本場で学ぶ!京都で和菓子作りが体験できる教室5選

日本の伝統「和菓子」作りを体験

source=ig_embed” data-instgrm-version=”9″ style=” background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% – 2px); width:calc(100% – 2px);”>

A post shared by Toru Tsuchie (@choppe_tt) on


 
古くから受け継がれた日本文化が残る日本の古都、京都。
 
神社・お寺巡りや、京都名物の抹茶やおばんざいに舌鼓を打つのもいいですが、日本の伝統を直に感じることができる「和菓子作り体験」もおすすめ。
 
老舗の和菓子店が数多く残っている京都では、府内のあちこちで和菓子作りの体験教室が開催されています。
 
和菓子の本場ともされている京都で、ぜひ「和菓子作り」を体験してみてはいかがでしょうか?
 

京都の和菓子体験教室5選

A post shared by Toru Tsuchie (@choppe_tt) on


 
それでは、京都府内で和菓子作りを体験できる教室を5ヶ所ご紹介します。
 
教室によって、体験内容や作ることができるお菓子が異なるので、ご自身に合った教室を探してみてくださいね。
 

甘春堂 本店(東山・嵐山)

一軒目にご紹介するのは、京菓子の老舗店「甘春堂 本店」。
 
創業は慶応元年の1895年。120年以上も和菓子の伝統を守り続けている老舗中の老舗です。
 

A post shared by Seoyoung Lee (@toyomi_ii) on


甘春堂では、1日4回(9:15〜、11:00〜、13:00〜、15:00〜)の体験教室が、1月1日を除き毎日開催されています。
 
プロの職人さんの指導のもと、上生菓子3個、干菓子1種類を約1時間で製作。
 
上生菓子・干菓子の内容は、季節ごとに変わります。季節にちなんだ和菓子を作り「四季を楽しむ心」も養いましょう。
 
完成後は15分ほどの試食時間が設けられていて、美味しいお抹茶と一緒に作りたての和菓子をいただくことができます。
 
清水五条駅・京阪七条駅から徒歩圏内、豊国神社のすぐそばで公共交通機関でのアクセスも良好です。
 

よし廣(二条)

JR二条駅から徒歩5分のところにある、昭和33年創業の京菓子店「よし廣」。
 
お店のこだわりが詰まった「手焼きどら焼き」が名物で、大粒の栗が入った「栗どら焼き」や京都名物生八つ橋が入った「生八ツ橋入りどら焼き」は通販でも大人気です。
 

A post shared by aya (@a.may.a7185) on


 
よし廣では、1日4回(9:15〜、11:00〜、13:30〜、15:15〜)の和菓子作り体験が毎日開催されています。
 
季節ごとに種類の変わる2種類の上生菓子を各1個ずつ製作し、和菓子作りを楽しんだ後は、よし廣の「八つ橋まんじゅう」とお抹茶で休憩。
 
ご自身で作った和菓子2個に加えて、職人さんが作った京菓子2個も併せて持ち帰ることができます。
 
お菓子は消え物ですが、体験終了後、写真入りの修了証書を記念にいただくことができますよ。
 

七條甘春堂 本店(七条)

 
観光スポットとして有名な三十三間堂のすぐそばにある「七條甘春堂 本店」。
 
町家の趣を感じられる店内には甘味処も併設されており、お抹茶や和菓子、あんみつやかき氷(夏季限定)など、本格的なお茶の時間を楽しむことができます。
 
そんな七條甘春堂では、1日3回(10:00~、13:00~、15:00~)の体験教室が1月1日を除いて毎日開催されています。
 

A post shared by hina (@hinasukimono) on


 
3種類の季節の上生菓子を4個製作し、その内3個はお土産としてお持ち帰り。
 
1個はご自身で点てたお抹茶と一緒にその場で試食できます。
 
また七條甘春堂は、京都タワーの2F、革堂 行願寺にも店舗があり、同プログラムの体験教室が開催されています。
 
京都タワーでは本店の時間に加えて、17:00〜、19:00〜の体験教室も開催されているので、日中の都合が合わない方にもおすすめです。
 

おたべ 本館(十条)

 
つぶあんが入った生八ツ橋「おたべ」を発売したことで知られている「おたべ」。
 
京都に来たら「おたべ」を必ず買って帰るという方も多いはず。
 
十条駅から徒歩10分のところにある工場併設の本館では、1日3回「おたべ手作り体験道場」が開催されています。
 

A post shared by Yukari.F(유카리) (@fu516ykr) on


教室では、生八ツ橋の生地作りから、つぶあんを挟んで三角形のおたべに仕上げるところまでを体験。
 
出来立てのおたべは、お抹茶と一緒に美味しくいただくことができますよ。
 
開催時間は9:30〜、12:00〜、14:00〜の1日3回で、所要時間は約1時間30分。
 

八つ橋庵かけはし(西京極)

京菓子・和菓子のカルチャー体験ができる施設として観光客に人気の「八つ橋庵かけはし」。
 
京のおばんざいを堪能することができるブッフェを提供するレストランや、京都のお土産が揃った販売コーナーなど多彩な施設が充実。
 
そんな八つ橋庵かけはしでは、八ツ橋やいちご大福、京野菜の饅頭やみたらし団子など、様々な和菓子の体験教室が開講されています。
 

A post shared by eri ❤︎ (@eryii57) on


中でもおすすめなのが、京都発祥の生麩を使った「生麩まんじゅう」作り体験。
 
こしあん、抹茶、焼き栗、黒ごまの4種類の「生麩まんじゅう」を作ることができます。
 
体験時間は約1時間。作った饅頭はお持ち帰りも可能です。
 

和菓子作り体験で京都を満喫♪

A post shared by Toru Tsuchie (@choppe_tt) on


 
今回は、京都府内で和菓子作りを体験できる5つの教室をご紹介しました。
 
ご自宅で作る機会もなかなか少なく、老舗の和菓子店に足を運んだことがないという方も多いのではないでしょうか?
 
貴重な伝統を守り続けているプロの職人さんと和菓子作りを楽しむことで、和菓子をより身近なものとして感じることができるようになるかもしれません。
 
京都での和菓子体験は、日本人の観光客はもちろん、今や訪日外国人の方にも大人気。
 
ご家族やご友人と、ぜひ和気あいあいと和菓子作りを楽しんでみてくださいね。