クラフトバンドのオンライン教室・通信講座 - miroom

クラフトバンドのオンライン教室・通信講座

クラフトバンドとは牛乳パックなどの古紙を再生した手芸用の紙紐のこと。この紙ひもを編み込むことでかごやバッグなどのものづくりを楽しむことができる。ナフコやカインズなどのホームセンターやユザワヤなどの手芸店、ダイソーなどの100円均一ショップなど身近なショップで販売されている。カゴやバッグ、リュックなどが作れるが、中でもかごバッグは作品集の本が毎年新刊されるほど人気である。人気作家さんの書籍は中古本も入手が難しいものがあったりするほどだ。インテリアやファッション小物のイメージが強いが、そのナチュラルな風合いを活かしミニチュアハウスなどの制作にも使用されている。最近ではカラフルな色味のクラフトバンドを使った北欧風の作品も人気。インテリアに馴染み、暮らしの中で使いやすいデザインは重宝するだろう。クラフトバンドの編み方は実に豊富で、石畳み編み・網代編み・縄編み・花結びなどがある。初心者はまず簡単な作品作り方はじめ、少しずつ編み方を習得していくのがおすすめだ。

クラフトバンドのオンライン教室・通信講座一覧

クラフトバンドの先生一覧

クラフトバンドが学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。かご編み教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    楽しく学ぶことが出来ました。

  • ユーザーアイコン

    初めてのチャレンジだったのですがとても分かりやすく分からないところは何度も見返す事が出来完成しました。出来栄えも中々の上出来と自己満足。はじめる前の不安も消え早く次の作品に取り組みたいと期待でいっぱいです。

  • ユーザーアイコン

    バンドの始末の仕方が丁寧に解説されていて、とても参考になりました。

  • ユーザーアイコン

    編みごたえのあるかごでした。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
古木明美先生

完成おめでとうございます。とても綺麗な仕上がりですね。かぶせ部分、メジャーで折り目を付けると引き返し編みも安心ですね。ショルダーでお出かけにも活躍しそう。

古木明美先生

ましゃだるまさん、たくさん作られましたね。どれも色合いも可愛くって素敵です。苦労した分スキルアップ!次の講座も楽しんで頂けますように!

古木明美先生

ましゃだるまさん完成おめでとうございます。あと少し、もうすぐ完成と思うとついつい夢中になってしまいますよね。意識的にストレッチ取り入れると良いですよ。私も首のコリから頭痛になることがあります。 菱模様のかご、編み目がしっかり詰められていて菱模様がとても綺麗です。お嬢さんもお母さんの手編みかご嬉しいですね。

やっと完成💦両脇にDカンを入れ、手持ちのストラップを付けてポシェットにし

編み物

2022/05/29

暮らしになじむかごアイテム講座③

古木明美先生

ノリコさん 完成おめでとうございます🎉エレガントな組合せですね。ストラップ付けると便利に使えますね。

古木明美先生

COWCOWさん 綺麗な斜め網代編み、模様も綺麗に出ましたね。マチたっぷりなので、お買い物にもおすすめです。クリーム×ボルドー素敵です。

古木明美先生

satokoさん、早速ありがとうございます❤はじめてさんでも楽しんで頂けるには?と悩み作った資料なので、解析、そんな風に言って頂けて、嬉しいです。

古木明美先生

COWCOWさん 淡い藤色、可愛いですね。持ち手もアレンジされていて効いています。側面ですが、サイズ調整されたのですね。片面ずつ仕上げないで、手加減の影響が出にくい、交互に編む方法もあります。クラフトバンドでストラップ編むのも良いと思います。出来たら見せて下さい。

古木明美先生

satokoさん、白木色で作られたのですね。ナツュラルな雰囲気で素敵です。サークルの形も綺麗。マチ部分にもショルダー付けられるようにリングも付いてお出かけに活躍しますね。

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

クラフトバンドについて

クラフトバンドのおすすめポイント

クラフトバンドは古紙を再生したハンドメイド用の紙ひもである。クラフトバンドを使った手芸は、「紙バンド手芸」「クラフトテープ手芸」などと呼ばれており、手で編むだけで簡単に作品が完成するのが特徴だ。作り方のレシピは実に豊富で、生活雑貨からアクセサリーまで、幅広いアイテムを作ることができる。ナチュラルな風合いからインテリアと相性がよく、タオルやトイレットペーパーを入れるバスケットなど、日用品を可愛く収納できるアイテム作りにぴったりである。クラフトバンドのカラーの一覧表を見ると分かるが色展開が多く、色によって作品の印象をがらりと変えることができるのも魅力の一つ。豊富なカラーを生かして七夕飾りなどのオーナメントを作ったりと楽しみ方は多様である。経験者であればミニバッグやバックパックなど少し凝った小物作りなどもできる。編み方としては石畳編み・網代編み・うろこ編み・花結びなどがある。最近は太めのバンドを使った北欧編みが人気で、YouTubeなどでも北欧編みを使った小物の作り方が紹介されている。クラフトバンドは複数の細い紙ひもをくっつけてできているため、一本ずつ割いたりしてバンドの幅を替え、模様に変化をつけることができる。アイデア次第で様々なデザインのアイテムが作れることはクラフトバンドの醍醐味である。紙でできているので基本的には水にため、高温・多湿・直射日光避けた保管方法が望ましい。防水や防汚、撥水対策のスプレーなどを仕上げに塗ると、水対策ができてより長持ちさせることができる。手軽に様々な作品がつくれるクラフトバンド手芸は人気で、教室も多く開かれている。技術をより極めたいという方向けにインストラクターになるための養成講座もあるほどだ。プロの作家も最初は誰でも初心者だ。まずは簡単な編み方でできる作品からはじめて基本を抑え、少しずつ他の編み方を学んでいくことがおすすめだ。どんなバンドを選んだら良いか分からない、そんな方には必要な材料道具がセットになったキットが最適だ。トーカイなどのクラフトバンドで有名なメーカーのものを選定したキットだと失敗がなく、安心してクラフトバンド手芸を始めることができる。