ずっと飾っておきたくなる♪羊毛フェルトでもこもこ可愛いお正月飾り9選

羊毛フェルトのお正月飾り

 


 
注連縄(しめなわ)や門松、鏡餅など、お正月飾りは日本の伝統的な習わし。
 
しかし伝統であるがゆえに、ちょっとお堅い雰囲気になってしまう…とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。
 
そこでおすすめなのが、羊毛フェルトで作るお正月飾り。
 
ふわふわの質感、温かみのあるフォルムに仕上がるので、寒さがいっそう厳しくなるこの時期にもぴったりですよ♪
 
ここからは、可愛らしくて雰囲気たっぷりな、羊毛フェルトのお正月飾りアイデアをご紹介します。

鏡餅

 


 
まず最初にご紹介するのは、まん丸のシルエットが可愛らしいお正月飾り。
 
つぶらなビーズの瞳がキュートなイノシシと鏡餅のコラボです。
 
頭の上にちょこんと乗せた橙が帽子のようですね。
 
水引飾りの細かい演出も見逃せないポイントとなっています。
 

門松

 


 
お次は、和洋折衷な雰囲気のお正月飾りをご紹介。
 
こちらの門松は、ちょっとしたキャビネットや靴箱の上にも飾りやすいミニサイズとなっています。
 
白梅も羊毛フェルトで出来ているためか、洋風のテディベアも違和感なく馴染んでいますね。
 
お好きな動物を作ってダルマや梅と組み合わせれば、世界に一つのお正月飾りが完成♪
 

リース

 


 
続いて、クリスマスリースのお正月版ともいうべき作品をご紹介します。
 
紅白の玉が連なったこちらのリースは、ありそうでなかった新しいジャンルのお正月飾り。
 
よく見ると、羽根つきの羽根や松、紅白梅といったおめでたいアイテムがたくさん散りばめられています。
 
玄関のドアなど定番の場所だけでなく、モビールのように天井からぶら下げたり、車の中に飾ったりするのもおすすめ。
 

イノシシ犬

 


 
二度見必至なこちらのお正月飾りは、小さな羊毛にユーモアをぎゅっと詰め込んだ逸品。
 
昨年の干支である戌に、今年の干支であるイノシシの被り物をかぶせるという、何ともシュールなアイデア。
 
この顔で見つめられたら、干支を延長してあげたくなってしまいますね。
 
一匹一匹の面差しが異なる、ほっこりと表情豊かな作品です。
 

ダルマイノシシ

 


 
続いて、先ほどの被り物シリーズの別バージョンをご紹介。
 
今度は真の干支であるイノシシがダルマの被り物を被るという、これまたユニークなデザイン。
 
しかし、その可愛らしさは言わずもがな。真紅の羊毛が淡い茶色に映えて、まるでおくるみに包まれた赤ちゃんのようにも見えますね。
 
相棒のブタのにこやかな表情にもご注目。
 

富士と鯛

 


 
おめでたさの象徴をモチーフに使ったこちらのお正月飾りも、何とも味のある出来栄えです。
 
おにぎりを彷彿とさせるころんとしたフォルムの富士山に、金魚のように小ぶりの鯛。
 
藍に近い青と、ビビットな赤のコントラストが目に鮮やかな組み合わせですね。
 
お隣のパンダ鏡餅の存在感も抜群。一度見たら忘れられない、インパクト大な作品です。
 

ペンギンとイノシシ

 


 
ストーリー性を感じるこちらのお正月飾りは、羊毛フェルトで人気のペンギンとイノシシの共演。
 
どうやら、一羽のペンギンに注連飾りの紐が絡まってしまった様子。
 
慌てるペンギンたちをよそに、おっとりとした表情で前を見つめるイノシシたち。
 
定番デザインのお正月飾りでは物足りない…という方は、このようにほかのキャラクターとコラボさせて、独自の演出を加えてみてはいかがでしょう?
 

羽子板

 


 
お正月を代表するモチーフが盛りだくさんのこちらの作品は、無病息災を願うお正月飾りの羽子板。
 
羊毛フェルトで作られたイノシシや橙、椿、鯛、さらには水引の紅白梅となんとも豪華な顔ぶれ。
 
球などの立体を作ることが多い羊毛フェルトですが、ある程度薄い板状に仕上げることで、羽子板らしさを失うことなく存在感だけをアップさせていますね。
 
お正月が過ぎてからも、しばらく飾っておきたくなるような力作です。

イノシシ家族

 


 
最後にご紹介するのは、ここまでに登場したイノシシとは少し趣の異なる作品。
 
こちらのイノシシは、ころんとした丸いフォルムではなくややスマートな体型をしています。
 
本物のイノシシに近い長めの鼻先や色合いはどことなく北欧風の雰囲気も漂わせており、シンプルテイストのお部屋にもぴったり。
 
お正月感はそれほど強くないデザインなので、これから一年を通してインテリアとしても活躍してくれそうです。
 

ギリギリ間に合う!手作りのお正月飾り

 


 
そうはいっても、お正月まで残りわずか。
 
「今から作っても間に合わないよね…」と諦めるのはまだ早い。
 
お正月飾りを15日まで飾っておく地域もあるくらいなので、少し長めに飾っておいてもまったく問題ありません。
 
小さなものなら1日あれば作ることができるので、今からでも十分間に合いますよ♪
 
これから来客の予定があるという方、お正月特番も見飽きたという方は、羊毛フェルトでお正月飾りを作ってみてはいかがでしょうか?