キャンドルのオンライン教室・通信講座 - miroom

キャンドルのオンライン教室・通信講座

90件

根強いキャンドル人気ですが、その人気は収まるどころか、益々人気が加速しています。沢山の種類があるのが、その人気の理由の1つでしょう。精油を使ったアロマキャンドル・ドライフラワーを使ったボタニカルキャンドル・グラスなどのキャンドルホルダーに入ったスタイリッシュなキャンドルなどがあります。一言でキャンドルと言っても、様々な種類のキャンドルが連想されます。幅広い層に人気があるのも、そのキャンドルの種類の多さが理由です。近年では、ポコポコとしたフォルムが可愛いボンボンキャンドルが韓国の若い層を中心に大流行しました。その影響もあり、韓国文化が好きな日本の女性の間にも広まりました。また、大人の女性に人気のキャンドルブランドも存在します。ディプティック・ヤンキー・ジョンマローンなどが、人気のショップです。いずれのブランドでも、アロマの香り豊かなキャンドルが人気です。絶対外さない女性へのギフトとして、キャンドルが選ばれています。キャンドル専門店・雑貨屋・インテリアショップなど、様々なショップで購入できますが、キャンドルは手作りするのもおすすめです。自分好みのカラーや香りなど、すべて自分好みのデザインができるからです。市販では、なかなか手に入らないような凝ったデザインのキャンドルも、手作りなら気軽に楽しめます。手作りしたキャンドルに、ライターで火を灯し炎の揺らめきに癒される時間を、ぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

キャンドルのオンライン教室・通信講座一覧

キャンドルの先生一覧

キャンドルが学べるオンライン教室・通信講座を開講中です。キット付きなので初心者にもおすすめ。ソイキャンドルやジェルキャンドル、アロマキャンドルを手作りできるオンラインレッスンを多数開講中です。キャンドル教室・講座を探すなら「ミルーム(miroom)」

教室・講座の評判

  • ユーザーアイコン

    先生の花材のデザインや、詰めているところが見れて勉強になりました!楽しかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)受講させていただき、ありがとうございました!

  • ユーザーアイコン

    仕上がりのイメージをトレーシングペーパーを使ってつかむ方法を知ることができたのがよかったです!

  • ユーザーアイコン

    これから、作品を作ってみますね。わかりやすかったです。

  • ユーザーアイコン

    花材の位置や説明、温度も詳しく教えていただいてとてもわかりやすかったです!

教室・講座の口コミ・作品

もっと見る
candle tomoshibi先生

Akariさん、こんばんは! ご受講いただきありがとうございます。 可愛いらしいケーキに仕上がりましたね♡ 型抜けしにくい場合はポリ容器の底から軽く押し上げるのも有効ですよ。 クリーム加工は加減が難しいのですが、何度か作ってみるとコツが掴めると思います。 是非またトライしてみてくださいね😊

candle tomoshibi先生

あゆみさん、こんにちは! ご受講いただきありがとうございます。 とても美しいキャンドルに仕上がりましたね✨ 表面と、入ってしまった大きな気泡はエンボスヒーターで手直しできます。 表面は上からヒーターを回しながら風を当て、気泡にはグラスの外側から気泡を上に逃がすように風を当てます。 あまり風を当てすぎると、せっかく入れた細かな気泡も消えてしまうので注意してくださいね。 ジェルワックスはさらさらの状態で注ろうすることが綺麗に仕上げるポイントなので、温度が下がり粘度が増してくる前に素早く流し入れてください。 自家製のドライフラワーで作ると可愛さもひとしおですよね❣️是非また作ってみてください😊

candle tomoshibi先生

minorinさん、こんばんは! こちらこそ素敵なお写真を見せていただきありがとうございます! かすみ草らしい清楚な雰囲気に仕上がりましたね😊とっても可愛いです♡ 全てのレッスンのご受講お疲れさまでした✨楽しんでいただけて良かったです😊 ぜひ沢山灯して香りとゆらぎもお楽しみいただければと思います。 ご受講ありがとうございました♡

