名古屋でお洒落なボールペン・万年筆を買うのにおすすめの文房具・雑貨屋さん7選

新しい文房具で気持ち、ワクワク。

 

ぴかぴかに光るランドセルの横に添えられた筆箱と鉛筆。

 

小学校の入学祝いに初めて自分用の筆記用具を与えられ、とても喜んだ思い出がある方は少なくないはずです。

 

新品のアイテムはいくつになっても人の心を興奮させる魅力を持っていますが、文房具もそのようなアイテムの一つ。

 

「就職以来、新しいペンを購入していない」
 
「最近は手書きをする機会もほとんどない…」
 
そんな方も、大人になった今だからこそ、子どもの頃とはまた違う「新しい文房具を手にする楽しみ」を味わうことができるかもしれませんよ。

 

今回は、お洒落で実用的なボールペンや万年筆が見つかる名古屋でおすすめの文房具屋さんを、雑貨屋さんと併せてご紹介していきます。

 

名古屋ででおすすめの文房具・雑貨屋さん7選

三光堂

 

むらいさん(@magmog21)がシェアした投稿

 

東区の大曽根駅から徒歩6分と便利な場所にある三光堂は、今年で創業90周年を迎える文房具の老舗。

 

お店の入り口はごく普通の「町の文房具屋さん」ですが、一歩中足を踏み入れると、そこは高品質ペンの宝庫。お店が厳選した筆記用具の数々が所狭しと並んでいます。

 

国内外の有名ブランドもさることながら、三光堂オリジナルの文房具も用意されており、文房具好きには堪らない空間が広がっています。

 

定期的に筆記用具のイベントも行われていますので、これから高品質のペンを探そうと考えている方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ペンランドカフェ

 

Y. Asanoさん(@yo.asano)がシェアした投稿

 

中区大須にあるペンランドカフェは万年筆の修理、販売を行っているお店です。

 

新品はもちろんのこと、世界各国のヴィンテージ万年筆まで取り扱っている点は、専門店ならではと言えるでしょう。

 

また、店内にはカフェも併設されていますので、お散歩帰りに気軽に立ち寄ることができるのも嬉しいですね。
 
図書館にも似た、落ち着いた雰囲気の中で一休みする瞬間は…まさに至福の時。

 

セアン

 

FRECKLEさん(@freckle_ono)がシェアした投稿

 

中区栄の矢場町を歩くと、白壁がお洒落なお店に遭遇します。その名もセアン。ヨーロッパの文房具を中心とした生活雑貨を取り扱っているお店です。

 

商品の中にはバッグやカメラもあるので、何度訪れても飽きがこない、豊富なラインナップを眺めることができます。

 

筆記用具を購入するついでに、ゆっくりプライベートの時間を楽しむための生活雑貨も新しく取り入れてみてはいかがでしょう?

 

丸善文具店

 

maruzen_bunguさん(@maruzen_bungu)がシェアした投稿

 

中区千代田、鶴舞駅から徒歩7分の場所に位置する丸善文具店は今、少しずつファンを増やしている文房具店です。

 

木の温もりが感じられる店内にはカラーペンや鉛筆をはじめとすつ文房具がズラリと並び、選ぶのには困りません。紙類も豊富に用意されているので、気に入った便箋やノートとセットで購入したくなるかもしれませんね。

 

毎日気軽に使うことができるペンをお求めなら、きっとこちらのお店で見つけることができるでしょう。

 

リブレット ナゴヤ

 

出典:Pathee

 

「本のある暮らし」をテーマにした名古屋発の書店であるリブレット ナゴヤでは、お洒落で機能的な文房具も取り揃えています。

 

その他の雑貨も販売されているので、ギフト選びにもおすすめのお店と言えます。

 

気になっていた文庫の新刊を購入する際、ついでに立ち寄った文具コーナーで出会ったそのペンが、あなたの「運命の一本」かもしれません…!

 

世界堂 名古屋パルコ店

 

出典:世界堂

 

画材と文房具の大型専門店チェーン、世界堂の名古屋パルコ店なら画材をはじめ、多種多様な筆記用具が手に入ります。

 

リーズナブルな価格のものから書き味を追求した本格派のペンまで…世界堂ならお気に入りの一本がきっと見つかるはず。

 

パルコに入居している店舗なので、お洋服などのショッピングのついでに立ち寄ってみるのもいいですね。

 

ミャウエン

 

ねむさん(@nemui404)がシェアした投稿

 

中区の大須商店街に店を構える雑貨店、ミャウエンもお洒落な文房具を取り揃えているお店の一つです。

 

店内にどこか懐かしい雰囲気を感じるのはレトロな商品が多いから。海外の製品の他にも、日本で70年代~80年代に人気を博した文房具もあるので、見ているだけで子どもの頃にタイムスリップしたような感覚に包まれます。

 

「大人向けの、それなりに高品質なペンもいい。だけど、遊び心があるものも捨てがたい」と考えている方は、ぜひ一度店内をご覧あれ。

 

新しいペンで気持ちも新たに

 

 

入学祝いや卒業祝いにペンが選ばれることが多いですが、それは新しい文房具で「次なる目標に向かうために努力してほしい」という贈り主からの思いが込められているからかもしれません。

 

転職や仕事での昇進、もしくは気持ちの仕切り直しを迫られているときにも、新しい文房具はきっとあなたの背中を押してくれるでしょう。

 

文房具を新調する喜び、素敵な文房具を手にする喜びを、ぜひ名古屋で体験してみてください♪