大阪で飴細工作り♪伝統工芸を体験しよう

 

食べるアート「飴細工」を作ろう


飴細工とは、熱した飴に細工を施して動物や草花などのモチーフを作る製菓技術のこと。
 
ポップで可愛らしい見た目をしたものが多く、小さな子どもからご年配の方までたくさんの人の目を楽しませてくれます。
 
西洋では洋菓子の飾りとして飴細工が使われることが多いのに対して、伝統工芸としての側面が強いのが日本の飴細工。

 


イベント会場や縁日などでの実演販売や、繁華街の大道芸で披露されることが多いです。
 
それゆえ、飴細工といえばプロが作るものというイメージがあるかもしれませんね。
 
けれども実は、飴細工作りを体験できる場所がたくさんあるのです。
 
今回は、飴細工作りにトライしたいという方に向けて、大都市・大阪を中心に体験教室やワークショップをご紹介。
 
一般の方向けに懇切丁寧に教えてくれるところばかりなので、飴細工に興味を持ったばかりの初心者さんでも安心ですよ。

日本一周した飴細工師から学ぶ体験教室


まず最初に、飴細工 寿庵(じゅあん)さんをご紹介。
 
大阪市浪速区にあるカフェ「ボン」を中心に、大阪のカフェやレンタルスペースで体験教室を開いている飴細工師です。
 
一回の体験教室は、一人2本作ることができて500円(+飲食代)。すべて合わせても1,500円前後とお手頃価格。お土産として、先生の飴細工を持ち帰ることもできますよ。
 
ほかにも、プロの飴細工師になるための講座「飴塾」も受付中とのこと。
 
ご自身のペースに合わせて学ぶことができるので、飴細工師になりたい方はぜひご検討してみてはいかがでしょうか。
 


寿庵さんは、2009年には飴細工を作りながら自転車に乗り、日本一周を果たすなどの活動もこなしていたほど精力的に飴細工を広めていました。
 
日本中をとりこにした飴細工師の技を間近で見るチャンス。
 
体験教室は比較的お手頃なので、詳しくはホームページを参考にしてみましょう。

女性飴細工師から学ぶ体験教室


現在、日本国内で数少ない飴細工職人。中でも、特に珍しいといわれる女性の職人が錦織恭(にしこりきょう)さんです。
 
錦織さんも、大阪を拠点として飴細工実演販売や体験教室など、飴細工作りを未来に残していくための活動をされています。
 
テレビや新聞などのメディアへの出演経歴もあり、若手ながらその実力は確かなもの。
 
昔ながらの風情あるモチーフはもちろん、女性ならではの感性でアニメキャラクターや大阪の名所などを再現した飴細工で有名なのだとか。
 


錦織さんの体験教室の依頼は、ホームページやお電話で予約制となっています。
 
オリジナル飴細工作品コースは、2時間で6,000円。アマチュアでも楽しむことができる内容です。
 
こちらでもプロになるためにイベント用飴細工作りなどの指導をしてくれるコースが用意されていて、そちらは約30回で30万円。
 
大人気の方なので、ご連絡はお早めに。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

子どもたちを中心に大人気の飴細工ワークショップ

View this post on Instagram

@case_.__._kがシェアした投稿


縁日や大道芸など、イベントのサポートを行う会社が(株)彩催(さいさい)
 
こちらの会社に在籍しているパフォーマーの中には、飴細工職人の方も。
 
彩催では、そんな飴細工職人の方によるワークショップが開催されることもあります。
 
小さなお子さん向けに、色つけやはさみを使った工作教室となっているので、家族連れでもワイワイ賑やかに飴細工を楽しむことができますよ。
 
彩催ではほかにも、おもちゃの工作や料理、手品などイベントにまつわる幅広いジャンルの教室を開催。
 
詳細はHPに掲載されているので、興味のある方はお電話やメールで連絡してみてはいかがでしょうか。

冷蔵庫はダメ!飴細工の保存方法


ご自身が丹精込めて作った、世界に一つだけの飴細工。
 
お持ち帰りの際も、ぶつかって壊れたりしないよう、気をつけて持ち運びましょう。
 
すぐに味わってみるのもいいけれど、せっかくなら出来るだけ長く保存したいと思う方もいるかもしれませんね。
 
飴細工を冷蔵庫で保存するのは、実はNG。
 
飴細工は湿度にとても弱いもの。冷蔵庫内の湿度によって、溶けやすくなってしまうのです。
 
適切な状態で保存できれば、夏場は1ヶ月、冬場は3〜4ヶ月保存することができますよ。

体験から広がる飴細工の世界


日本の飴細工は、江戸時代から続く歴史ある芸術作品。
 
その技術を後世に残そうとする飴細工師たちは「もっと飴細工に親しんでほしい」と願っているのです。
 
見て楽しい、食べて美味しい飴細工。遠方にお住まいの方でも、旅行などで大阪にお立ち寄りの際に、童心に返って体験してみてはいかがでしょう。
 
繊細で美しい飴細工の世界に浸ってみてくださいね。