片岡由梨香先生

圭子さま、ご受講ありがとうございます。 メーカーによって、色々と特徴がございますので、私はベッキーキャンドル 国産 ソイワックス ハードタイプ (フレーク)と、KAMEYAMA Candle ビーズワックス 白色を使用しております。こちらは、キットに入っているものと同じメーカーです。

candle tomoshibi先生

あゆみさん、こんにちは! こちらもご受講いただきありがとうございます。 苦戦したとは思えないほど、花材の配置のバランスもよく綺麗に仕上がっています✨ 花材にロウが周りきらない事は、私が作ってもよくあることでして、それも手作りの味として楽しんでいますが、注ろう後にモールドを優しく揉んであげると多少改善されるかと思います。 モールドから取り出す時のワクワク感、堪らないですよね❣️また是非作ってみてください😊

candle tomoshibi先生

Akariさん、こんにちは! ご受講いただきありがとうございます。 こちらも可愛く仕上がりましたね♡注ろう後、少し時間が経ってから花材が浮き上がってくる事もあるので、ロウが固まり始めるくらいまで様子をみてあげるといいですよ。 キャンドル作りを楽しんでいただけていて嬉しいです♪ あと2つはワックスの種類も変わるので、また新たな発見があり楽しいと思います。 是非作ってみてくださいね😊

candle tomoshibi先生

Akariさん、こんにちは! ご受講いただきありがとうございます。 とても可愛く仕上がりましたね!花材も結晶もしっかり見えていて綺麗です✨ ヒムロスギのようなモフモフした花材を入れると気泡が立ちやすいですよ。また色々な花材で作ってみてくださいね😊

candle tomoshibi先生

美雪さん、こんにちは! ご受講いただきありがとうございます。 フチの部分まで綺麗に仕上がっていますね✨丁寧に作られているのが伝わります。 花材は自分好みのバランスでの入れ方が段々分かってくると思うので、是非また作ってみてくださいね😊

candle tomoshibi先生

minorinさん、こんにちは! こちらもご受講いただきありがとうございます。 側面が綺麗に仕上がって良かったです😊お花の配置のバランスも良く、可愛く出来上がりましたね!アレンジされた花材も素敵です✨ こちらのレシピは、これ以上高さのあるサイズで制作するには向いていないので、その点ご了承ください。 また型抜けしにくい場合は底面から押し上げるのも有効ですよ。 試してみてください😊

candle tomoshibi先生

あゆみさん、こんにちは! ご受講いただきありがとうございます。 とても可愛く仕上がりましたね✨ 結晶が出来なかったようですが、固める際の外気温が低いと結晶が出にくいことがあります。また使用されるワックスのメーカーによっても個体差が出るかと思います。私はベッキーキャンドルのワックスを使用する事が多いです。よかったら試してみてくださいね😊

関連記事

もっと見る
ジェルキャンドルの溶かし方とは?色付けから固め方まで作り方を解説のアイキャッチ

ジェルキャンドルの溶かし方とは?色付けから固め方まで作り方を解説

ぷるぷるのゼリーみたいなジェルキャンドルはインスタでも大人気♡今回はジェルキャンドルの溶かし方から固め方、色付けの方法まで作り方を解説します♪最初に道具と材料を揃えれば、さまざまな種類をハンドメイドできるのも魅力。おしゃれで可愛いゼリーキャンドルのある生活を、あなたも楽しんでみませんか?

【キャンドルの作り方】100均材料で簡単!子どもと楽しむ手作りレシピのアイキャッチ

【キャンドルの作り方】100均材料で簡単!子どもと楽しむ手作りレシピ

手作りキャンドルは意外と簡単♪子どもも大人も親子一緒に楽しめます。今回は100均で手に入る材料を使った簡単なキャンドルの作り方をご紹介。あると便利な道具やさまざまなロウの溶かし方などすぐに役立つ裏ワザもお届けします。芯を手に持って作るユニークな方法や子どもが喜ぶ面白いキャンドルも必見ですよ♪

黒煙の原因は?キャンドルライトの正しい使い方・消し方・保管方法のアイキャッチ

黒煙の原因は?キャンドルライトの正しい使い方・消し方・保管方法

お部屋のライトアップやリラックスアイテムとしても注目のキャンドル。照明を落として炎を見つめアロマの香りを楽しんでいたら、いつの間にか黒煙が出て台無しに…!なんて経験はありませんか?今回は、キャンドルの正しい使い方・消し方・保管方法・使用時の注意事項を解説。人気のおすすめキャンドルも必見です!

