教えてマユ子先生!今始めておこう 災害時の食の備え講座 - miroom

教えてマユ子先生!今始めておこう 災害時の食の備え講座

いざという時に役立つ災害食の講座です。簡単なレシピや長引く避難生活に役立つ災害食が学べます。

今泉 マユ子先生|ライフスタイル|暮らし

今泉 マユ子先生

ライフスタイル

暮らし

月々¥2,480〜

講座の紹介

こんにちは!

防災食アドバイザーの今泉マユ子です!



私は管理栄養士・調理師・野菜ソムリエなどの資格を持ち、大手企業社員食堂・病院・保育園で長年勤務してまいりました。

長年防災食の研究を続けていて、防災士・日本災害食学会災害食専門員の資格も持ち、防災食アドバイザーとして全国で400以上の講演や、著書も多く出しています。

レトルト食品や缶詰を使って簡単につくれるレシピが話題になり、”レトルトの女王” ”缶詰の達人”とも呼ばれているんですよ。テレビ出演は140以上、ラジオ出演は120以上になり、新聞、雑誌、webサイトなどにも多数出演しています。



いざというときのための備えには色々ありますが、災害時は特に「食」が大切です。

今回の講座では、災害食についての基本知識や、実際の調理方法の他に、命を守るために必要な家の備えについてもご紹介していきます



きっと皆さんは、様々な疑問や不安を抱えていらっしゃることでしょう。

・何を備蓄したらよいのか
・どのように保管するのか
・どうやって調理するのか

このような疑問や不安の一つずつを、一緒に解消していきましょう。



いざというときの「食」を備えよう

災害時「どのように家族の食事を準備するのか」考えたことはありますか?

当然ながら、災害時は日常とは異なり材料も調理器具も限られてしまいます。



そのような中で、どんな食材を使って、どうやって調理すれば良いのかを講座で学んでいきましょう。



緊急時にすぐに使える実用的なレシピから、長引く避難生活の中で少し気分を明るくしてくれるようなレシピまで、様々なレシピをぜひ学んでください。

準備しておくと、いざというときに安心して行動ができますよ。



オフライン再生可能だから安心!

災害はいつも突然やってきます。

「あれ?災害食どうやって作るんだっけ…?」

非日常の中で、急に必要になるときがやってくるかもしれません。

そんな時でもmiroomなら大丈夫!

miroomのアプリ内で、動画をダウンロードしておけば、災害時の通信環境がない中でも再生し動画視聴できます。



これなら、いざという時にもきっと皆さまのお役に立てるはずです。

✓講座で知識を学ぶ
✓アプリで動画のダウンロード

ぜひ、この2点を災害時の備えとして、セットで行ってくださいね。



レッスンでお待ちしております!

こんな方におすすめ!

✓いざという時のための備えをしたい方
✓災害時の食について学びたい方
✓信頼できる確かな情報を学びたい方


生徒の声

  • ユーザーアイコン

    ストック食材同士を組み合わせて簡単にお料理が作れるとは!材料も1缶丸ごととか、1袋全部使うと汚れ物が最小限に抑えられて良いですね とても参考になりました さっそく試しに作ってみたいと思います

  • ユーザーアイコン

    防災用品は備えて安心していましたが、訓練する事が大切なのですね!食品は自分の好みのものを備蓄していますが、ライトやトイレグッズは保管のことだけ考えていました。防災ごっこで使ってみようと思います


カリキュラム

Icon course curriculum 2全6回のレッスンで構成されています。

Icon course curriculum 1何度でも動画を見返すことができます。

LESSON
1

①命を守る防災について

①命を守る防災についてのサムネイル

まずは、防災の基本、命を守る防災について学びましょう。災害時の食の備えはとても大切ですが、それも命あってのことです。このレッスンでは、防災の基礎知識をご紹介します。

〈このレッスンで学べること〉
■一番大切な家の備え
■防災ごっこ
■おススメライトと蓄光テープ
■給水容器の選び方
■口腔ケア
■トイレ対策
■ゴミ対策

LESSON
2

②身構えない災害食(食べ物の基礎編)

②身構えない災害食(食べ物の基礎編)のサムネイル

災害時の食の備えの基礎部分を学びましょう。きっと、みなさん沢山の疑問や不安をお持ちだと思います。そもそも災害食とはどういったものか、栄養バランスの良い食事を災害時にも摂ることはできるのか、災害食の備蓄方法など、一つずつ丁寧に解説します。じっくりと学んでいきましょう。

〈このレッスンで学べること〉
■家庭備蓄の目的
■栄養バランス
■ローリングストック3つのポイント
■3つの「見える化」で備蓄
■おススメ賞味期限パトロール
■カセットコンロ・ボンベは必ず準備
■まとめて備蓄・分散備蓄
■災害食を食べる日を決める

LESSON
3

③もしもの時の活用法 あるものを自分の好きな味に変えよう

③もしもの時の活用法 あるものを自分の好きな味に変えようのサムネイル

ここからは、災害食を実際に作って皆さまへご紹介いたします。まずはアルファ化米・パンの缶詰・カンパンについて、それぞれ詳しく学びましょう。災害時でも美味しくいただけるよう、味に変化を加えたアレンジ方法もご紹介します。

〈このレッスンで学べること〉
■アルファ化米とは
■アルファ化米の作り方・アレンジ方法
■パンの缶詰の種類・アレンジ方法
■カンパンアレンジ

LESSON
4

④冷蔵庫のものから食べる 温かいものを食べる工夫

④冷蔵庫のものから食べる 温かいものを食べる工夫のサムネイル

暖かい食事は、私たちの心をホッと和ませてくれますね。特に災害時、どれだけの安心を与えてくれることでしょうか。冷蔵庫のお肉を使って温かい食事を用意する方法をご紹介します。

