ソーイングのオンライン教室・通信講座 - miroom

ソーイングのオンライン教室・通信講座

ソーイングとは、針と糸などを使って布を縫い、衣服や小物などを制作することを意味する。英語では「sewing」と表記し、日本語では裁縫ともいう。基本の道具としては、針、糸、まち針、はさみ、チャコペン、定規、メジャー、文鎮(重し)、クリップなどだ。道具は様々あり、針といっても手縫い針からミシン針、刺繍用の針など様々なものがある。作りたいものに合わせて適切な道具を選ぶことが大切だ。もし一から道具を揃えることが面倒な場合は必要なものがひとまとめになったキットを購入するのがおすすめだ。全くの初心者であれば、生地や道具の扱い方、手縫いの方法やミシンの操作方法を学ぶことがはじめの一歩だ。このような基本を押さえることで作品をよりきれいな仕上がりにすることができる。作り方の大まかな流れは①必要な材料道具を揃える。②型紙を生地に写して裁断する。③縫製する。④細部の処理をして仕上げる。の順番だ。布を広げたり、ミシンを置いたりするので大きめの作業台で広いスペースを確保するのがおすすめだ。まずはランチョンマットやブックカバーなどシンプルなものから作り始めよう。簡単な小物でもタグをつけるとお店に売っているような本格的な仕上がりになる。ある程度上達したら、バッグやポーチなど細かい作業を必要とする作品にもチャレンジしよう。部屋の雰囲気をガラッと変えたい方は、テーブルクロスやカーテン作りに挑戦してみても良いだろう。サイズは大きいが作業自体は単純なので、そこまで時間をかけずに完成できる。生地も最初は綿から始め、慣れてきたらレースやニットなど変わった素材にもチャレンジしてみよう。いくつか作品を作ったら道具も増えていくもの。作りたいときにすぐに作業を始められるように道具の整理整頓も普段から心がけたいところだ。道具を収納するソーイングボックスやバスケットはニトリや無印など様々なショップで売られている。お気に入りのケースに入れて日頃からデスクをすっきりさせておこう。

ソーイングのオンライン教室・通信講座一覧

ソーイングの先生一覧

ソーイングが学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。ミシン・裁縫教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    とても勉強になり、とても楽しく受講出来ました。

  • ユーザーアイコン

    動画が見やすい。また、大事なことは、繰り返して伝えてくれるので安心して進められました。

  • ユーザーアイコン

    角の出し方のコツがよく分かりました。

  • ユーザーアイコン

    お気に入りです。キットの内容もデザインも猪俣さんカラーが出てて 仕上がった充実感でとても満足してます♪ アレンジとか出来たら最高かな〜自信ないけど💦

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
猪俣友紀先生

あらー💕 レッスンが役立って嬉しいです♪ 確かに!真似するってすごーくいいのかもしれませんね 手元の動作とか、どんどん上達しそうですねー! 私も追い抜かれないように腕あげなくっちゃ笑 ありがとうございます😊

猪俣友紀先生

完成おめでとうございます! 作り始めると沼りますよねー ミシンの魔力です笑 ポシェットも是非楽しんでくださいね! ご報告ありがとうございます

猪俣友紀先生

完成おめでとうございます! 生地のままよりずっと素敵になりますよよね! 娘さん💕かわいいなー こりゃ作らないとーですよー

猪俣友紀先生

たまにはゆっくり作るのもいいですよね♪ こちらこそ素敵に仕上げてくださりありがとうございました!

猪俣友紀先生

まあ素敵! 肩紐やバイアスは布を変えるとアクセントにもなるのでわたしもお勧めです✨ 生地が大活躍で嬉しいですねー ありがとうございます😊

猪俣友紀先生

完成おめでとう㊗️ございます! テンション上がりながら作れるとミシン時間も楽しいですよねー♪ 是非たくさん使って下さいね! ありがとうございました😊

猪俣友紀先生

完成おめでとう㊗️ございます! そして横長のポケットアレンジも見れて嬉しいです ありがとうございます 是非たくさんご活用下さいませ✨ 最後までご受講くださりありがとうございました😊

猪俣友紀先生

完成おめでとうございます✨ 早速お洗濯されたのですねー!益々風合いが増していることかと思います。 是非たくさんご活用下さいませ〜 最後までご受講くださりありがとうございました✨

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

ソーイングについて

ソーイングのおすすめポイント

ソーイング(英語:sewing)とは、針や糸を使って布を縫い、衣服や小物を作るハンドメイドを指す。「ソーイング」という言葉は一言で意味を連想しやすく、会社名やブランド名にも取り入れられている。具体例をあげると、ミシン販売とリフォーム専門店の「ソーイングたつみ」やアパレルブランドの「ソーイング チョップ オールズ」、繊維製品の製造・卸・販売を行っている「株式会社ソーイング竹内」などだ。自分のお気に入りの生地を使って様々なアイテムを手作りできるソーイング。子供の通園・通学アイテムを作りたいママさんや自分だけのアイテムを作りたいおしゃれ好きな学生など、幅広い世代で楽しまれているハンドメイドで、毎年新刊のソーイング本も発売されている。中でも普段使いしやすいデザインが豊富なレシピ本「ソーイングナチュリラ」や「CHECK&STRIPEのおとな服 ソーイング・レメディー」は根強い人気がある。このようなレシピ本はデザインを落とし込んだパターン紙もセットになっているので作りたい作品をすぐに作ることができる。縫う作業だけでなく、生地選びも楽しい時間だ。イラストタッチの柄や北欧風の模様、市松模様や胡蝶蘭などの和柄など様々なデザインがあるので、お気に入りの生地を見つけに生地屋さんに出かけてみよう。最初は小物から始め、慣れてきたら服作りに挑戦することもできる。ルームウェアやワンピース、子供のお遊戯会やお祝い事で着せられるプリンセスドレスなど、小物よりは難易度はぐっと上がるが、出来上がったときの達成感や袖を通したときの幸福感は特別大きい。最近は雑誌やブログなどで簡単におしゃれな大人服を作る方法を紹介している記事も多いので、臆せずにチャレンジしてみるとソーイングが一段と楽しくなるはずだ。やってみたいという気持ちが湧いたらソーイング教室で体験レッスンなどを受けてみると良いだろう。対面の教室は少しハードルが高いと感じている方には、「ソーイング オアシス」や「ソーイング ディディ」など動画でソーイングを学習できるサービスを利用するのも手だ。また好きな音楽を聞きながらミシンや縫製道具を貸し出してくれるソーイングカフェというものもある。スクールに通うのもし、独学で学ぶのもよし。自分にあったやり方でソーイングを楽しもう。