本物そっくり!甘くて美しい工芸菓子の贅沢な世界

 

職人の登竜門・工芸菓子

Chifuyu Kimuraさん(@chico_s.s)がシェアした投稿


動物や山水など、自然に存在するあらゆるものを表現した芸術的なお菓子「工芸菓子」。
 
工芸菓子とは、お菓子の材料を使って制作される造形作品のこと。
 
食べることがメインではなく、店舗の装飾や宴会・イベントなどのために作られることが多いお菓子です。
 
洋菓子では「ピエス・モンテ」と呼ばれ、華やかなウェディングケーキなどもこれに含まれます。
 
その美しさを競うコンテストは一流になるための登竜門とも言われるほど、菓子職人にとって重要な意味を持っている工芸菓子。
 
まずは、そんな工芸菓子の歴史をたどっていきましょう。

日本の工芸菓子の歴史

kansaiさん(@matsumoto8633)がシェアした投稿

日本における工芸菓子の始まりは、江戸時代から。大奥に献上するための「献上菓子」が基礎になったと言われます。
 
素材は、主に砂糖や米粉などを混ぜた雲平(うんぺい)や、砂糖を煮詰めた有平糖(あるへいとう)など。
 
デザインについては、洋菓子では城や塔などの建造物が多いのに対して、和菓子では花鳥風月・自然をメインにしたテーマが主流です。
 
鮮やかな色合いや繊細な細工が魅力の工芸菓子には、卓越した職人技が必要とされます。

wasouka_hitohiraさん(@wagashi_yoshida)がシェアした投稿

 
明治以降に白砂糖が輸入されるようになると、京都を中心にますます技術が向上し、有平糖などの素材に着色が施されるように。
 
それに伴い、様々な題材の作品が制作されるようになっていきました。
 
そんな日本の工芸菓子の第一人者とされているのが、京都の有名菓子店の主人、高浜平兵衛(たかはまへいべえ)。
 
彼は明治33年のパリ万博の際に、大輪の牡丹を生けた花籠の工芸菓子を製作。それが好評を得て、当時のタイの皇太子への献上品を手掛けることもあったのです。

西洋のピエス・モンテの歴史

okmt koyaさん(@okmt_koya)がシェアした投稿

続いて、西洋の工芸菓子「ピエス・モンテ」についてもご紹介。
 
フランス語で「小片を積み上げた」という意味のピエス・モンテ。チョコレートやケーキなどを用いて作られます。
 
ピエス・モンテの元になる菓子は、日本で工芸菓子が生まれたのと同時期の、17世紀ごろに成立したとされています。
 
イタリアやイギリス、フランスで、果物の砂糖漬けをピラミッド状に積み上げたものや、有名建造物を模したモニュメントが作られ始めました。
 
19世紀頃から、菓子職人がその技を競い合う意味合いも込めたピエス・モンテの制作が盛んになります。
 
そして現在では、世界各国で完成度を競う大会が開催されるまでに。
 
テレビなどで紹介されることも多いので、日本の工芸菓子よりもこちらの方がより馴染み深いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

工芸菓子を生で見るためには


すでにお伝えしたように、工芸菓子はイベントなど特別な時に制作されるもの。
 
なかなか生で見る機会がないので、あまりイメージが掴めないという方もいるのでは?
 
そこでここからは、工芸菓子を直接見たいという方のために、展示している場所をご紹介します。
 
そのうちの一つが、京都にある和菓子屋さん「京菓匠 鶴屋吉信」。
 

てんめいさん(@rahxephonlove2)がシェアした投稿


京都本店玄関と本店地下ホール、さらに東京店のショーウィンドウにて、工芸菓子が展示されています。
 
老舗ならではの洗練された技術がふんだんに活かされた工芸菓子は、息を呑むほどの美しさ。
 
季節ごとに展示される工芸菓子のテーマが異なってくるので、何度訪れても飽きることはありません。
 
本店は京都市営地下鉄の今出川駅から徒歩10分。東京店は、東京メトロ半蔵門線の三越前駅から降りてすぐの場所にあります。
 
 
続いてご紹介するのは、神奈川県小田原市にある「工芸菓子展示館」。
 

Yu-さん(@htnkytk)がシェアした投稿

大正初期に創業された「栄町松坂屋」が運営しているこちらでは、小田原を代表する菓子職人が四季折々に合わせて作った菓子が展示・販売されています。
 
その中には、もちろん工芸菓子も。
 
工芸菓子展示館は、小田急小田原線の小田原駅から歩いて20分ほどです。
 
城下町として栄えていた小田原ならではの和菓子を、目で見て楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

 
最後に、西洋のピエス・モンテを展示しているギャラリー「京都イシズ ピエスモンテ」をご紹介します。
 

R.Hさん(@usagitoooolobaaaaa)がシェアした投稿

こちらでは、常に多種多様なアーティストの展示が行われています。毎日色々な工芸菓子が、みなさんを迎え入れてくれるはず。
 
ギャラリーには無料で入場することができるほか、気に入った工芸菓子があれば購入することも可能。
 
京都イシズは、京都の阪急電鉄烏丸駅から歩いて10分のところにありますよ。
 
今回ご紹介した中で気になった展示場所があった方は、お近くに足を運んだ際にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

世界で通用する日本のお菓子技術


工芸菓子に注がれてきた技と情熱は、現在も日本の菓子職人たちに受け継がれています。
 
その加工・制作技術は、世界大会の中でもトップレベルのヨーロッパに肩を並べるほど。
 
日本人ならではの繊細さが活かされた優美な工芸菓子の世界、この機会にぜひ堪能してみてくださいね。