樹脂粘土の基本 | 多肉植物 | MIROOM

樹脂粘土の基本

試聴する
0616 square 01
0616 square 02
space
space
Icon volume solid
日本語音声
|
9分50秒
レッスン紹介
樹脂粘土の基本をレクチャー。
初心者さんはこのレッスンからスタートしましょう♪




今回のレッスンでは、樹脂粘土を使って具体的な作品作りをする前に必ず押さえておきたい基本的な技術や知識をレクチャーしていきます。

樹脂粘土とは、樹脂ベースで作られた、自然乾燥で固まる粘土のことをさします。英語では“Polymer Clay”と呼ばれ、100均でも販売されていることから気軽に入手することができる粘土のうちの一つです。

粘土の中でも馴染みのある「紙粘土」とは違い、乾燥すると透明感や弾力が生まれ、水にも強いことが特徴です。

また、光沢感を持つことからミニチュアやアクセサリーに多く用いられています。

そんな樹脂粘土が身近になってきたのはここ数年。扱ったことがない方も多いのではないのでしょうか。

今回のレッスンでは、きたのこ先生が作るような樹脂粘土で多肉植物を再現した可愛らしいアクセサリーを作る前に、必ず押さえておきたい技術や知識をレッスンしていきます。

◆樹脂粘土を使ってミニチュア多肉植物を作る上での基本の道具と、あると便利な道具
◆3通りの着色の方法
◆樹脂粘土の特性
◆綺麗な作品を作るためのポイント

などなど、このレッスン一つで樹脂粘土を扱う上での基本的な技術や知識をすべて解説していきます。



紙粘土とはまた異なった特徴を持つ樹脂粘土は、その特性をしっかりと把握しておくことで、思い通りの綺麗な作品を作ることができます。

マスターしてしまえば扱い方は簡単。基本的な技術とともに習得して、作品作りにつなげましょう。

基礎をマスターした後はいざ作品作り♪セダムのミニカップ寄せにチャレンジしてみてくださいね!
お支払い方法
クレジットカード
atone翌月払い
(コンビニ)
マイれぽ(0件)
  わたしの作りましたレポート「マイれぽ」

  このレッスンの最初のれぽを投稿してみよう!

使用材料・道具
Blur tool jp