刺し子のオンライン教室・通信講座 - miroom

刺し子のオンライン教室・通信講座

刺し子とは、日本に古くからある伝統手芸のひとつ。そもそもの歴史は、衣服の補強や保温のために重ねた生地を刺し縫いしたのが始まり。作務衣や半纏などに施されていた。日本三大刺し子には、津軽の「こぎん刺し」・南部の「菱刺し」・庄内の「庄内刺し子」がある。刺し子と刺繍の違いも歴史にある。刺繍は装飾を施す技術であるのに対して、刺し子は、衣類の補強・保温のための技術であり、生活の知恵だった。現在では補強・保温という目的で衣類に刺し子をすることはほとんどないが、美しい幾何学模様はいまでも多くの人を惹きつけている。刺し子では刺繍と同じように針・糸・布を使用する。特別な道具ではないので、セリア・ダイソーなどの100均でも揃えられる。定規やテンプレートを使って布に方眼線やドットを書くと、一目刺しのガイドになり作業がしやすい。刺し子のやり方は、とてもシンプルで、ひと目刺し・くぐり刺しがマスターできれば十分だ。ひと目刺しとは、針目の長さを一定に縦・横・斜めの3方向に規則的に刺す技法だ。まず初心者は、縦・横の針目で構成された「柿の花」など、シンプルな柄から練習を始めると良い。くぐり刺しとは、縦・横刺した糸目に糸をくぐらせる技法で、糸の重なる立体感が楽しめる。刺し始めと終わりの刺し方を工夫することで、玉結びのないスッキリとした作品に仕上がる。縫い始めも終わるときも、小さめの針目で返し縫のように大体3針分刺すことがポイントだ。特に裏側が見えるふきんを作る場合は、このテクニックを覚えておくと良いだろう。刺し子の柄には、伝統柄と呼ばれる古くから伝わる柄がある。例えば、麻の葉・米刺し・花刺し・七宝つなぎなど。幸福の訪れを意味していたり、魔除けの意味があったり、自然界のモチーフを模様にしたものまで様々だ。また、近年では北欧を連想させる柄やキャラクターの刺し子も人気がある。かわいいイラストの図案が施され、すぐに始められるキットなどが販売されている。伝統を大切にしながらも、新しい柄も柔軟に受け入れる刺し子は、今後も幅広い世代に愛され続けるだろう。

刺し子のオンライン教室・通信講座一覧

刺し子の先生一覧

刺し子が学べるオンライン教室・通信講座を開講中。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。刺し子教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    最後の色についてのレッスンもすごーくよくわかりました。とっても参考になります。レッスン内に出てくる色の取り合わせどれも素敵でした。

  • ユーザーアイコン

    毎回同じになってしまいますが 先生の説明がわかりやすく 質問にもすぐ返事がいただけ、しかも丁寧に質問以上のことを教えて頂けるので疑問にも納得でき、勉強にもなりました。

  • ユーザーアイコン

    とてもよく分かり。初めて布巾以外の作品を作れてうれしいです。

  • ユーザーアイコン

    今まで独学でやってましたが…分からないところも丁寧に教えて貰えて何度も見返せるのでとても勉強になります。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
two knot先生

midoriさん、ご受講ありがとうございました。綺麗にできていますよ〜🎉 一目刺しは糸の調子が整えにくいから、最初は難しいですよね。でもしっかり形になっていて素敵です。 仕立て方、考え方が分かればとても簡単で手間も少ないと思うので、ティッシュケースの部分なしで、カードケースとかお薬手帳ケースとかに応用できるかもしれませんね♪よかったら作ってみてください! いつも丁寧に作ってくださりありがとうございます!お疲れ様でした💕☺️

two knot先生

智子さん、ご受講ありがとうございました🎉 型紙の印刷は、そのまま印刷すると勝手に縮小してしまうので、小さく印刷されてしまったでしょうか?ごめんなさい、たくさん修正いただいたのではないでしょうか?でも智子さんならそれを言われないとわからないくらい綺麗に仕上がってますね、さすがです。 プリンターか印刷の設定で等倍にしていただくと型紙の大きさが100%で印刷できるかと思いますが、お使いのプリンターの機種やバージョンにも寄るので、申し訳なかったです💦 配色は、いつも優しい色合いでまとめている智子さんにしたら珍しい配色だなと思いましたが、とてもいい塩梅の3色かと思います。トーンがまとまっていて色差があるのにまとまって見えます💕 講座みていただき、作っていただけて本当にありがとうございました!

two knot先生

tomomiさん、2枚目の制作お疲れ様でした!🎉 同じ模様を刺すと復習になりますね。1枚目とは違ったところにも配慮が行き届くようになりますし、よりスムーズに針が進むと思います。 糸の種類や配色は、頭で想像するよりも実際に刺してみないとわからないところもありますよね。控えめになりすぎたり、偏りがあるのは、言い方を変えるとそれが"その人らしさ"になると思うので、無理にチャレンジする必要もないと思うのです!そのふきんを使うとき、手に取った時に、ふと好きな色が目に入る幸せってあると思うので☺️ とはいえ、比較的余白が多いすっきりした模様は、色遊びしやすいと思うので、もしまた刺す機会があれば、ちょっと攻めた色で刺すのも可愛いかもしれませんよね💕 お疲れ様でした!丁寧に刺してくださっていて、レッスンを受けた方がこんなにクオリティの高いふきんを作ってくださっているのが嬉しいです😍

two knot先生

mayupiさん、ご受講ありがとうございました。 型紙ははじめてでしたか!それはそれは☺️よかったです! 刺すカーブも緩めで、余白がある分一つ一つの模様がとても活きていますね。針目が整っているからだと思います❤️とても素晴らしい完成度です。 いろんな色の組み合わせで刺せると思うので、思いっきり好きな色で刺してみてくださいね❤️ お疲れ様でした〜😊🙌

