初心者必見!筆ペンの選び方とは?穂先とインクの種類と違い&使い方

選び方のポイントは2つ!筆ペン選びの極意とは?


お店で筆ペンを購入しようと思っても、「どれを選べばいいのか分からない…」と悩んでしまうことってよくありますよね。
 
ご自分の目的に合った筆ペンを選ぶときのコツは、穂先の形とインクの種類の2つに着目すること。
 
そこでこの記事では筆ペン選びに欠かせない、穂先の形やインクの特徴について詳しくご紹介。ぜひ困った時の参考にしてみてください。

 

穂先の形状は3種類♪各筆先の特徴と適した用途は?


 
筆ペンには大きく分けて、硬筆タイプ・軟筆タイプ・毛筆タイプの3種類が存在します。
 
それぞれの特徴をご説明するので、ご自身に合った筆ペンを見つけてみてくださいね。
 

硬筆タイプ

 


 
まず最初にご紹介するのは、初心者の方におすすめの「硬筆タイプ」の筆ペン。
 
芯材が硬く、サインペンに近い書き心地となっています。
 
筆ペンの先がフニャリとならない硬い書き心地なので、筆圧の強さ弱さに関係なく太さを維持できるのが特徴。
 
比較的簡単にはね・はらいのしっかりとした筆文字を書くことができ、年賀状、ご祝儀の表書き、招待状の宛名など、あらゆるシーンで使いやすいタイプです。
 

軟筆タイプ

 


 
次にご紹介するのは、「軟筆タイプ」の筆ペン。
 
穂先はウレタン素材で、柔らかいスポンジのような感触をしています。
 
こちらもサインペンのような書き心地ではありますが、太い線が描きやすいため、はねやはらいをしっかり表現することができます。
 
また、広い面を黒く塗りつぶすべた塗りという作業の際に使われることが多く、イラストを描く際にも重宝されています。
 

毛筆タイプ

 
最後にご紹介するのは、「毛筆タイプ」の筆ペン。
 
穂先はナイロン素材で、最も筆に近い書き心地。力の入れ方で、はねやはらいを自在に表現することができます。
 
ただし、硬筆タイプや軟筆タイプのようにサインペンのような感覚で書くことはできません。
 
使いこなせるまでには時間が必要なので、初心者というよりは普段から筆に慣れている方におすすめのタイプといえるでしょう。
 

筆ペンのインクは2種類!濃さの違いや特性は?


 
筆ペンのインクには、染料インクと顔料インクの2種類があります。
 
ここからは、それぞれの特徴について詳しくご紹介していきましょう。
 

染料インク


 
染料インクは、伸びと発色の良さが魅力です。さらさらした液状ですべりがいいインクなので、初心者の方にはこちらのタイプがおすすめです。
 
しかし乾くのに時間がかかるため、紙質によってはにじんでしまうという欠点も。和紙のような薄い紙にはにじんでしまう可能性が高いです。
 
加えて、長時間光に当てると色褪せてしまうこともありますが、ハガキやのし袋などに文字を書くだけであれば、染料インクでも問題ありませんよ♪
 

顔料インク


顔料インクには、にじみにくく耐光性や耐水性があるという特徴があります。しかし、染料インクに比べてインクの粘度が高いため、すべりはあまり良くありません。
 
まったくの初心者の方であれば、ある程度筆ペンに慣れてから使うことをおすすめします。
 
にじみにくいタイプなので、インクが多めに出てしまっても大丈夫。
 
また色褪せもしにくいので、画材として筆ペンを使用する場合は顔料インクを選ぶといいでしょう。
 
コンビニや小さな文房具コーナーなどでは取り扱いがない場合も多いので、手軽さという面では染料インクに劣ります。
 

いざ筆記!筆ペンを使うときの持ち方や姿勢は?


筆ペンを始めるための道具が揃ったら、いよいよ実際に書く段階へ。
 
美しい文字を書くために心がけるべきことは、筆ペンの「持ち方」と「姿勢」です。
 
ここからはその2つのポイントについて、詳しく見ていきましょう。
 

筆ペンの正しい持ち方

筆ペンを正しく持つためには、まず親指を真っ直ぐ伸ばし、第一関節を筆ペンの軸にあてます。
 
このとき親指は、筆ペンを支えるだけでOK。
 
続いて人差し指を、筆ペンの軸に対して平行に添えます。そして人差し指と中指で筆ペンを挟み込むように持ちましょう。
 
正しいフォームでペンを持ったら、小指側の手首の付け根を机に固定します。
 
持つときのコツは、筆ペンを中心軸として、親指・人差し指・中指で三角形のような形をつくること。
 
そうすることで均等に力が加わり、筆ペンを自由に動かすことができるようになりますよ。
 

筆ペンで文字を書く時の姿勢

 
筆ペンで文字を書くにあたっては、身構えも大切。正しい姿勢と気をつけるべきポイントは、以下の3つです。
 
・背筋をピンと伸ばす
・握りこぶし一つ分の隙間をつくる
・足を軽く広げる

 
背中を丸めて書くと、腕が自由に動かせず、書いた文字の全体像がよく見えません。
 
姿勢が傾くことで、視点と一緒に文字の中心もずれていくので、文字自体も傾いていってしまいます。
 
このとき、自然と背筋が伸びる高さのデスクで書くことがベスト。
 
お腹と机の間、背中と背もたれの間に握りこぶし1つ分のスペースを空けると、自然な構えができるようになりますよ。
 
足を軽く広げて姿勢を安定させ、足の裏をしっかりと床につけて書き始めましょう。

 

文字のリズムや書く時の速度も習得したいときは?

 


いざ筆ペンで文字を書き始めると、ついついこんなことで悩みがち。
 
「文字を書くときの速度が分からない」
「とめ・はね・はらいのリズムが分からない」
 
そんな時は、インスタでも人気の著名な先生からペン字の基本を直接学んでみましょう♪
 
最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、硬筆と毛筆の各ひらがな50音の書き方を、まるごと定額でマスターいただけます。
 
テキストでは分かりにくいペン先の動きも、動画レッスンなら何度も繰り返し巻き戻して確認OK。
 
先生の手元をアップで見ながら一緒に練習できるので、簡単にコツを掴んで早く上達できますよ♪
 


ただいまMIROOMでは期間限定で、月謝会員に登録した方を対象に練習シート&TOMBOW ABTマーカー2色(¥1,000相当)が送料込み¥780で購入できる「レタリングスターターセットキャンペーンを実施中
 
ペン字と一緒にモダンカリグラフィーも習得できるので、SNS映えするようなアルファベットもスラスラ~っと書けるようになるはず。
 
「おトクに楽しく美文字を身に付けたい!」という方は、ぜひこの機会にふるってご参加くださいね!
 
なおご希望の方は、必ずレタリングスターターセットキャンペーンの専用ページからお申込みをお願いいたします♪
 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題。
 
人気のペン字やカリグラフィーだけでなく、ヨガやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

筆ペン1本あれば手書きの文字を自在に楽しめる!


今回は筆ペン選びに悩んでいる方に向けて、穂先の形やインクの種類、書く時のコツやポイントを一挙にご紹介しました。
 
色も種類もバリエーション豊かな筆ペンは、一本で多彩な表現が可能な万能アイテム。
 
こちらの様に、さまざまなフォントをお手本におしゃれなアルファベット書体を練習してみるのもいいですね。
 
ぜひこの記事を参考にご自身にぴったりの筆ペンを選んで、筆文字に親しむ暮らしを始めてみてはいかがでしょう♪