年賀状をボールペンで書きたい!気をつけることは?

年賀状、手書きがいいけど筆や筆ペンはハードルが高い…


 
もうすぐ年末!お正月に向けて、そろそろ年賀状の準備を始める方も多いのではないでしょうか。
 
パソコンで作成する方が増えている近頃ですが、今年はあえて手書きで作成してみませんか?
 
「でも、筆や筆ペンで書くのはハードルが高い…」という方は、ボールペンを使いましょう♪
 
今回はそんな方に向けて、年賀状をボールペンで書くときに気をつけるポイントをご紹介していきます。
 

ボールペンで年賀状を書いてみよう

 

そもそも、年賀状はボールペンで書いてもいいの?


 
年賀状をボールペンで書く上でまず疑問に思うのが、「そもそもボールペンで書いても大丈夫なの?」ということ。
 
元々ボールペンは事務用の筆記具として利用されていたもので、手紙や年賀状を書く際に用いられることはありませんでした。
 
しかし、ボールペンの用途は徐々に多様化していき、現在では様々なことに利用されるように。
 
一般的に新年のお祝いを表す年賀状には、ボールペンのような細い字より毛筆などの力強く太い字の方が縁起がいいと言われていますが、ボールペンで書く人も増えてきました。
 
しかし中には、もしかすると「年賀状にボールペンを利用するのは良くない」という、マナーやしきたりを大切にする方もいらっしゃるかもしれません。
 
そのため絶対にボールペンを使ってはいけないというわけではありませんが、なるべく目上の方やお仕事関係の方は避けて、親戚やご友人に限定したほうが無難。
 
目上の人やお仕事上関係の方に送る際は、筆ペンやサインペンなど、なるべく太く濃いものを選びましょう。
 

書き間違えてしまったときはどうするの?


 
それでは、もし書き損じてしまったときはどうすればいいのでしょうか。
 
手書きならではの悩みですが、ここは少し面倒であっても新しく書き直すのがベスト。
 
修正テープや二重線で消したくなりますが、年賀状は一年の始まりの挨拶です。
 
今後もお相手と良好な関係を築いていくためにも、書き直すことが誠意ですね。
 

どんなペンで書けばいいの?


 
次に、使用するボールペンの種類について。
 
年賀状は基本的に、水性ペンや消せるボールペンの使用はNGです。
 
これは、配達時の天候などによって文字が消えてしまう可能性があるため。
 
それでは、どのようなボールペンを使用するのが望ましいのでしょうか?
 
年賀状を書くのに適したボールペン(サインペン)をいくつかご紹介していきます♪
 

年賀状におすすめのボールペン(サインペン)


 
・PILOT 宛名書きペン M ブラック MNA12MB
 
http://www.pilot.co.jp/products/pen/sign_marker/oil_based_aqueous/atenagaki_tough/
 
まず始めにご紹介するのは、PILOTの『宛名書きペン M ブラック MNA12MB』。
 
こちらは、ボールペンでありながら太くしっかりした字を書くことのできる優れもの。
 
年賀状だけでなくレターパックの宛名書きなど、普段使いもできそうです。
 
・ZEBRA 筆サイン中字
https://www.zebra.co.jp/pro/fudesign/index.html
 
続いて、ZEBRAの『筆サイン中字』。
 
こちらはボールペンではなくサインペンですが、手軽に筆のような字を書くことができるのでおすすめ。
 
「筆や筆ペンは使い慣れていない…」とお困りの方でも、目上の方やお仕事関係の方に使うことができそうです。
 
・トンボ鉛筆 筆之助
https://www.tombow.com/products/fudenosuke/
 
最後にご紹介するのは、トンボ鉛筆の『筆之助』。
 
こちらもボールペンではありませんが、筆文字に近いサインペンとして優秀な一本。不慣れな方でも簡単に綺麗な筆文字を書くことが可能です。
 
宛名や住所をまっすぐ書くのに役立つお助けプレートも付属しているため、年賀状を書く際にはうってつけの商品です。
 

マナーを守って、気持ちのこもった年賀状を送りましょう♪


 
今回は、年賀状をボールペンで書くときに気をつけることについてご紹介してきました。
 
古くから新年の挨拶として親しまれている年賀状。
 
新たな一年の始まりには、心のこもった手書きの年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。
 
お相手と良好な関係を築いていくためにも、マナーを守った新年の挨拶を心がけましょう♪