ペン字の練習に最適!ボールペン文字が上手くなるおすすめの本5冊

 

字が上手くなりたい!始めるならペン字?習字?

 

 
最近はパソコンやスマホの普及により、手書きの文字を書く機会も少なくなってきていますよね。
 
また、コミュニケーションはメールやSNSでとるという方も多いため、手紙などを書くこともあまりないかと思います。
 
しかしそれでも、挨拶状や冠婚葬祭の場などでは、手書きの文字を書かなければならない場面もまだまだあります。
 
そんなとき、普段から書き慣れていないためきれいな字が書けなくて困ったということはありませんか?
 
「字は体を表す」とも言われるほど、その人の人柄が出ると言われています。
 
例えば雑な字を書く人は大雑把に見られてしまったり、逆に丁寧な字を書く人は真面目そうに見られたりするということです。
 
それならば、きれいな字を書いて相手に良い印象を与えたいと思いませんか?

 

 
字が上手くなりたいと思ったときに、習字かペン字を始めてみようかと思う方が多いのではないでしょうか。
 
筆を使って文字を書く習字ですが、ご祝儀袋などに筆ペンで美しい文字を書けたらとても格好いいですよね!
 
しかし、字が上手くなるのを目的とするなら、習字よりもペン字から始めるのがおすすめ。
 
日常生活ではペンの方が使う頻度が圧倒的に高いからです。

 

View this post on Instagram

意外と楽しいなこれ。 #ボールペン字 #手書き #練習 #練習帳

Shingo Higanoさん(@shingohigano)がシェアした投稿 – 2019年 1月月19日午前5時26分PST

 
それではいよいよペン字を始めよう!と思ったときにはどうすればいいのでしょうか。
 
ペン字は通信講座でも習うことができ、人気となっています。
 
字に自信がないうちは見せるが少々恥ずかしいという方もいますが、添削してもらうと自分の癖がわかりどんどん上達していくのが嬉しいですよね。
 
コメントをもらえるととても励みになったりもします。
 
しかし続けるのが面倒だったり、お金がかかることを気にしてなかなか手が出せないという人が多いのも事実です。
 
そんな方は、まずは本を買って独学で練習してみませんか?
 
独学と言っても、最近のペン字の本は直接書き込めるタイプのものも多く、お手本をなぞって書くだけでもめきめき字が上手くなると言われています。
 
それではペン字が上手くなるおすすめの本をご紹介していきます!
 

30日できれいな字が書けるペン字練習帳

 

View this post on Instagram

@yu_ki.0903がシェアした投稿 – 2017年 1月月13日午後9時35分PST

 
美文字ブームの火付け役ともいわれる書道家・中塚翠涛先生の著書。
 
テレビ番組に出演されていたこともあるので、見たことがあるという方もいるのではないでしょうか。
 
そんな中塚先生が30日できれいな字が書けるように特別レッスンをしてくれるのがこの本です。
 
ひらがな・カタカナ・数字・アルファベットの基礎をなぞり書きから練習することができます。
 
基礎の練習が終ったら住所や氏名、領収書、履歴書、祝儀袋などの実践的な練習もでき、日常的によく使う文字を幅広くカバーしてくれる一冊です。
 

こんな人におすすめ

 
30日で一冊が終るので、毎日少しずつ練習したい方におすすめ。
 
一冊終った時の達成感がたまりません♪
 
価格も安いため、とりあえずペン字を始めてみたいという方も手が出しやすいのではないでしょうか。
 
これからペン字を始めたいという方は、まずはこちらを買ってみてください。
 

U-CANのもっと!ボールペン字練習帳

 

 
通信講座でも有名なユーキャンが、長年培ったノウハウやメゾットを惜しみなく詰め込んだ一冊。
 
よく使う字をもっと練習したい!という声に応えて編集されているため、ひらがなや基本の漢字、手紙・はがき・年賀状・祝儀袋にポイントが絞られています。
 
特にひらがなは文章の70%を占めると言われているので、字のバランスや大きさ、配置を意識して書くと格段に字がきれいに見えちゃいます!
 

