休日はお子さんと♪簡単おいしい干菓子作りにチャレンジ!

 

干菓子を作ってみませんか?

 

 

View this post on Instagram

 

越乃雪本舗大和屋さん(@yamatoya1778)がシェアした投稿


 
四季折々の風景を織り込んで形造られる、芸術品のような和菓子の数々。
 
ショーケースに並んだ色とりどりの和菓子は、思わずため息が出るほどの美しさですね。
 
手作りしてみたい!と思っても、その手間ひまを考えるとつい気後れしてしまいます。
 
でも落雁をはじめとする干菓子なら、材料も少なくて作り方もとても簡単♪
 
お休みの日にお子さんと、手作りタイムを楽しんでみてはいかがですか?
 

簡単楽しい干菓子レシピ

 

 

View this post on Instagram

 

かまくら七十二さん(@kamakura72)がシェアした投稿


 
干菓子とは、水分20%以下のお菓子の総称。
 
すぐに思い浮かぶのは、口の中に入れるとほろほろと溶けていく落雁や和三盆ですが、それだけではありません。
 
素朴なお茶菓子のおこしや、昔懐かしい金平糖などの飴、あられやお煎餅も干菓子に分類されます。
 

 

View this post on Instagram

 

eriさん(@usausadaisuki)がシェアした投稿


 
干菓子が手作りに向いているのは、材料や工程がシンプルだから。
 
また、生菓子や洋菓子と違って小麦粉や卵、乳製品などもほぼ使用しません。
 
アレルギーのあるお子さんでも、安心して食べることができるのです♪
 
さっそくご家庭でも簡単にできる干菓子のレシピをご紹介しましょう。
 

落雁(らくがん)

 

View this post on Instagram

 

@ankolabo_wagashiがシェアした投稿


 
落雁は、米粉などの穀物の粉に水あめや砂糖、ほんの少しの水を混ぜて型に入れて固め、乾燥させたもの。
 
繊細な造形と、ほろっと崩れる不思議な食感が特徴的です。

 
【材料】
・粉砂糖…100g
・寒梅粉(餅を乾燥させて作る微細な粉末)…10g
・水…5ml
・抹茶、ココアなどお好みで…適量

 
果物や野菜のパウダーで色付けすると、ふんわり可愛らしい色合いに。
 
・型…シリコン製やプラスチック製のチョコレートの型
 
ほかにもゼリーの空き容器を使ったり、軽量スプーンに詰めて半円形にしたりと、色々なものを型に応用できますよ。
 

 

View this post on Instagram

 

sayuriさん(@sayuri.syr)がシェアした投稿


 
【基本の作り方】
1. 粉砂糖と、抹茶やココアなどお好みのパウダーをボウルに入れてしっかりと混ぜる。
 
2. 水を入れて全体に行きわたるように混ぜる。
 
3. 寒梅粉を入れて手早くまんべんなく混ぜた後、指でふるいに押し付けるようにしてふるう。

 
寒梅粉を入れると急に固まって乾燥しやすくなるので手早く混ぜましょう。
 
ふるいにかける時は、できるだけさらさらになるように粉の固まりを押しつぶしてください。
 
4. 好みの型に粉を入れて押し固め、静かに型から外し、一晩乾燥させて出来上がり。
 
あまり強く押し込みすぎると口溶けが悪くなるのでご注意を。
 
プラスチックの型に詰めた場合は、まな板などに打ち付けて取り出してくださいね。
 

雲平(うんぺい)

 

View this post on Instagram

 

