通して布に刺していくことで模様やモチーフを描いていく刺繍技法だ。チクチクと針を刺していくだけ可愛い雑貨を作れるため、子どもから大人まで幅広い世代で楽しまれている。太い毛糸を使うため、もこもことした立体感のある仕上がりとなるのが特徴だ。メインで使う材料道具はパンチニードル専用の針と刺繍枠、布と糸だ。道具はクローバーなどの手芸用品店の他、ダイソーやセリアなどの100均で購入できるものもあり、ハンドメイド初心者でも気軽に始めることができる。道具を面倒な場合は、材料道具が一つになったスターターキットを購入するとすぐに始められるのでおすすめだ。最初は刺す範囲の小さいモチーフから作り始め、徐々に大きい作品に挑戦していくのが良いだろう。定番のモチーフはお花や葉っぱ、猫や犬の動物等。スヌーピー図案などのキャラクターも人気で、図案や材料をセットしたキットも販売されている。また使う糸も刺繍糸から、編み物で使う毛糸まで太さや質感が様々なので、いろいろな糸で作品を作ることで素材の違いを楽しむことができる。パンチニードルで作れる作品はコースターやフォトフレーム、クッションカバーなど、インテリアとして映えるものばかり。バッグなどのファッション小物も作ることができ、無印のシンプルなバッグにパンチニードルで装飾をするアイデアがネット上で話題になった。アイデア次第で多様な作品を作ることができるのが大きな魅力。道具の使い方や刺し方のコツを押さえたら、様々な作品作りに挑戦してみよう。プスプスと夢中で刺していくうちに素敵な作品ができあがるパンチニードル。ぜひその世界を楽しんでみよう。

パンチニードルのオンライン教室・通信講座一覧

パンチニードルの先生一覧

パンチニードルが学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。ニードルパンチ教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
WOOLY先生

図案が結構細かいので、大変だと思います💦綺麗に仕上がってると思いますよー✨

境目割るのがちょっと難しかったけど、刺すのはすごく楽しかった。

刺繍

2022/07/30

ぬり絵感覚で楽しめる パンチニードル入門講座

WOOLY先生

メルさん😊楽しんで頂けてよかったです!境目割るのは地味にポイントですので、できる範囲でやってみて下さいね♪

WOOLY先生

レポートありがとうございます。アレンジまでしてあってとっても綺麗に仕上がってますね!是非他のアイテムにもチャレンジしてみてくださいね♪

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

パンチニードルについて

パンチニードルのおすすめポイント

パンチニードルとは、専用の針に好きな色の糸を通して布に刺していく手法のこと。ペンのように針を持ち、チクチクと生地に刺していくだけで可愛い雑貨が作れるパンチニードル。糸の素材感も活かされて、ふかふかのラグのような立体感のある仕上がりになるのがパンチニードルならではの特徴だ。基本のやり方を覚えて図案通りに針を刺していくだけなので、経験や手先の器用さは関係なく可愛い絵柄を完成させることができる。誰でも塗り絵のように気軽にステッチを楽しめることができるのが大きな魅力だ。色の組み合わせや図案も無限にあるため、シンプルな作業ながらも奥が深いためのめり込む人も多く、幅広い世代で楽しまれている話題のハンドメイドだ。太い毛糸を使うため、刺し目がよく見えるのでハンドメイド初心者でも取り組みやすい。生地の上に刺繍糸や毛糸を埋め込んでいく仕組みのため、失敗したら糸をほどいてやり直しができる。そのため、間違えたらどうしようという心配も少ない。道具の使い方や裏処理の仕方などの基本テクニックを覚えればすぐに作業の楽しみに没頭できるのだ。何か手仕事を始めたいなと思っていたけれど手を出せずにいた方にぴったりである。パンチニードルが全くの初めてであれば、最初にコースターなどの小さな作品から始めて、徐々にポシェットやクッションカバーなど大きな作品へステップアップしていくのがおすすめだ。だんだんと大物を作れるようになると、達成感も増していく。また色合いや糸の素材を変えると同じデザインでも全く異なる雰囲気となるため色違いでいくつも作っても楽しいだろう。プスプスと夢中で刺す時間は無心になれてリフレッシュにもなる。単純作業をするだけでいつの間にか、もこもこで可愛い作品ができあがるパンチニードルで、暮らしをより華やかにしてみてはいかがだろうか。