刺繍のオンライン教室・通信講座 - miroom

刺繍のオンライン教室・通信講座

刺繍は、刺繍糸と刺繍針を使用して装飾を施す技術のこと。図案を布に描いてからその上をなぞるように刺していく。WEB上には無料でダウンロードできる図案が多数あるため、気に入ったデザインの図案が手に入る。日本ではフランス刺繍を見かけることが多いが、それ以外にも日本刺繍や中国刺繍、ハンガリー刺繍やスウェーデン刺繍など世界各地に様々な刺繍があり、刺し方・縫い方も異なっている。刺繍糸を使った刺繍だけでなく立体感が出しやすいのが特徴なリボン刺繍や、きらきらして仕上がりが綺麗に見えるビーズ刺繍などもある。スキマ時間や家でできる趣味として、編み物や刺しゅうといった手芸は昔から現在も変わらず根強い人気がある。刺繍の良い点は、紙やキャンバスに描く絵と違って普段使う小物や洋服、バッグやポーチなどの身近なものに縫い付けられて実用的なこと。学校や会社のお昼休み、病院の待合室での待ち時間など、ちょっとした隙間時間にできる手軽さも魅力だ。

刺繍のオンライン教室・通信講座一覧

刺繍の先生一覧

刺繍が学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。刺しゅう教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    可愛い猫さんができました!とても分かりやすかったです!新しい講座もたくさん欲しいなぁ。

  • ユーザーアイコン

    ビーズの刺し方でキレイに仕上げるコツなど細かいアドバイスがあり満足できる仕上がりになりました。

  • ユーザーアイコン

    最後の色についてのレッスンもすごーくよくわかりました。とっても参考になります。レッスン内に出てくる色の取り合わせどれも素敵でした。

  • ユーザーアイコン

    今回は図案を写す時に、布地の縦横を考えずに刺繍したい一心で写したので、パンパンにアメちゃんが詰まった巾着になりました(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎) mo-ffu先生が「色々あって良いですよ。」 と言って下さっていたので、救われました(笑)

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
説明が分かりやすく丁寧で無事に完成出来ました。ありがとうございました。

刺繍

2022/08/18

物語を紡ぐ クロスステッチ講座 2022年夏号

bitte先生

陽子さま 練習していただけただけでなく、バネポーチに仕立てご愛用されてるなんて素晴らしいです。 刺しっ放しの私も見習わせていただきたいです。 こちらこそありがとうございました。

bitte先生

陽子さま キッチンモチーフを全て刺し終えていただきありがとうございます。大変お疲れ様でした! お仕事や普段の生活の中から刺しゅう時間を捻出し、レッスンを受講していただき、苦手でいらしたサテンステッチを克服してくださったことは私にとってもよろこびです。 この講座でお伝えしたことを今後のステッチライフにお役立ていただけますと幸いです。

bitte先生

まあみさま ソルト&ペッパーミルを刺していただきありがとうございます。 同じモチーフを複数、同じように刺すのは本当に難しいですよね。 全く同じように刺すことより、隙間が空かないようチェーンステッチを刺すことを優先させてください。先に刺したチェーンステッチに寄せ気味に内側のチェーンステッチを刺すようにしてみてください。

bitte先生

monchouchouさま ライラックとクローバーを刺していただきありがとうございます。 ライラックを楽しく刺していただいた感触を忘れないで次に続けてください。 クローバーの葉っぱはライラックより難易度が高いので、色々なサテンステッチを刺された後に再チャレンジしてみてください。 クローバーのお花は糸の引き具合で花びらの大きさが変わりますので、ふっくら具合が足りない時は糸の本数を増やす(引き締め作業が難しくなりますが)などして調整してみるのもアリです。

bitte先生

maccoさま ライラックとクローバーを刺していただきありがとうございます。 よく似たステッチで雰囲気の違うクローバーのお花を気に入っていただけてうれしいです。 逆に葉っぱのサテンステッチにご苦労をお掛けしたようです。私もかつてそうでしたがサテンステッチをきれいに刺すのはなかなか大変です。渋々でもたくさん刺して行くうちに上達していただけると思います。そんな手応えは突然やって来ます。しばらく取り組まれてみてください。

延山菜摘先生

マイレポありがとうございます! 素敵なお言葉を掛けて頂き、そんな風に思って頂けるなんて作家をやっててよかったと感じる瞬間です😭 フレンチノットが難しい場合は、お好きなビーズで代用頂いてもよいかと思います^^その際にはシードビーズの、「丸小」や「極小」などの小さなサイズがおすすめです✨マットや光沢のあるもの、それぞれ違いがあり面白いと思います☺️またフレンチノットが登場する作品に挑戦する際や、アクセントに使って頂きましたら幸いです🍀

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

刺繍について

刺繍のおすすめポイント

刺繍とは、布や革の上に刺繍糸と刺繍針を使用して装飾を施す技術のこと。刺繍には大まかに分けて、人の手で行う手刺繍と、ミシンなどの機械を使用する機械刺繍、剣山状の針を使って布に糸を埋め込むパンチニードルがある。手刺繍の中でも縫い針ではなくかぎ針を使うリュネビル刺繍や、リバースアップリケの手法を用いて、布を重ねて表現するモラ刺繍などもある。リュべビル刺繍は後にオートクチュール刺繍とも呼ばれるようになり、あらかじめ糸が通されたビーズやスパンコールを使うことで早く美しく指すことができるのが特徴。刺繍の歴史は古く、世界各地で刺繍の源流とされるものが青銅器時代(紀元前3,000年)から始まっていたとも言われている。たいていの場合は、図案を布に描いてからその上をなぞるように刺していく。刺繍の図案の中でもお花やキャラクター、名前などの文字のイラストが人気だ。刺繍は繊細で難しいイメージを持たれがちだが、基本的なステッチを組み合わせるだけでも簡単に様々な作品を作ることができる。ステッチの種類は、クロスステッチやチェーンステッチ、ビーズステッチやサテンステッチなどがある。小物(ブローチやワッペンなど)を作りたいときや、既製服(ワンピース、ブラウスなど)に自分なりのワンポイントを加えたいときに刺繍は最適だ。刺繍でピアスやイヤリングなどのアクセサリーを作ったり、バッグやハンカチに刺繍模様を縫い付けることも人気だ。刺繍はプリントでは表現できない立体感、高級感があり、細かくてデザインも再現できることもおすすめのポイントの1つ。刺繍は、生地と刺繍針、刺繍糸、刺繍枠、ハサミがあればいつでもどこでも縫うことができる。ただ、初心者が使いやすい道具を探す手間を省くためにキットを購入するのもおすすめだ。miroomで刺繍のやり方を学び、おしゃれでかわいい刺繍作品を作ってみよう。