two knot先生

加代子さん、ご受講ありがとうございました。 一目一目正確に刺していただいたのがよくわかるふきんで模様がしっかり出ていますね🎉 太糸ですが、とてもふきんがシュッとしていて素晴らしい出来だと思います! 慣れてくるとあまり深く考えずに刺せるシンプルな模様なので、色違いでぜひ刺してみていただきたいです☺️ 長い道のり、お疲れ様でした❤️

two knot先生

メルさん、ご受講ありがとうございました! 初めての刺し子ということで、覚えることがたくさんあって大変だったと思います💪😅 ですが、とっても針目が綺麗で四角がちゃんと真四角になっているので素晴らしいとしか言いようがありません!!!❤️😍 刺し子はシンプルななみ縫いの運針しかないので、布をまっすぐに断って正しい寸法で方眼線を引くところまでで、その作品の完成度が決まると言っても過言ではないと思います。 一番のお楽しみである刺し子をするまでの下準備は慣れるまで大変かも知れませんが、慣れればあっという間です。よかったら引き続き受講して見てくださいね。いろんな模様を刺して楽しんでいただきたいです♪ まずは1枚目の作品、完成おめでとうございます🎉

two knot先生

tomomiさんご受講お疲れ様でした! ご自身では気になる点が多いかと思いますがとてもまとまった印象に仕上がったと思います。 線と線の交差点も違和感なくいい調子の針目だと思います☺️ ご自分の丁度良い加減が見つかるまで刺すのはとてもいいと思います。色々と試して自分を知りながら理想を探すのは楽しい作業ですよね。 色違いもどんなものになるか、楽しみにしています♪🎉

two knot先生

ご受講お疲れ様でした!🎊 ポップな3色を楽しんで刺していただけたようでよかったです☺️ 方眼線は練習あるのみですね。急がずに一つ一つの動きを丁寧に行なってくださいね。 円の縫い目の周りで模様が切れてしまう点、あまり余裕を持ってたくさん刺してしまうと縫い代にかかってしまいますし、あまり遠慮してしまうと見切れてしまうと思いますので、出来上がり線よりも5mm位外側まで刺すとよいと思います。 コースターサイズなど小さなもので復習していただけたら嬉しいです。

two knot先生

ご受講お疲れ様でした!🎉 糸のチョイスも最後の講座を参考にしてくださったとのこと。 方眼線を引くのも、針目を整えるのも、交点を揃えるのも、意識してできることそうでないこと、慣れないとできないこと、繰り返しの練習が必要なことも多いですが、丁寧にやっていくうちにコツがわかってくると思いますので、続けて楽しんでくださいね💕 模様によっての色々な注意点も、刺してみないとわからないと思います。難しそうに見えても刺しやすかったり、簡単そうに見えても気を使ったりするなど色々です。気持ちが赴くままに楽しんでください!

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

刺し子について

刺し子のおすすめポイント

刺し子の魅力の一つは、幾何学模様に似た柄の種類の多さだろう。花を転用させた十字花刺し、波のうねりを表現した青海波など。伝統的な柄でありながらも現代でも通用するそのデザインが、多くの人を惹きつけている。また、ミシンを使わず手作業で簡単に作れるのが魅力の一つだ。刺し子で使う技法はすくなく、すぐに縫い方にも慣れる。刺し子した生地を、日常で使う様々な小物にでき、沢山の使い道があるのも嬉しいポイント。例えば、ハンカチ・マスク、といった毎日使うアイテムに刺し子を施して楽しめる。初心者は、簡単な仕立て方で完成する花ふきん・コースターから始めるのがおすすめだ。糸の色の配色を変えるなど、簡単なアレンジで雰囲気の異なる作品作りを楽しんでも良いだろう。更に上級者は、巾着・ポーチ・買い物バックなどのバッグ類など大きな作品に挑戦するのも良い。刺し子を学ぶには3つの方法がある。一つ目は、本で独学する方法だ。刺し子の基礎、小物の作り方を文章で学べる。細かなコツなどは、刺し子作家のブログ記事を参考にすることもできる。ただ、使う道具の買い出しや、生地にプレートで下絵を書く手間など、初心者には少しハードルが高く感じるかもしれない。二つ目は、キットを購入する方法。オリムパス・ホビーラホビーレのキットが注目されている。伝統柄はもちろんのこと、スヌーピーのデザインなど幅広いデザインが見つかるだろう。使う道具や下絵の書かれた布など、キットになっているので初心者にも挑戦しやすい。三つ目は、刺し子教室で学ぶ方法だ。講師が実際に作業する手元の確認ができコツを掴みやすい。また、生徒に合わせたアドバイスがもらえることも、上達への近道だ。ただ、通学が難しい場合も多いだろう。そこで、オンラインで学べる刺し子講座を選択してみてはいかがだろうか。オンラインなら、学ぶ時間やペースも自分で自由に調整できる。刺し子を学ぶ上で一番おすすめの方法だ。刺し子は手芸を楽しむ人だけではなく、幅広いジャンルの人々からも注目を集めている。例えば、アパレル業界だ。手で刺し子したかのような模様が織れる機械が開発された。「刺子織」と呼ばれ、高級感のある美しい陰影がある織物だ。デニムメーカーなどでもこの織物は採用され、パンツ・ジャケット・トートバッグなど、おしゃれな製品に仕立てられ販売されている。時代を超えて多くの人に愛される刺し子。手作業で刺し進めていくその時間をたっぷりと味わっていただきたい。