ヨガのオンライン教室・レッスン - miroom

ヨガのオンライン教室・レッスン

ヨガとは、サンスクリット語で「つながり」を意味する。古代インドから伝わる伝統のある宗教的行法のことであり、瞑想を主とする。現代では、心身の緊張をほぐし、安定とやすらぎを得ることを目的とされる場合が多い。ヨガの種類は30以上とも言われ、様々なスタイルのヨガが存在している。インドの伝統的なヨガから派生し、スタイルを変え現代でも多くの人によって行われている。どのヨガにも共通するのは「ポーズ」「呼吸」「瞑想」の三要素だ。まず、1つ目の要素である「ポーズ」。アーサナとも呼ばれる。ハタヨガの教本である「ゲーランダ・サンヒター」によると、約8,400万種類ものポーズが存在するそうだ。 初心者でもストレッチ感覚で行えるものから、難易度の高いポーズまで様々だ。デスクワークの多い人には、猫のポーズがおすすめだ。猫のように背中を丸めたり伸ばしたりするポーズが、腰痛や肩こり改善の効果が期待できる。2つ目の要素である「瞑想」。瞑想とは、意識を遮断し自分の内側集中させる行為のこと。頭を空にし無心になることを訓練する。瞑想の効果には、脳を休ませ精神を落ち着かせる効果が期待できる。ヨガのポーズと合わせた瞑想法で、ヨガニードラがある。サンスクリット語で「眠る」という意味があるニードラは、寝転んだ姿勢をとり言葉のガイドをもとに行う瞑想法だ。20分行うことで4時間もの睡眠時間に相当する深いリラクゼーションが得られるという。ヨガ教室ではもちろん、近年ではアプリの活用などで自宅でもニードラを体験できる。3つ目の要素である「呼吸」で、プラーナーヤーマとも呼ばれる。プラーナーヤーマの言葉には、気・生命エネルギー、制御・抑制などの意味が含まれている。呼吸法では、自律神経が整う、血流がUPするなどの効果がある。夜寝る前に呼吸法だけでも行うことで、副交感神経が優位になり安眠効果が期待できる。呼吸をしポーズを行い、感じているか心に集中する瞑想。このように、三要素が密接に関わり合っているのだ。さらに注目してほしいのが、ヨガの哲学だ。ヨガ哲学とは、ヨガの聖典に書かれている「心の取り扱い方」についての教えのこと。ヨガ哲学を理解することで、本来の自分を知り、幸せで自由な存在となると説いている。指導者から直接学ぶことが推奨されている。読むという行為だけではなく、正しく深く理解する必要があるからだ。終わりのない深い学びを、ヨガで始めてみてはいかがだろうか。

ヨガのオンライン教室・レッスン一覧

ヨガの先生一覧

ヨガが学べるオンライン教室・レッスンを開講中。初心者でも安心して参加できるオンラインレッスンを多数開講中。ヨガ教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    先生の声に従って、十分身体を動かすことができました。海辺というシチュエーションもとてもいいです。

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

ヨガについて

ヨガのおすすめポイント

運動が苦手なひとや、身体が硬い人でも十分ヨガを楽しめる。他人と比べるのではなく、自分自身と向き合うことが大切だ。リラックスできる音楽をかけながら、ヨガで自分自身と対話する時間を楽しんでほしい。少しでも気分を上げてヨガを楽しみたい人は、まずはヨガの服装やアイテム選びにこだわってみるのがおすすめだ。近年では、ヨガアイテムを専門に扱うブランドも増え、おしゃれなデザインのヨガウェアも多く販売されるようになった。タンクトップやTシャツなどのトップス類から、スパッツやレギンスなどのボトムス類まで。カラー・柄・デザインが豊富に展開されているので、様々なコーディネートが楽しめる。裸足のイメージが強いヨガだが、実はヨガ用のソックスも販売されている。靴下の裏に滑り止めが施され、ポーズをとりやすくサポートしてくれるのだ。動きやすい服装であることが重要なので、ヨガ専門店で購入しなくてもOK。しまむら・無印など、身近な店舗で購入する人も多い。ヨガの基本アイテムであるマット選びでも楽しむことができる。ヨガマット・ラグ・ラグマットなど、様々な呼び方がある。様々なカラー展開のあるマットや、体を衝撃から守ってくれる厚手のものなど種類も豊富だ。ヨガアイテムはマットだけではない。ホイール・リング・ローラーなどのアイテムも人気だ。ポーズをサポートする役割やストレッチ効果を高める役割がある。ダイソー・ニトリなどの店舗でも販売されている。お気に入りのヨガウェアやアイテムと一緒に映った写真を、SNSなどに投稿するのもおすすめだ。ヨガ仲間と繋がりながら、ヨガライフをより素敵に楽しめるだろう。ヨガを始める場合、スタジオやオンラインで講師の元で学ぶのがおすすめ。インストラクターを目指す場合、所属するスタジオやヨガ協会の試験をパスし、資格を取得することが条件とされている場合が多い。様々なヨガ協会が、それぞれのヨガ資格を提供している。インストラクターとしてどのように活動していくのかを踏まえ、資格取得をすることが大切だ。