レタリングアートの構成 | カリグラフィー・レタリング | MIROOM

レタリングアートの構成

試聴する
0711 square 01
0711 square 02
space
space
Icon volume solid
英語音声
|
日本語字幕
|
32分55秒
レッスン紹介
いよいよ本格作品作り!これまで学んだことを活かして作品作りの準備を行っていきます。



今回のレッスンでは、これまでのレッスンで学んだアルファベットの書き方やセリフ体にする方法を活かして、それらを組み合わせて作品にする方法をお伝えします。

具体的な作品を作り始める前に、まずは構成を決めるところからスタートします。

様々な形状やスタイルの単語を組み合わせて一つの作品にする場合も一つの単語だけで作品を作る場合も、必ず構成を決めるところから始めていきます。

今回のレッスンでは、構成を考えるプロセスをご紹介。James先生が普段どのようにして作品の構成を考案しているか、一連の流れを学ぶことができます。

レッスンの前半では、構成を考えるプロセスをお見せしながら、構成を考える段階でのポイントをお伝えしていきます。

レッスンの後半では、考案した構成を大きな方眼用紙に下書きしていくプロセスをレッスン。

構成を考える段階では小さくデザインしたものを大きくして書いていく方法をレクチャーしていきます。形やスタイルが違う一つ一つの要素をバランス良く構成するコツをマスターしましょう!



どのような構成にしようか考えるのも、ハンドレタリング作品を作る上での楽しさの一つなのでぜひ楽しみながら構成のポイントをマスターしてください♪

構成のポイントをマスター後は、実際にペンで文字をなぞって作品を仕上げていきましょう!

その前に、作品にブラシレタリングを取り入れられるようにブラッシュカリグラフィーのレタリングへの応用ブラシレタリングの基本を練習していきます♪
お支払い方法
クレジットカード
atone翌月払い
(コンビニ)
マイれぽ(0件)
  わたしの作りましたレポート「マイれぽ」

  このレッスンの最初のれぽを投稿してみよう!