習字や書道を始めるために。道具や筆の選び方の基礎知識

 

初めての道具選び

 


 
宅配便の送り状に宛名を書いたり、アンケートに記入したり…。ふとした場面でご自身の書いた文字が気になることはありませんか?
 
近頃では、「もっと綺麗な字を書きたい」「書の世界に親しみたい」と、習字や書道を始める方が増えています。
 
これから始めたいとお考えの方に、道具や筆の選び方の基礎知識をご紹介していきましょう。

 

習字と書道の違い

 


 
混同されがちな「習字」と「書道」ですが、二つの違いをご存知ですか?
 
習字とは読んで字の如く“字を習うこと”です。
 
小中学校の書写の授業のように、お手本通りに正しく美しい字を書くことが目的。
 
鉛筆やペンを使った硬筆やペン字も、こちらの習字に分類されます。
 


 
一方、書道とは“毛筆と墨を用いて自己を表現する芸術”
 
字を通して、自分の個性をどれだけ表現できるかが重要とされます。
 
綺麗な字を書けるようになりたいのか、より自由に毛筆による表現を楽しみたいのか、ご自身の目標を再確認しておきましょう。

 

文房四宝(ぶんぼうしほう)とは

 


 
書道を始めるために最低限必要なものを「文房四宝(ぶんぼうしほう)」といいます。
 
これは硯(すずり)・墨・紙・筆の四つの道具のこと。
 
それぞれに非常に多くの種類があるので、初心者さんにとってはご自身で選ぶのが難しいかもしれません。
 
できれば書道専門店に足を運んで、お店の方に相談するのがベスト。
 
ここでは各道具の基礎的な知識をご紹介しておきます。
 

硯(すずり)について

 


 
硯(すずり)とは、固形の墨をすって液体状の墨にするための道具。
 
材料は基本的に天然石ですが、プラスチックやセラミックで作られたものもあります。
 
天然石を彫って作られた硯は、墨をするのに適しており、硯の良し悪しが墨の出来を左右するといわれるほど。
 
ただし、石なので重さがあり持ち運びに不便なことや、落とすと割れてしまうといったデメリットもあります。
 
墨汁しか使用しないという方は、軽くて扱いやすいプラスチック製を選んでもいいでしょう。

 

墨について

 


 
墨には固形墨と液体墨(墨汁)の二種類があります。
 
固形墨の特徴は、硯を変えたり、墨をする際の力加減を変えたりすることで、ご自身の好みに合わせた墨色を作り出すことができるところ。
 
デメリットとしては液体墨より高価なことと、墨を作るまでに時間がかかることが挙げられます。
 


 
一方、液体墨の最大の利点は、硯に出してすぐに使うことができる点。
 
ただし長期保存のために添加されている薬品によって、筆を痛めやすいというデメリットも。
 
普段の練習用には液体墨、時間のあるときには固形墨というように、使い分けてみるのもいいかもしれませんね。
 

紙について

 


 
書道用の紙には様々なサイズがあります。
 
学校の書写でお馴染みの「半紙」とは、普通のB5サイズとほぼ同じ大きさの書道用紙のこと。
 
ほかにも、基準となる大きさの「全紙」や、書き初めに使われる「半切」、短歌などを書くための「短冊」などがあります。
 
どれを選ぶかは自由ですが、最初のうちは字のバランスが取りやすい半紙サイズがおすすめ。

 

筆について

 


 
書を始めるために欠かすことのできない筆。
 
ここではいくつかの条件に分けて、筆選びのポイントをご紹介します。

 

四徳(しとく)とは

 

筆を選ぶときのポイントは四徳(しとく)といわれ、四つの条件が揃った筆がいいとされています。
 
尖(せん)とは、筆の穂先が尖(とが)っていて、まとまりのあること。
 
斉(さい)とは、穂先が綺麗に整っていること。
 
円(えん)とは、穂が綺麗な円錐状になっていること。
 
健(けん)とは、穂に程よい弾力があり、しなやかであること。
 
これらを基本として、ご自身に合った筆を選びましょう。
 


 

穂の太さ

 
筆は、持つ部分(軸)の太さによって1~10号に分けられ、数字が小さくなるにつれて穂が大きく太くなります。
 
書初め用には1~4号の太筆が、半紙に書くのであれば、5~7号の中筆が最適。
 
名前などの小さな字を書くためには、8~10号の小筆を用意しましょう。

 

穂の長さ

 
穂の長さによっても書き味が変わります。
 
穂の長いものは草書や行書などの柔らかい字に、逆に短いものは楷書や写経に向いているといえます。
 
扱いやすさを重視する初心者の方は、穂が短めの筆をチョイスしましょう。
 


 

筆の原料

 
筆は動物の毛の種類によって、柔毛筆(じゅうもうひつ)、 剛毛筆(ごうもうひつ)、 兼毛筆(けんもうひつ)の三種類に分けられます。
 
剛毛筆に主に使われているのは、馬、イタチ、タヌキの毛など。
 
穂が硬く弾力があるため、楷書などの力強い字を書くことに適しています。
 
一方で、ヤギや猫などの柔らかい毛が用いられた柔毛筆は、草書体や行書体のような、なめらかな字を書くために最適。
 


 
初心者におすすめしたいのは、 剛毛と柔毛を組み合わせて作られた兼毛筆。
 
穂が硬すぎず柔らかすぎず、一本で様々な書体を書き分けることができる万能な筆といえます。

 

文鎮(ぶんちん)と下敷き

 


 
ほかにも揃えておくと便利なものが二つあります。
 
一つ目は、紙をおさえるための文鎮(ぶんちん)
 
紙を固定するための重しで、大きさも形も様々。
 
最初は短いサイズが二本組になっている文鎮を選び、紙の上にハの字型に置くと書きやすいですよ。
 
二つ目は、書道用の下敷き
 
裏に滑り止めがついたものや、罫線が入ったものもありますが、いずれにしても2mm以上の厚さのものを選びましょう。
 

書に親しむ

 


 
ゆっくりと時間をかけて墨をする。
 
筆先に集中して一本の線を引く。
 
心静かに書に親しむ時間は、気持ちを穏やかに整えてくれる贅沢なひとときです。
 
この機会に、ぜひ書道を始めてみてはいかがでしょうか♪