色鉛筆のオンライン教室・通信講座 - miroom

色鉛筆のオンライン教室・通信講座

3件

「絵を描く」といえば絵の具を思い浮かべる人も多いですが、色鉛筆で描かれたイラストや絵画もあります。色鉛筆画というもので、テレビ番組のプレバトで有名人、芸能人が描いた絵が素晴らしいと話題になったことも。描き方は題材を決めて下書きをし、色鉛筆で色を塗っていくのですが、様々なテクニックを使用することで、リアルな風景、人物画を仕上げられます。何色をどこに使うのかは動画などを見ればわかりますが、思ってもみない色の組み合わせで表現できたりもするので、色鉛筆画は描いている最中に新しい楽しみを見つけることも可能です。道具も色鉛筆と画用紙があればできるので、手軽に始められると人気があります。描き方も動画配信されているので、独学で始める人も多くいらっしゃいます。教わらなくても公園や街中に出向いて、色鉛筆と画用紙で自由に好きな物を描くのも楽しいもの。もし、しっかりとテクニックを学びたいのであれば、色鉛筆画の教室を探してみるのも良いでしょう。

色鉛筆のオンライン教室・通信講座一覧

色鉛筆の先生一覧

色鉛筆が学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。超初心者でもリアルな絵が描けるようになる。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。大人・社会人から子供まで、自分に合った講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
おおで ゆかこ先生

elinco.さん お返事が遅くなり申し訳ございません。ねずみさんもチャレンジして頂いて嬉しいです! ザラつきのある質感が手書き感がより感じられめ素敵だと思いました✨表情もイキイキしてて可愛いですね! マイレポ投稿ありがとうございました😊

おおで ゆかこ先生

elinco.さん 今回もマイレポ投稿嬉しいです!色鉛筆が細くなったことで色がしっかり出ていますね。可愛いです! 境目についてですが境目がくっきりしないよう、グラデーションを練習してみてください。濃い部分から薄い部分にかけて、最初は力を入れ、そこから力を少しずつ抜いて優しく塗っていくイメージです。 またチャレンジしてみてくださいね!

おおで ゆかこ先生

elico.さん  素敵なイラストでマイレポ投稿嬉しいです!✨ 鉛筆の線はかなり薄めのタッチで描き、目立つ線は練りゴムか消しゴムで軽く消しておけば目立ちにくいです。色鉛筆は細く削り、細かいタッチでしっかりめに塗り重ねると絵にボリュームが出てくるかと思います! またチャレンジしてみて頂ければ嬉しいです😊

動画に沿って描いたらとても優しい雰囲気の絵が仕上がりました😊

イラスト・絵画

2022/09/26

色鉛筆で描く 絵本イラスト講座

おおで ゆかこ先生

minaさん  マイレポ投稿ありがとうございます!手書き感が出て見ていてほっこりしました♪ とても丁寧に描かれていますね!クッキーも美味しそうです。 またマイレポ投稿お待ちしています☺️

おおで ゆかこ先生

しまりすママさん 全ての作品完成おめでとうございます!とっても繊細なタッチで素敵な仕上がりですね✨額縁に入れるとさらに素敵です。楽しんで頂けて良かったです!

おおで ゆかこ先生

しまりすママさん 画用紙のざらざら感が出ていて、より手描きタッチが際立ちますね。3作品も投稿頂いて嬉しいです✨ありがとうございました!

焼き色を表現するのが楽しかったです!ありがとうございました(^^)

イラスト・絵画

2022/09/10

色鉛筆で描く 絵本イラスト講座

おおで ゆかこ先生

しまりすママさん 焼き色が美味しそうですね✨とても可愛いです。 続けてのマイレポ投稿ありがとうございます!

おおで ゆかこ先生

しまりすママさん マイレポ投稿ありがとうございます! 48色をご購入されたのですね。色数が多いと表現も広がりますよね! 素敵な作品を投稿頂き嬉しいです✨ トレース時に濃く描いてしまう、やりがちですよね。しかし濃い目の色鉛筆がはっきり見えてクオリティの高い作品だと思いました✨ 額縁のデザインが絵にぴったりですね!

ユリカ先生

ありがとうございます😊 濃いところと薄いところと塗り分けが綺麗でとても素敵です!✨ マフラーは丸みを帯びさせるためにまずは繊維の曲線を描くような線を引くように塗っていただけると立体感を出せますので、上からでもぜひ試してみてください(*ᴗˬᴗ)

ユリカ先生

お写真ありがとうございます! 見切れてしまっていてあまり見えていないのですが、とても綺麗に塗っていただけていて大変嬉しいです(*^^*) せっかくですので細かくお返事させていただきます。 ①色の選び方は、全体の色味をどの程度の濃さにするかをまず考えていただけると髪の主な部分の色、マフラーの色、制服の色が決まってきます♪ 例えば全体的に薄い淡い印象にしたい場合は髪の色を黄土色系、マフラーを薄めオレンジ、制服を薄いブルー 反対に濃い印象にしたい場合は 髪の色を焦げ茶、マフラーをワインレッド系、制服を紺色 などです。

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

色鉛筆について

色鉛筆のおすすめポイント

小さいころから絵が好きでイラストや絵画を趣味としている人はたくさんいるでしょう。絵の具やマーカー、またはデジタルでも絵を描くことはできますが、色鉛筆で描く色鉛筆画をご存じでしょうか。繊細な淡いタッチから、迫力のあるリアルなものまで、どんなイラストも描くことができるのです。題材を決めたら、まずは下書きです。そして色鉛筆で色を塗っていき、様々なテクニック駆使してリアルな風景、人物画を仕上げていきましょう。色をどこに使用すると何色になるのか、どうすればよりリアルに描けるのかと考えながら色鉛筆で塗っていくのが、色鉛筆画の醍醐味です。思ってもみない色の組み合わせで、描いたものを表現できた時の喜びはひとしお。主に使用する色鉛筆画の道具は、まずは色鉛筆、そして色を乗せる画用紙。この2点があれば、色鉛筆画を始められるので初心者にもすぐに取り組めます。人気の色鉛筆はトンボ色鉛筆、三菱鉛筆など。色も12色、24色、60色、100色など豊富で、たくさんのカラーバリエーションがより人気であります。特に60色あると様々なグラデーションが描けると人気が高い。イラストや絵画のコツはより多く描いて、より多く色を乗せるのが近道ではないでしょうか。好きな場所でたくさん描いて、練習するのが上手くなるコツかもしれません。色鉛筆と画用紙を持って、公園や街中で素敵な風景や人物を切り取ってみましょう。もっと上手に描きたい、もっと色々なテクニックを知りたいということであれば、色鉛筆画の教室を探してみるのもおすすめです。