ピラティスのオンライン教室・レッスン - miroom

ピラティスのオンライン教室・レッスン

3件

ピラティスとは、バランスのとれた体にするための身体調整法のことです。ドイツ人のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏によって提唱されました。自身の病弱な身体を、改善するために考案したのがそもそもの始まりです。その後、第一次世界大戦で負傷した兵士でもリハビリできるエクササイズへと発展しました。「西洋のヨガ」や、筋肉と精神をコントロールする学問「コントロロジー」とも呼ばれています。ヨガとピラティスは、よく混同して間違われることが多いですが、ヨガとピラティスの違いは、その成り立ちとワークの方法に表れています。今ではダイエットの目的でヨガをする人も多いですが、元をたどれば心身の修行が目的でした。ヨガでは、ポーズをとり静止します。一方、ピラティスは身体に負担をかけず、強くしなやかな筋肉をつけることを目的としたエクササイズを行います。ピラティスでは静止することなく、常に緩やかな動きでワークを行うのです。つまり、ヨガが「静」であるのに対して、ピラティスは「動」であると言えるでしょう。ピラティスには、「マットピラティス」と「マシンピラティス」の2種類あります。マットピラティスとは、ヨガと同じようにマットの上で行うピラティスのことです。初心者でも気軽に始められます。マシンピラティスとは、リフォーマーなどの専用器具を使ったピラティスのこと。負荷を調整できるので、高齢者や身体に不調を抱える人でも無理なく取り組めます。ピラティスでは、体幹やインナーマッスルが鍛えられます。深層部の筋肉を鍛えることで、骨盤の歪み・姿勢・肩こりなど様々な身体の不調へアプローチできるのです。身体の内側へ意識を集中させワークをすることで、無心の状態になり心が落ち着きストレスの軽減効果も期待できるでしょう。

ピラティスのオンライン教室・レッスン一覧

ピラティスの先生一覧

ピラティスが学べるオンライン教室・レッスンを開講中です。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。ピラティス教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    起きぬけ、いつも身体がカチカチなので これを日課にしたいと思います

  • ユーザーアイコン

    きつかったですが、全身のコリがほぐれました。体が伸びるしとても軽いです。

  • ユーザーアイコン

    眉毛の下のマッサージは痛かったから凝っていたんだと再認識したし、スッキリして、終わったあとうたた寝してしまいました。

  • ユーザーアイコン

    レッスン後肩が軽くなった感じがし、 肩や胸が開き深い呼吸も出来る様になりました。レッスン前にライブアーカイブで肩周りもほぐしたのでいつもより肩周りの動きも楽に出来ました。 固まった身体を少しでも緩めるよう何か一つでも毎日続けていきたいと思います。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
小山 ゆか.先生

kuroさん♡うれしいレポートをありがとうございます☺️ 毎日ほんの少しのコツコツって いいですよね。 できなかった事をもう一度してみようかな❤️‍🔥のきっかけになれたこともうれしいです。股関節ワーク、ライブでもおさらいしますね✨

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

ピラティスについて

ピラティスのおすすめポイント

ピラティスに向いてる人は、なぜそのような動きをするのかなど理論的に考えられる人です。解剖学に基づいて体を動かしていくので、理論的な思考の人ほどワークの意味が理解できるでしょう。ピラティスは、腰痛・肩こりなど身体に不調を抱えている人からも人気。ピラティスで筋肉をつけ、正しい身体の使い方を覚えることで身体のバランスを整えられるからです。また、しなやかな身体を手に入れたい女性の間でも話題を集めています。筋肉が付き、基礎代謝が上がり痩せると人気なのです。しかし、すぐに体型変化が始まるわけではありません。体を正しく動かすためには、ある程度の筋肉を付ける必要があるからです。その筋肉がつくのが、週1回のトレーニングを大体3カ月ほど続けた頃と言われています。ワークの効果を上げるリングなど、器具を使って楽しく続ける工夫を取り入れると良いでしょう。身体の小さな変化を見逃さず、根気強く続けることが重要です。ピラティスに適した服装は、動きやすいスタイルであればOK。ピラティスで使うマットとウェアも、手軽に揃えられます。このように誰にでも気軽に始められるのが、嬉しいポイントでしょう。韓国でもピラティスは注目を集めています。K-POPアイドルも、トレーニングの一環としてピラティススタジオに通っています。そんなピラティスを始めたいと思ったら、インストラクターから正しい指導を受けることが大切です。自己流のワークでは、正しい効果を得ることはできません。必ず、教室やオンラインで正しいワークの方法を学び体験することをおすすめします。ピラティスの資格は、マットピラティスとマシンピラティスの2つに分かれています。ピラティスの協会ごとに、様々な資格が存在しています。資格取得を目指す場合は、ご自身の目的とあわせて比較検討してみることをおすすめします。