〈このレッスンで学べること〉
■豚野菜餅ホイル焼き
■野菜スープやポタージュで作るミートローフ

LESSON
5

⑤即食レシピ®

⑤即食レシピ®のサムネイル

ポリ袋に入れて、混ぜるだけで完成する即席レシピをご紹介します。簡単にできて、とっても衛生的!ポリ袋のままお皿に乗せれば、洗い物も減らせますよ。

〈このレッスンで学べること〉
■ミックスビーンズツナケチャ和え
■ミックスビーンズ栗あん風
■ツナと切り干し大根のマヨ和え
■切り干し大根の塩昆布お茶和え
■ツナと切り干し大根のイタリアンサラダ

LESSON
6

⑥お湯ポチャレシピ®

⑥お湯ポチャレシピ®のサムネイル

ポリ袋の中に食材を入れて作る湯煎調理の「お湯ポチャレシピ」。一つの鍋だけで、温かいごはんやおかずが用意できるおすすめの調理方法です。どんな時にも、温かい食事ができるよう、日常でも「お湯ポチャレシピ」を、ぜひお試しくださいね。

〈このレッスンで学べること〉
■お湯ポチャレシピとは
■お湯ポチャレシピの良いところ
■お湯ポチャレシピの基本
■ごはん
■切干大根のみそ汁
■高野豆腐の麻婆豆腐


テレビや雑誌などメディアにも紹介多数

ミルーム(miroom)とは

  • 定額制オンラインレッスンサービス

    ご契約期間内はいつでもどこでも
    繰り返し受講できます。

    定額制オンラインレッスンサービス
  • 講座が全て受講し放題

    18カテゴリー、1,000以上の講座が
    無制限で好きなだけ受講可能。

    講座が全て受講し放題

料金・契約期間

3つの契約期間から選択できます。
契約期間が長いほど、月々の料金がお得!

料金・契約期間
  • ※各契約期間でのサービス提供内容に差はありません。
  • ※期間終了後は自動更新となりますが、マイページの「有料会員情報の確認・更新」からいつでもご解約手続きをしていただけます。

先生の紹介

今泉 マユ子先生|ライフスタイル|暮らし

今泉 マユ子先生
今泉 マユ子先生公式インスタグラム mayuko_imaizumi

インタビュー

Q. 先生が災害食を始めたきっかけは何ですか?


A. 2011年3月11日東日本大震災がきっかけです。あの日、幼稚園年長だった息子は卒園式を前に、生まれて初めて一人でお留守番をしていました。車で出かけていた私は30分以内に家に戻ることができましたが、友達同士でディズニーシーに行っていた中学1年生だった娘と都内にいた主人は、次の日のお昼過ぎまで横浜の家に帰ることができませんでした。もし私が帰れなければ、幼稚園生の子どもが家でひとりになるところでした…。それまでは「子供は私が守る!」と思っていましたが、いつも一緒にいられるわけではないと思い知らされ、また、家にたくさん食べ物があっても、「もしもの時」にそれらを上手に活用できなければ意味がないという事に気がつき、この日をきっかけに防災と災害食の研究をはじめました。11年以上ずっと研究を続けているうちに、缶詰やレトルト食品などにも詳しくなりました。


Q. 先生が思う災害食の魅力は何ですか?


A. 「災害食」と聞いて何を想像されますか?アルファ化米やパンの缶詰など長期保存可能な食べ物を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。
私が思う災害食は特別なものではないです。普段食べている物を災害が起きた時に、どうやったら簡単に衛生的に美味しく食べることが出来る?と考え、工夫して出来ることを増やしています。災害時に作りやすいということは、普段の食事でも作りやすく、しかもエコ!時短家事にもぴったりです。
我が家ではアルファ化米もパンの缶詰も普段の食事で美味しく食べています。そして、自分と家族のお気に入りのレトルト食品や缶詰が家にたくさんあると選ぶときウキウキ楽しくなり、前向きな気持ちになれます。家に備えがあることで安心につながり、子供たちに「家は大丈夫よ」と言えることが最大の魅力だと思います。


Q. 初心者ですが、大丈夫でしょうか?


A. もちろん大丈夫です!
今回のレッスンでは、命を守る、健康を守るための備えについてお伝えして、たくさんのアイデアレシピをご紹介します。
災害は知識だけでは乗り越えられません。臨機応変に対応できる力を身に付けるには日常で経験、体験して、「知っている」「聞いたことがある」を「できる」に変えることが大切です。災害が起きてからできることは限りがありますが、今できることは沢山あります。
「防災をやらなくてはいけない」と身構えずに、日常生活の中で楽しみながら、出来ることをたくさん増やしましょう。ご参加お待ちしております!


Q. クラスメイトの方に一言お願いします♪


A. このクラスでは、防災、災害食について、停電した時の調理の工夫や、ポリ袋調理の即食レシピ®やお湯ポチャレシピ®を分かりやすくご紹介します。
被災したとき誰もが思うのは、「早く日常を取り戻したい」ということ。食べ慣れたものや使い慣れたものに加えて、出来ることがたくさんあればどれほど安心か。普段からの備えの大切さをあらためて実感して頂けると思います。ぜひ楽しんで受講くださいね。


FAQ

Q. 動画は何回でも見ることができますか?


A. はい。何回でも繰り返し見ることができます。また、途中止めながらご自分のペースで受講していただけます。


Q. 動画に公開期間はありますか?


A. 一度公開された動画は、有料会員である限り、期限なくいつまででも受講いただくことができます。


Q. 講座はいくつでも受講することができますか?


A. はい。個数や期間の制限なくいくつでも受講していただけます。