筆ペンの濃墨と薄墨、どう使い分けるの?活用方法とおすすめ商品8選

筆ペンの濃墨と薄墨ってどう活用すればいいの?


年賀状の宛名や時候の挨拶、のしやご祝儀袋を書く際にも重宝される「筆ペン」。
 
そのインクには、通常の濃墨(こずみ)と薄墨(うすずみ)の2種類があることをご存じでしょうか?
 
今回は、筆ペンの活用方法とおすすめ商品を8種類ご紹介。
 
日常的に活用する機会も多いので、筆ペンのインクの正しい使い分けを知っておくといざという時にも必ず役立つはず♪

 
まずは筆ペンを使うシーン別に、濃墨と薄墨の使い分け方についてご説明しましょう。
 

筆ペンを使う場面と濃墨と薄墨の使い分け方

 
では、実際に筆ペンを使用するのはどのような場面なのでしょうか?
 

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭


 
筆ペンを使う場面と聞いて一番最初に思い浮かぶのは、やはり冠婚葬祭

 
一般的に結婚式やお葬式では、行事の内容よって濃墨と薄墨の2種類を使い分けるルールがあることをご存知ですか?
 
まず濃墨は、一般的に慶事用とされています。
 
反対に薄墨は、弔事の際に使用。
 


「悲しみの涙で墨も薄まる」という気持ちから、香典は薄墨で書くことが古くからの慣習となっています。
 
なお法事において薄墨を使うケースは、お通夜・告別式・初七日のみ。
 
とは言っても京都ではお通夜も告別式も濃墨を使用するなど、地域ごとにルールが異なる場合もあるので事前の確認が必要です。
 
また四十九日や一周忌、三回忌には濃墨を使いますが、一般的には「事前に決まっている弔事には濃墨を使う」と覚えておくと良いでしょう。

 

ゆる文字アートやブラッシュカリグラフィー


筆ペンを使う場面は、冠婚葬祭だけではありません。
 
ゆる文字アートブラッシュカリグラフィーを楽しむ際にも、筆ペンは大活躍します。
 
ゆる文字とは、自由なスタイルの筆文字で書かれた温かみのある文字のこと。
 
筆ペンに強弱をつけながら書くやわらかい文字を、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか?
 


またブラッシュカリグラフィーとは、近年大人女子の趣味として、SNSを中心に話題となっている筆ペンアートのこと。
 
カラフルな色で描くのもいいですが、あえて白黒のイラストにして味を出すのも魅力的です。
 
濃墨で軸となるイラストを、薄墨で背景や陰影をつけると、さらにクオリティーがUP♪
 
濃墨と薄墨だけでなく、カラー筆ペンもミックスしながらうまく使い分けると、驚くようなアート作品も簡単に描けてしまいます。
 
「どんなふうに書くの?」と気になった方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。
 

濃墨のおすすめ筆ペン4本

 


ここまで筆ペンを使用するシーンとその活用方法についてお伝えしてきましたが、続いては、濃墨と薄墨のおすすめ筆ペンを全部で8本ピックアップ。
 
まずは、濃墨の筆ペンを4本ご紹介します。
 

呉竹 筆ペン 万年毛筆 卓上 8号

 
濃墨で最初にご紹介するのは、呉竹の『万年毛筆 卓上 8号』。
 
カートリッジ式の筆ペンで、さらに替えのカートリッジもついているため、かなり経済的。
 
復元性・耐久性ばっちりな穂先は柔らかくしなるので、細い文字もすらすらと書くことができます。
 
写経に使用されている方も多いのだそうですよ。
 
■参考:呉竹 筆ペン 万年毛筆 卓上 8号 DP150-8B|Amazon

 

ゼブラ 筆ペン 太・細 両用

 
2本目にご紹介するのは、ゼブラの『太・細 両用 FD-501』。
 
この一本で太い文字も細い文字も書くことができます。
 
ご祝儀袋に書き入れる際には、表面は太いペン先で、裏面は細いペン先で…と書き分けることが可能。
 
冠婚葬祭用として、ご家庭に1本用意しておくと便利です♪
 
■参考:ゼブラ 筆ペン 太・細 両用 FD-501|Amazon

 

ぺんてる 筆ペン ぺんてる筆 中字

出典:Amazon

3本目は、ぺんてるから発売された『ぺんてる筆 中字 XFL2L 黒』。
 
毛筆ならではのしなやかな書き心地を実現したこちらの筆ペンは、大きくて太い文字もかすれずに書ける優れもの。
 
インクジェット紙にも使用可能なため、写真用はがきなどに書き込んでもOK。
 
年賀状の宛名書きにも活躍すること間違いなしです。
 
■参考:ぺんてる 筆ペン ぺんてる筆 中字 XFL2L 黒|Amazon

 

