ストレートホルダーでストローク練習 | カリグラフィー・レタリング | MIROOM
ホームすべてのレッスンカリグラフィー・レタリングMaki Shimano Calligraphyストレートホルダーでストローク練習

ストレートホルダーでストローク練習

試聴する
0305 square 01
0305 square 02
space
space
Icon volume solid
日本語音声
|
6分46秒
レッスン紹介
島野先生オリジナルガイドシート付き!(購入するとダウンロードできます)
セットでの受講がオススメ♪

---

ストレートホルダーを使ってストローク練習を行っていきます。



今回のレッスンでは、ストレートホルダーを使ってストロークを練習。ストレートホルダー初心者さん向けのレッスンです。

カリグラフィーに使用する「ニブ」という呼ばれるペン先は、ホルダーと呼ばれるものに挿して使用します。

ホルダーには「オブリークホルダー」と「ストレートホルダー」の2種類が存在し、ホルダーの先端の形が異なっています。カリグラフィーは、文字を約55℃に傾けて書いていきますが、オブリークホルダーはその傾斜に合わせてペン先が元々傾いています。

ストレートホルダーは書くときにご自身でペンを傾ける必要がありますが、こちらが書きやすいという方もいらっしゃいます。

他のレッスン動画では、オブリークホルダーを使った文字の書き方をお伝えしていますが、今回はストレートホルダーを使用。ストレートホルダーを使って文字を書く上で必要なストロークを練習していきます。

◯ホルダーの傾け方
◯紙に対してのペンの角度
◯アップストローク、ダウンストロークの際のポイント

などもレクチャー。

ニブをストレートホルダーに差し込む方法などもレクチャーしているので、初心者さんにも挑戦していただけるレッスンです。また、記号だけではなく数字の書き方も合わせて解説しています。



今回のレッスンは、ダウンロードして使用できる練習用シート付♪受講者の方は、動画再生ページの下から練習用シートをダウンロードすることができます。

何枚か印刷して、レッスン動画を見ながら何度も何度も練習してみましょう。
※なぞって練習できる用紙ではなく、ガイドラインのみのシートになります。

基本のストロークをマスターした後は、それを活かしてストレートホルダーで書くアルファベットにもチャレンジしてみましょう!

---

セットでの受講がオススメ♪
お支払い方法
クレジットカード
atone翌月払い
(コンビニ)
マイれぽ(0件)
  わたしの作りましたレポート「マイれぽ」

  このレッスンの最初のれぽを投稿してみよう!

使用材料・道具
Blur tool jp