【手作りキャンドル】残ったロウはどう落とす?ホーロー鍋の洗い方のアイキャッチ

【手作りキャンドル】残ったロウはどう落とす?ホーロー鍋の洗い方

手作りキャンドルを楽しんだ後のホーロー鍋。中を見ると「まだロウが残ってる!」と思ったらいつの間にか固まっちゃった…なんてことありませんか?「鍋底のワックスがなかなか落ちない…」と困る方も多いのでは。そんな方のために、今回はキャンドル作りの後片付けに役立つホーロー鍋の洗い方を4つご紹介しましょう♪

アロマキャンドルを強い香りにする方法は3つ。おすすめの香料と作り方のアイキャッチ

アロマキャンドルを強い香りにする方法は3つ。おすすめの香料と作り方

「強い香りをお部屋にプラスしたい」そんな方にもアロマキャンドルはおすすめです。そこで今回は、アロマキャンドルの香りを強める方法を3つご紹介。アロマキャンドルの作り方や強い香りを足すコツについても解説します。素敵な香りのキャンドルを手作りして、あなただけのリラックス空間を作ってみましょう。

ドライフラワーが燃える!?安全なジェルキャンドルの作り方と注意点のアイキャッチ

ドライフラワーが燃える!?安全なジェルキャンドルの作り方と注意点

ドライフラワーのジェルキャンドルはとっても華やか♡でも手作りのジェルキャンドルは、中に入れたドライフラワーが燃えてしまう…なんて危険性もあるんです!そこで今回は、燃える心配のないガラス容器を使った安全な作り方と作る時の注意点を詳しくご紹介♪ワックスやカラーなど必要な道具と材料もお見逃しなく!

教室・講座の費用

月額2,480円から。他の教室と比較して安い費用となっています。ご契約期間によって月額費用の割引がございます。

教室・講座の費用

キャンドルについて

キャンドルのおすすめポイント

「キャンドル」と一言でいっても、様々なタイプのキャンドルがあります。精油を使ったアロマキャンドル・ドライフラワーを使ったボタニカルキャンドル・屋外で使うキャンドルランタンなどです。自宅用としての購入はもちろん、絶対に外さない女性へのプレゼントとして、キャンドルが選ばれています。そんな人気のキャンドルですが、近年では手作りに挑戦する人も増えています。市販で手に入らないような凝ったデザインのキャンドルも、手作りなら気軽に楽しめると人気。作り方は思っているよりも簡単で、パラフィン・ジェル・ソイなどのワックスを溶かし、芯を固定したグラスに注げば基本のキャンドルが完成します。モールドと呼ばれる型を使えば、クマ・ケーキ・お花などの可愛いモチーフも簡単に型取りできます。作品が完成したら、キャンドルに火を灯し炎の揺らめきに癒されてみましょう。お部屋のライトを消して、キャンドルの優しい灯りに包まれるそんな時間はとっても贅沢。火を使わずにもっと気軽に楽しみたいのなら、キャンドルウォーマーがおすすめです。ランプの熱でキャンドルが温まるので、火を使わずにアロマキャンドルの香りがお部屋に優しく広がります。小さな子どものいるご家庭でも、インテリア要素の高いキャンドルなら、ただ飾っても楽しめます。お洒落なスタンドにキャンドルを配置すれば、さらに良い雰囲気になります。また、手作りしたキャンドルは、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。手作りだからこその気持ちは、なによりも喜ばれるはず。このように、キャンドルはその人のライフスタイルに合わせた様々な使い方ができます。初心者がキャンドル作りを始めるとき、どんな材料や道具を選んだらよいのかという悩みに直面します。そんな時は、必要な道具や材料が一式揃ったキットを利用するとよいでしょう。悩む時間や購入する手間を一気に省くことができ、キャンドル作りへの大きな一歩を楽々踏み出せます。