今さら聞けない!おしることぜんざいの違いって?

 

おしることぜんざいってどう違うの?


お正月といえば、お雑煮やおせちなどが有名ですよね。
 
加えて、寒い季節に恋しくなるのが「おしるこ」。
 
甘くて体が温まるおしるこは、小さなお子さんにも大人気。年末年始には親戚の集まりなどでも振る舞われることが多い食べ物です。
 
そんなおしるこによく似ている料理が「ぜんざい」。みなさんはその違いが説明できますか?
 
どちらも小豆を砂糖で煮た汁物であるおしることぜんざいは、実はまったく異なる食べ物なのです。
 
その秘密は、煮汁にあり。
 
奥深いおしることぜんざいのお話。年越しの際に、話のタネにしてみてはいかがでしょうか?

地域によって違いがある?

View this post on Instagram

@7050___nyaoがシェアした投稿


おしることぜんざいは、関東と関西の地域による違いが大きいのです。
 
関東のものは「おしるこ(お汁粉)」と呼ばれ、水に粒あんやこしあんを溶いた汁物を指します。
 
特に粒あんの入ったおしるこを「田舎しるこ」、こしあんのサラサラしたものを「備前しるこ」と呼ぶことも。
 
一方、関西のものは「ぜんざい(善哉)」と呼ばれ、粒あんを煮て作られます。
 
つまり、あんこを水で溶いて汁を作ったものをおしるこ、水に小豆と砂糖を入れて煮たのをぜんざい、という認識が一般的。
 
しかし、関東の喫茶店でも「ぜんざい」というメニューが提供されているのを見かけたことはありませんか?
 
関東では主に、餅や白玉にあんこを添えた食べ物がぜんざいと呼ばれるのです。こちらは、よく冷やした状態で出されることが多いよう。
 
関西ではこれを「金時」「亀山」と呼ぶのだとか。

どちらもバリエーション豊か♪


おしるこにはお餅や白玉を入れますが、ここには地域差はありません。
 
九州も基本的に関西と同じで、粒あんで煮たものをぜんざいと呼びます。
 
そんな九州の一部地域では、お餅を入れたものをおしるこ、白玉を入れたものをぜんざいと呼んだり、その逆もあるようです。
 
おしることぜんざいをあまり区別しない北海道の一部地域では、お餅の代わりにカボチャを入れたおしるこも。
 
お餅の原料となる米の収穫ができず、カボチャで代用したことが始まりなのだとか。
 
ほかにも、沖縄県で「ぜんざい」といえば金時豆をかけたかき氷のことを指します。
 
関東での宇治金時のようなイメージに近いですね。

名前の由来


では、おしることぜんざいの語源はどこにあるのでしょうか。
 
おしるこは、もともと「さらしあん」というあんこを使ったことが由来とされています。
 
さらしあんは、生のこしあんを加熱・乾燥させて粉末状にしたもの。「粉のあん」を使ったことから「汁粉(しるこ)」という名前がつきました。
 
また、つゆものを意味する「汁」と、実を意味する「粉」が合わさり、具の入った汁を総じて「汁粉」と呼んでいたという説も。
 
そして、ぜんざいの名前の由来は、二つ有力な説が。
 
一つは、室町時代の一休僧侶。彼がぜんざいを最初に食べたとされ、その美味しさに「善哉(よきかな)」と叫んだことからという説です。
 
善哉とは、仏が弟子を褒めるときに使う仏教用語のこと。
 
もう一つの説は、出雲地方(島根)の神事「神在祭(かみありさい)」で振る舞われたとされる「神在餅(じんざいもち)」です。
 
この地方では特に出雲ぜんざいと呼び、神在餅を今でも製造・販売しています。

おしることぜんざいの基本レシピ


それではここから、おしることぜんざいの作り方をご紹介。
 
レシピを元に作ってみると、二つの違いがよりはっきりと感じられるかもしれませんよ。
 
おしるこの作り方(3人分)
 
1.鍋に水250cc、粒あん(こしあん)250gを入れ、火にかける。
2.砂糖大さじ1.5、塩ひとつまみ、醤油小さじ1を加える。
3.焼き餅や白玉をお椀に入れる。
4.お椀に出来上がったあんこの汁を入れて完成♪
 
ぜんざいの作り方
 
1.鍋に水1Lと小豆250gを入れ、火にかける。
2.沸騰したら弱火にし小豆がつぶせるくらいまで煮詰める。
4.塩ひとつまみと砂糖ひとつまみを入れて味を調整。
5.お椀に焼き餅や白玉、出来上がったあんこの汁を入れて出来上がり♪
 
小豆から作る分、ぜんざいのほうが時間はかかりますが、ぜひ両方作って食べ比べてみてくださいね。

地域での違いを味わう


一見同じような見た目のおしることぜんざい。しかしその歴史をさかのぼると、呼び方一つとっても違いがはっきりと分かりますね。
 
今までご自身が口にしてきたものを振り返ってみて、「そういえば」と感じる点も多かったのではないでしょうか。
 
年末年始の集まりなどで、出身地が異なる方に「おしるこ」と「ぜんざい」の話を持ちかけてみると、思いがけず会話が弾むかもしれませんよ♪