こんな人におすすめ

 
特にひらがなの練習をしたいという方におすすめ。
 
サイズの違う欄に1つの文字を16回練習できるので、たくさん練習したいという方にはピッタリです。
 

社会人のための 仕事に効く!3週間ペン字レッスン

 

 
ビジネスシーンに特化したペン字練習の本です。
 
パソコンが普及しているとはいえ、まだまだ仕事中に手書きで文字を書くことも多いですよね。
 
この本ではあて名や伝票、受付簿や履歴書など、仕事の中で手書きで文字を書くことの多い文章を練習することができます。
 
さらに、メモや付箋、一筆箋、送付状、お礼状など、できるだけ実寸大で練習できるので、実際の感覚をつかみやすいのも嬉しいポイントです。
 

こんな人におすすめ

 
こちらの本は3週間という短めの期間が設定されているので、とにかく忙しい方におすすめ。
 
職場で書いた自分の字が、なんだかくせ字や子供っぽい字でビジネスシーンにふさわしくないような気がすることはありませんか?
 
そんなときでもこの本で練習を重ねれば、きっと自分の字に自信が持てるようになりますよ♪
 

DVDですぐ上達!10日で「美文字」が書ける本

 

 
「美文字王子」の愛称でメディアでも活躍されている青山浩之さんの著書。
 
一番の特徴は何といってもDVDが付いていること。
 
テキストとDVDを見ながら練習を進めていきます。
 
ただお手本をなぞるだけではなく、文字のルールについてしっかりと学ぶことができます。
 
まずはペンの持ち方からレッスンが始まるので、まったくのゼロからペン字を始めるという方も大丈夫です。
 

こんな人におすすめ

 
本をなぞるだけで本当に字が上手くなるのか不安な方、これまでペン字の本を買って練習してみたけどいまいち効果を得られなかった方などにおすすめです。
 
本だけで学ぶよりも、DVDがあったほうが実際のペンの動きも見ることができるので簡単ですよね!
 
反復練習しただけではなかなか上達しないという方も、文字を書く時のルールを知って書くとどんな文章を書く時にも活かすことができます。
 
10日間で終わるので、短期集中して練習したい方にもおすすめです。
 

歌謡曲でペン字練習帳

 

 
テレビドラマの書道シーンの手元吹き替えなどでも活躍する書道家・鈴木暁昇さんの著書。
 
90年代を中心とした、誰もが知っているヒット曲の歌詞を書いて練習していきます。
 
歌詞内に英語が出てくる歌はアルファベットの練習にもなりますよ!
 
口ずさみながら書くもよし、曲を聴きながら書くもよし、とにかく楽しみながら練習できる一冊です。
 

こんな人におすすめ

 
飽きっぽくて、ペン字を始めても三日坊主になってしまうという方におすすめです。
 
実用的なペン字の練習に飽きてしまったという方も、気分転換にこちらの本も練習してみてはいかがでしょうか。
 
楽しい歌の歌詞を書き写すとストレス解消にもなり、元気ももらえちゃいますよ!
 
楽しく文字を書いているうちに字もきれいになったら一石二鳥ですね♪
 

さらに字が上手くなるために揃えたい道具

 

 
お気に入りのペン字の本を手に入れたら、次に準備するのがボールペンです。
 
ボールペンと言ってもインクの種類やグリップの質感など、その種類は様々。
 
ペン字を練習するなら紙に引っかかることなくなめらかに書けるボールペンがおすすめ。
 
そして太さは普段使われることが多い0.5mmより少し太めの0.7mmくらいがおすすめです。
 
文房具店に行って試し書きをしてみて、自分が書きやすいと思うボールペン見つけてくださいね!
 

 
それからあると便利なのが下敷き。
 
硬筆用のソフト下敷きというものがあるのでそちらを使ってみてください。
 
くにゃっと曲がる下敷きで、筆圧の調節をしてくれ、指先が疲れにくく線もかすれにくくなるのでペン字の練習に活躍してくれますよ!
 

自分に合った一冊を選んで美文字を目指そう

 

 
ペン字の本といっても目的や練習量などによって種類はたくさんあります。
 
まずは、自分がどんな風に上達していきたいのか目標を立ててみるといいかもしれません。
 
ひらがなが上手くなりたい、手紙やはがきをきれいな字で書きたい、ビジネスシーンでも恥ずかしくない字を書きたい、早く上達したい…
 
などなど、みなさんそれぞれ目指すところがあるのではないでしょうか。
 
上手な文字を書くコツをもっと知りたい!という方はこちらもおすすめ。
 
難しい漢字や、文字のバランスの取り方まで、人気書道家の先生直伝の方法をレクチャーしてもらえますよ♪
 
美文字を書くためのポイントを実際に見て学べば、さらに上達も早いはず。
 
こうしたレッスンを上手に利用しながら、自分に合った本で練習すれば、目標の達成もぐんと近づくでしょう。