和菓子のオンライン教室・通信講座 - miroom

和菓子のオンライン教室・通信講座

和菓子とは日本伝統菓子の総称のことで、四季折々の魅力を閉じ込めた美しい見た目が特徴だ。和菓子には、小豆のアンを使用したどら焼きやきんつば、練り切りなどの水分量の多い菓子を生菓子、落雁、煎餅といった水分量の少ない菓子を干菓子と呼ぶなど、数多くの種類がある。お取り寄せの人気ランキングでは、いけだ、いちの、このわ、たちばな、たねや、まめいち、結、仙太郎、紀伊国屋、村上、清閑院などの和菓子屋が名を連ねている。和菓子専門店ではなく、スーパーでも美味しい和菓子は手に入る。ケーキなどの洋菓子に比べてカロリーが低く太らないのが和菓子の良い点だ。和菓子を食べる際、専用のフォークで食べると、より気分が上がる。和菓子を手土産にするならば日持ちが長いものがおすすめだが、生菓子の詰め合わせも根強い人気がある。最近では和菓子を出すカフェや和菓子の食べ放題がある店もあり、手軽に食べられる場所が増えている。お店や通販で取り寄せて食べるだけでなく、和菓子作りを趣味として始める人も増えている。材料・道具が揃ったキットを購入すれば、初めて和菓子を作る初心者でも安心だ。ネットでレシピや作り方を探し、独学で始めることもできるが、教室やオンラインレッスンなどで作り方を習うのもおすすめだ。和菓子作りの基礎が身につけば、新しい和菓子レシピを考案するのも可能になる。可愛くて美味しい和菓子作りを始めてみよう。

和菓子のオンライン教室・通信講座一覧

和菓子の先生一覧

和菓子が学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。練り切り、上生菓子などのオンラインレッスンを多数開講中。和菓子教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    色付けとても参考になりました。

  • ユーザーアイコン

    インスタで気になっていたので、受講でき嬉しいです。

  • ユーザーアイコン

    わかりやすかったです。

  • ユーザーアイコン

    素敵な好みの練り切りでした。紅がまだらになって難しかったです。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
One_wmaz147先生

こんにちは こちらこそmiroomの動画を見ていただきありがとうございました😊 御菓子作りは楽しんで作ってますか?辛くなってないですか?肩の力を抜いて楽しんで作っていただけたら幸いです。私は作る事も食べる事もそのまわりの文化を知ったり御菓子を食べに旅行にもいったり和菓子にかかわる全てが大好きです。和菓子大好きが悠真様にも伝わっていたら幸いです。ありがとうございました🙇🏻🍀

One_wmaz147先生

こんにちは とてもチャーミングに仕上がってますね!絞ったあと手なり道具で、押して細工するとバランスを取るのが難しくなります。その辺りを気を付けるとより良くなると思います。何時も動画を見ていただきありがとうございます😊

One_wmaz147先生

こんにちは とても良い色あいですね! お茶っ葉を挿せば完璧ですね ありがとうございます😊

One_wmaz147先生

こんにちは Instagramを拝見していますと、日々上達しているのが分かります。なんでも参考にして下さい、ありがとうございます😊

One_wmaz147先生

こんにちは 動画を見ていただきありがとうございます。 ラインを引くと技術的と意匠の安定とスピードにもつながります。理解していただきありがとうございます😊

Thank you HALE Sensei ❤️

クッキング

2022/06/08

家族にほめられる♡正月和菓子講座

Hiromi先生

Thank you♡♡

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

和菓子について

和菓子のおすすめポイント

日本伝統菓子の総称である和菓子。外国人にも人気がある和菓子は、英語ではJapanese sweetsと呼ばれ、「日本のお菓子」と位置づけられている。四季折々の魅力を閉じ込めた美しい見た目が特徴の和菓子には、長い歴史がある。起源は弥生時代と言われており、この時代の間食であった果物、木の実が和菓子のルーツであったとされている。京都で多く発展し、現代の職人に受け継がれている。かわいい見た目の和菓子は小さくて丸いフォルムのものが多く、季節を表した菓子が主流である。春は花(桜)、菜の花、初夏~夏はちまきや紫陽花、鮎、秋は紅葉、冬は雪というように、季節によって様々なモチーフがある。京都でポピュラーな菓子として、6月の旧暦の名前がついた水無月という和菓子がある。和菓子は生菓子、半生菓子、干菓子の3つに分けられる。水分量の多さで分類されており、水分量が30%以上のものが生菓子である。小豆のアンを使用したどら焼きやきんつば、練り切り、大福やおはぎなどだ。落雁、煎餅、かりんとう、金平糖といった水分量が10%の菓子を干菓子と呼ぶ。そして、水分量10~30%のものが半生菓子である。最中、甘納豆、ぎゅうひなどが半生菓子に分類される。どの和菓子を食べるか迷ったら、和菓子通に人気の「和菓子魂!」というブログが和菓子を詳細に紹介している。ネットでは和菓子が食べられるお店の紹介だけでなく、レシピや作り方を公開しているサイトもある。レシピを参考にするだけでなく、和洋ミックスの新しい和菓子レシピを考案するのも楽しい。また、粘土で作る和菓子も流行っている。自宅で手作りをするのが難しい、説明を見ても分からない、ということであれば教えてくれる教室を探すのが近道だ。和菓子作りを本格的に学びたい方は、近くの通える教室を探してみよう。