【美しき日本文化】和菓子はいつ誕生したの?由来やその歴史

 

和菓子の歴史って?

 

 
美味しいだけではなく、見た目もとっても美しい和菓子。
 
その美しさは、日本の誇りと言っても過言ではないですよね。
 
食べるとなくなってしまうものに、時間をかけて美しさに磨きをかける、素晴らしい日本の伝統だと思います。
 
そんな和菓子の歴史って、ご存知でしょうか。
 
早速ご紹介したいと思います。
 

菓子のはじまり

 
古代人は、食が十分ではなかった為、お腹が空くと木の実や果物を採って食べていました。
 
この間食が「果子」(かし)の始まりになったと言われています。
 
当時は、食べ物を加工する技術もなく、果物の甘味を特別なものとし、主食と区別していたと考えられています。
 
当時から、栗や柿などは栽培されていたそうです。
 
その後、木の実を乾燥させて保存したり、石うすなどで粉砕して保存されるようになりました。
 
農耕は始められていましたが、まだ食べるものは不十分だったのでどんぐりなども食べていました。
 
しかし、どんぐりはアクが強くてそのままでは食べられません。
 
そこで、どんぐりを砕いて水にさらしてアクを抜き、丸めて熱を加えて作ったのが団子の始まりと言われています。
 
その後、日本で最古の加工食品と言われている、「餅」が誕生します。
 
当時何よりも大切と言われていた米を原料として作られる餅は、とても神聖なものとして扱われていたそうです。
 

 

砂糖が伝わるまでの甘味は?

 
現在の菓子は、当然のように砂糖を使われていますが、古代に砂糖はありません。
 
でんぷんを糖に変える「米もやし(米を発芽させたもの)」を使い、飴を作っていました。
 
同時に、「甘葛(あまづら)」と言うツタの汁を煮詰めて作ったシロップのようなものがありました。
 
これらが甘味として食されていたそうです。
 
「枕草子」では、削り氷にあまづらを入れて、金椀に入れるという表現があります。
 
今で言うかき氷のようなものに、あまづらを入れて食していたことがうかがえます。
 
あまづらは贅沢品で、当時は諸国から幕府や朝廷への献納品とされていたそうです。
 
砂糖が日本に伝わったのは750年ごろで、広く使われるようになったのは江戸時代以降になってからでした。
 
今では当然のように使うことのできている砂糖は、昔の人々が創意工夫を凝らして築いてきてくれたからこそだということです。
 
便利な今の時代が当たり前となってしまっていますが、感謝しなくてはなりません。
 

和菓子に影響を与えた「唐菓子(からくだもの)」とは

 
遣唐使が唐朝より持ち帰ったものに、「唐菓子(からくだもの)」というものがありました。
 
この唐菓子は、米や麦、大豆や小豆などをこねたり揚げたりしたもので、特徴的な形をしていました。
 
これが和菓子に大きな影響を与えたと言われています。
 

 

喫茶の流行

 
鎌倉時代初期にお茶が日本に伝わり、その後茶の湯が流行します。
 
室町時代の茶席に、「点心」と呼ばれる軽食があり、その中に「羹(あつもの)」という汁がありました。
 
「猪羹」「白魚羹」「鶏鮮羹」「芋羹」など48種もあったと言われていますが、その中に「羊羹」がありました。
 
羊羹はもともと羊の肉が入った汁でしたが、当時の日本は肉食の習慣がありませんでした。
 
そこで羊の肉に似せて麦などの粉で象ったものを入れ、そこから誕生したのが「羊羹」のはじまりと言われています。
 

 

和菓子の発展

 
江戸時代以前は常に戦が繰り広げられ、菓子を楽しむことの出来ない時代でしたが、江戸時代に平和になったことから、和菓子が発展していきます。
 
京都の京菓子と江戸の上菓子が競い合い、工夫を凝らした和菓子が次々と誕生します。
 
現在も食べられている和菓子の多くがこの江戸時代に誕生したものだとか。
 
明治時代になると、急速に西洋の文化が伝わり、和菓子に大きな影響を与えました。
 
その中でも、オーブンなど西欧の調理器具は和菓子に大きな発展をもたらしました。
 
オーブンの登場でカステラ饅頭や栗饅頭などの焼き菓子が誕生するなど、飛躍的に発展していきます。
 
海外から伝来した菓子を食し、そのうえで物まねではなく日本の菓子を創造してきたことが、和菓子の素晴らしさと言えるでしょう。
 

 

季節の和菓子の種類は?

 

 
四季のある日本だからこそ、季節によって食を楽しめるのが素晴らしい所。
 
和菓子も季節によってさまざまな種類があります。
 

春の和菓子

 
春の和菓子といってまず思い浮かぶのは桜餅ではないでしょうか。
 

 
桜の花に桜の葉っぱ、そしてピンクの色合いも、春にもってこいの和菓子です。
 
桜餅の歴史は長く、京保二年(1717年)からあるそうです。
 
元々は、墓参の人をもてなすための手製の菓子として作られたと言われています。
 
桜餅の葉は、落ち葉掃除で出た落ち葉をなんとか利用できないかと考え、塩漬けにして餅を巻いてみたのがはじまりだそうです。
 
発想が素晴らしいですよね。
 
春の訪れを和菓子で感じられるのは、日本人の特権ですよね。
 
いちご大福も春の定番。
 

 
いちごがまるまる1つ入った贅沢な和菓子ですね。
 
見た目も春らしい、子どもからお年寄りまで大好きな和菓子です。
 

夏の和菓子

 
見た目も涼し気でのどごしの良い葛饅頭は夏の定番。
 

 
夏には見た目の涼し気な和菓子がたくさん出てきます。
 
見ているだけでさわやかな気分になれるのはもはや芸術といっても過言ではありません。
 

 
食べるのがもったいないほど綺麗ですよね。
 

秋の和菓子

 
秋に旬を迎える栗や芋は和菓子の定番です。
 
和菓子の旬とも言えるのでは?
 

 
旬の栗を使った栗饅頭。
 
見た目も栗そのもので可愛らしい。
 

 
かぼちゃや栗、芋が使われたおはぎも。
 
見た目も色合いも秋そのものですね。
 
おはぎは、最初は粒餡の小豆の皮が散っている様子が、萩の花が咲き乱れているように見えたことから、「萩の餅」や「萩の花」と呼ばれていました。
 
そこから、女官の言葉遣いで「おはぎ」と呼んだことがはじまりと言われています。
 
名前の由来も美しいですね。
 

冬の和菓子

 

 
冬の定番はやっぱり大福。
 
こたつに入って頬張る大福は格別ですよね。
 
大福は、元々「腹太餅(はらふともち)」と呼ばれていたという説もあります。
 
今もその名前のままだったら少し食べるのを躊躇してしまいそうですね。
 
昭和までは、時間がたった大福は焼いて香ばしくして食べていたそうです。
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
今では当たり前のようにある和菓子ですが、歴史は長く、誕生までに長い道のりがありました。
 
海外からの技術を日本風にアレンジして改良されていった点も日本人らしい魅力がいっぱいですよね。
 
今はさらに種類も増え、和菓子とコーヒーなど、和と洋の組み合わせも楽しめるのも嬉しいです。
 
大福とコーヒーなど、意外と合うものも多々あります。
 
こんな風に楽しめるのも、昔の人々が試行錯誤してきてくれた歴史があるからです。
 
これから少し和菓子を見る目が変わるかも!?
 
感謝しておいしくいただきたいですね。