おまぱんさん(@sweets_omaoma)がシェアした投稿


 
雲平は、砂糖と寒梅粉を混ぜてこね合わせた生地に着色し、型抜きで成形したもの。
 
厚さによって、ぱりんとした軽い食感にも、弾力のあるしっとりとした仕上がりにもできます。
 

【材料】(抜き型10個程度)
・粉砂糖…30g
・寒梅粉…6g
・50度ぐらいのぬるま湯…5cc
・片栗粉(打ち粉)…適量
・食用色素など…適量
 
【基本の作り方】
1. 粉砂糖と寒梅粉を合わせてふるいにかけ、ボウルに入れる。
 
2. 分量の水を少しずつ加えて混ぜ、ようやくまとまる程度になったら、なめらかになるまでこねる。

 
色を付ける場合は、色素を水に溶かしておいて混ぜます。
 
3. 片栗粉を薄く敷いたまな板の上に乗せ、麺棒で1~2mm程度に伸ばして好みの型で型抜きする。
 
4. バットに重ならないように広げ、余分な片栗粉は刷毛で落とす。そのまま二日程乾かして完成♪

 

おこし

 

View this post on Instagram

 

東保育園さん(@higashihoikuen)がシェアした投稿


 
日本で最も古いお菓子とされるおこしは、昔から縁起物としても親しまれてきました。
 
お米を加工したポン菓子などを飴で固めた素朴なお菓子です。
 
【材料】(10個分)
・ポン菓子またはコーンフレーク…150g
・水飴、米飴…100g
・塩(なくても可)…少々
・お好みできな粉やココア、青のり、胡麻など
 
【基本の作り方】
1. 水飴と塩を、鍋やフライパンで1~2分沸騰させる。(焦がさないように注意)
 
2. ポン菓子を加えて混ぜる。(青のりや胡麻を入れる場合はここで混ぜ合わせる)
 
3. オーブンシートに平らに伸ばし、粗熱が取れたら上からもオーブンシートをかぶせて押さえ、平らに成型する。
 
4. 食べやすい大きさにカットする。
 
5. お好みで、ビニール袋にきな粉やココアを入れ、おこしを入れて振って味をつける。

 

べっこう飴

 

View this post on Instagram

 

soeur*2 tomoさん(@soeur2_tomo)がシェアした投稿


 
お祭りの屋台などで見かけるきらきらしたべっこう飴。
 
蜂蜜色をした懐かしいあの味が、実は水とお砂糖だけでできてしまうのです。

 
【材料】(お弁当用アルミカップ約3個分)
・砂糖…大さじ4
・水…大さじ1
・アルミカップ、竹串
 
【基本の作り方】
1. 事前にアルミカップの下のほうに穴を開け竹串を挿しておく。

 

アルミカップ

出展:cookpad

 
2. 鍋に砂糖と水を入れかき混ぜる。
 
3. 鍋を揺すりながら、中火で蜂蜜色になるまで待つ。(箸などでかき混ぜない)
 
4. 竹串が隠れる量をアルミカップに流し込む。
 
5. 固まったらアルミを剥がして完成。

 
お好みで色をつけたり、中にアラザンを入れたりしても可愛いですよ。
 

煎餅(せんべい)

 

View this post on Instagram

 

Miyuki Mさん(@miyuki_mit)がシェアした投稿


 
子どもから大人まで、年代を問わず愛され続けるお煎餅。
 
残りご飯とレンジで、あっという間に香ばしいお煎餅の出来上がりです。
 

【材料】
・ご飯…適量
・ゆかり、おかか、ふりかけなどお好みの味付け
 
【基本の作り方】
1. 残りご飯にお好きな味を混ぜ込む。
 
2. オーブンペーパーの間にご飯を挟み込み、綿棒で薄く伸ばす。
 
3. 上側のオーブンペーパーをはがして、レンジで片面2分、裏返して2分程度加熱したら出来上がり♪

 

干菓子は手軽なおやつ

 

 

View this post on Instagram

 

和三盆専門店「わんさんぼん」さん(@wasanbon_wansanbon)がシェアした投稿


 
簡単にできて日持ちがよく、安心して食べることができる手作りの干菓子。
 
お子さんと一緒にアイデアを出し合いながら作るオリジナルの干菓子は、お腹も心も満たしてくれることでしょう。
 
今度の休日に、さっそく試してみてはいかがですか?