カルトナージュのオンライン教室・通信講座 - miroom

カルトナージュのオンライン教室・通信講座

6件

カルトナージュとは、厚紙と布や紙を使って箱やトレイなどの小物を作るフランスの伝統工芸のことです。フランスの女性文化が発達した18世紀に誕生し、厚紙を意味するcarton(カルトン)からカルトナージュと名付けられました。バラなどの花柄の生地が使われることが多く、ロマンティックで高級感のある仕上がりにできることから世界中でたくさんの人に楽しまれています。カルトナージュと似ているクラフトとしてデコパージュがよく挙げられます。どちらも「素材を表面に貼り付けてデコレーションする」という点で共通していますが、仕上がりの風合いとデザインの方法に違いがあります。デコパージュは布や紙を貼った後にデコパージュ液を塗ってフラットな質感に仕上げますが、カルトナージュは素材の風合いをそのまま活かした仕上がりにします。またデコパージュは好きな紙や布の一部分だけを切り取り、自分で柄の配置を決めながら装飾する場合がありますが、カルトナージュは1枚の布や紙を土台の全面にそのまま貼るのが主流です。ジュエリーボックスやティッシュボックスなど箱のイメージが強いカルトナージュですが、作れるアイテムの幅は広く、マスクケース、メガネケース、バインダー、写真立て、バッグなど普段使いできる様々な雑貨を作ることができます。可愛い小物がほしいけどなかなか自分好みのデザインのものが見つからない方はお気に入りの布でとっておきのオリジナルアイテムを作ってみてはいかがでしょうか。

カルトナージュのオンライン教室・通信講座一覧

カルトナージュの先生一覧

カルトナージュが学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中です。カルトナージュ教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    ブロックメモケース完成しました!立体になると感動しますね。動画がわかりやすく、自分なりにですが丁寧に仕上げることができ、大満足です。ありがとうございました!

  • ユーザーアイコン

    毎回とてもかわいい作品を分かりやすく教えて頂いてもっといろんな作品を作ってみたいと思いました。 ありがとうございます。

  • ユーザーアイコン

    市販の本を見て自己流でやってきたので細かいところがわからなかったのですが、基本の細部までよくわかりました。

  • ユーザーアイコン

    動画もわかりやすいし、作品も全て可愛くて大満足です!

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
竹澤 この木先生

最後の作品までお疲れさまでした❣️こちらの生地はシルク混ですが、シミにもなりにくく可愛いですよね✨様々な生地で貼れるようになると幅が広がりますね♪ カルトナージュを楽しんでいただきありがとうございました♡

竹澤 この木先生

ぴったりとハマる時が楽しいですね! 繋ぎ目の部分は難しく、手の感覚や生地に左右されることもあります💦 ミニサイズのライブを予定していますので、復習にご覧いただければと思います🙇🏻‍♀️

竹澤 この木先生

丸カットが初めてでも、とてもきれいにできてると思います✨✨ 柄合わせも意識して作ってくださったのですね♪ 復習を兼ねての作品♡お子様喜んでくれるといいですね!

竹澤 この木先生

受講のきっかけがトレイだったのですね! 私も角丸が気に入っているので、嬉しいです♡ 組み立てや布貼りは少し工夫が必要ですが、いくつか作るとコツが掴めますので、ぜひスタッキングしてみてください😊

竹澤 この木先生

製作ありがとうございます! 曲線部分のカットが大変だった分、カッターにも少し慣れたと思います✨✨ 早速活用もしていただき嬉しいです♡

竹澤 この木先生

製作ありがとうございます! カルトンサイズがわずかな差なので、わかりにくかったと思います🙏💦 パーツが増えていくと複雑になってきますので、また作られた時に不明な点がありましたら、お知らせくださいね❣️

竹澤 この木先生

早速こちらも製作ありがとうございます! ピシッと生地が貼れてて、丁寧に作られているのがわかります👏✨ 作り方は平面ですが、使うときに立体になると見栄えもしますね♪ 角の布は、カルトンが見えず、しっかりボンドで貼れればOKです。切りすぎの傾向がある際は、最初は糊代を多めに残して、少しずつ調整しカットするのもありです😊

カーブのある作品は楽しかったです。いちご泥棒は素敵ですね。久しぶりのカル

ペーパークラフト

2022/10/10

暮らしに役立つ!かんたん可愛いカルトナージュ講座

竹澤 この木先生

いちご泥棒は、作品映えしますね❣️ トレイの形がとてもきれいです✨✨ カーブは難しいですが、バリエーションが増えるので楽しんでもらえて嬉しいです♡ カルトナージュお久しぶりだったのですね! またお時間ある時、楽しんでください😊

堤 こずえ先生

お作り頂きありがとうございます^^ 初心者様とは思えないほど 綺麗に仕上げられていて 感動すら覚えるほどです✨ 布合わせもお上手です♪ カルトナージュを楽しんで頂けて とても嬉しいです。ありがとうございました^^

竹澤 この木先生

初めてのカルトナージュにハサミケースを作っていただき、ありがとうございます! 角処理や布の包み方など、細部まで丁寧に作られていますね♡ また作品作られたら、ぜひ拝見させてください😊この度はありがとうございました!

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

カルトナージュについて

カルトナージュのおすすめポイント

カルトナージュとは、厚紙に布や紙を貼り付け小物などを作るハンドメイドクラフトです。フランスの女性文化が発達した18世紀に誕生し、厚紙を意味するcarton(カルトン)からカルトナージュと名付けられました。必要な材料道具としては、厚紙、厚紙に貼る素材、はさみ、カッター、接着剤(ボンドやのり)、定規、カッティングマット、筆、スポンジ、シャープペンシル、水張りテープなど。厚紙は牛乳パックや厚めの紙箱などでも代用可能です。厚紙に貼る素材は布や紙の他、カルトナージュ用のレザーなどもあります。材料道具は画材店や手芸店、100均などで販売されています。一から材料や道具を揃えるのが面倒な場合はカルトナージュ用のキットなどを購入するのもおすすめです。大まかな作り方の流れは「箱を作る」→「箱に布や紙の素材を貼る」→「デコレーションを施す」という3ステップ。カルトナージュは平面から立体になることで難易度も上がっていくので、初心者であればトレイやはさみケース、ペン立て等、平面的なものやシンプルな立体作品から始めるのが良いでしょう。簡単な作品を作れるようになったら、引き出しのついたケースや丸い形の作品など少しずつ違う工程の多い作品にチャレンジしていくと着実にステップアップできます。上級作品はバニティやトランク、折りたたみボックスなどがあり、ブレードや取っ手の金具をつけたり、生地の表面にエンボス加工を施したりと、様々な技術を駆使してアート性の高い作品を作っていきます。レベルアップするにつれて難しい工程も増えていきますが、その分作品を作り上げたときの喜びはひとしおです。茶箱や裁縫箱、写真立てなど可愛く暮らしに役立つアイテムをどんどん作っていきましょう。作った作品はブログやSNSにアップするとカルトナージュ仲間とも繋がれて、より制作の日々が充実するでしょう。人気なカルトナージュ作家はアトリエプチトリアノンを主催している小林優などで、教室を開いている他、カルトナージュ作りのhow to本も出版しています。体験レッスンを行っている教室もあるため、気になっている方はまず参加してみるのもおすすめです。