あかしや 筆ペン 新毛筆

 

出典:Amazon

4本目の濃墨筆ペンは、あかしやの『新毛筆 SA-300』。
 
こちらは300年以上の伝統ある筆専門メーカーが発明した本格的毛筆タッチの筆ペンで、コシが強く、とめ・はね・はらいが見事に表現できます。
 
また、穂先のコシが強いことも特徴的。
 
こちらは筆ペンを使い慣れていない初心者さんにも優しい、書きやすい筆ペンです。
 
■参考:あかしや 筆ペン 新毛筆 SA-300|Amazon

 

薄墨のおすすめ筆ペン4本

 


続いては、薄墨の筆ペンを4本ご紹介しましょう。

 

ぺんてる 筆ペン ぺんてる筆 うす墨

 
最初の1本目は、ぺんてるから発売されている『ぺんてる筆 うす墨 XFL3L』。
 
書きやすさのすべてが揃った筆ペンで、価格もリーズナブルです。
 
一般的には薄墨を使用するのはご不幸が訪れた時ですが、筆ペンアートを描く際などには使い勝手抜群。
 
■参考:ぺんてる 筆ペン ぺんてる筆 うす墨 XFL3L|Amazon

 

呉竹 筆ペン 美文字 完美


 
続いての2本目は、呉竹から発売された『美文字 完美王 XO50-091S うす墨 毛筆中字』。
 
適度な量のインクが自動的に流れ出るので、従来の筆ペンのようにカートリッジを押してインクを押し出す必要がない商品です。
 
インクのボタ落ち、泡の破裂やインクのかすれなどが改善され、完全リニューアル。冠婚葬祭や写経の際にも重宝する一品ですね。
 
■参考:呉竹 筆ペン 美文字 完美王 XO50-091S うす墨 毛筆中字|Amazon

 

あかしや 筆ペン 新毛筆 うす墨

 


薄墨筆ペンの3本目は、あかしやの『新毛筆 うす墨 SG-300』。
 
先ほど濃墨でご紹介したあかしやの商品の薄墨バージョンです。
 
上品な色合いの薄墨なので、カリグラフィーを楽しむときなどにいかがでしょう?
 
■参考:あかしや 筆ペン 新毛筆 うす墨|Amazon

 

トンボ鉛筆 筆文字サインペン 筆之助 慶弔ツインSパック

 

最後にご紹介するのは、トンボ鉛筆の『筆文字サインペン 筆之助 慶弔ツインSパック GCD-121 墨&うす墨』。
 
こちらは1本に濃墨と薄墨の2種類が搭載されています。
 
「冠婚葬祭にためにわざわざ筆ペンを買い分けるのが面倒…」という方にもおすすめの商品ですよ。
 
■参考:トンボ鉛筆 筆文字サインペン 筆之助 慶弔ツインSパック GCD-121 墨&うす墨|Amazon

 

筆文字やゆる文字、カリグラフィーをマスターするには?

 


ここまでおすすめの筆ペンをご紹介してきましたが、いざ実際に書くとなるとなかなか上手く書けないものですよね。
 
「筆文字やゆる文字の書き方を見て覚えたい」
「ブラッシュカリグラフィーにもトライしてみたい」
 
そんな時は、インスタでも話題の著名な先生から筆ペンの書き方を直接学んでみましょう♪
 
最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、毛筆や硬筆、ブラッシュカリグラフィーや水彩画までまるごと定額でマスターいただけます。
 
テキストでは分かりにくいペン先の動きも、動画レッスンなら何度も繰り返し巻き戻して確認OK。
 
先生の手元をアップで見ながら一緒に練習できるので、簡単にコツを掴んですぐに実践できますよ♪
 


ただいまMIROOMでは期間限定で、月謝会員に登録した方を対象に練習シート&TOMBOW ABTマーカー2色(¥1,000相当)が送料込み¥780で購入できる「レタリングスターターセットキャンペーンを実施中
 
ペン字と一緒にモダンカリグラフィーも習得できるので、SNS映えするようなアルファベットもスラスラ~っと書けるようになるはず。
 
「おトクに楽しく美文字を身に付けたい!」という方は、ぜひこの機会にふるってご参加くださいね!
 
なおご希望の方は、必ずレタリングスターターセットキャンペーンの専用ページからお申込みをお願いいたします♪
 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題。
 
人気のカリグラフィーから、絵画&イラストやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

シチュエーションに合わせて筆ペンを使いこなそう!


今回は、筆ペンの濃墨と薄墨の使い分けについてご紹介してきました。
 
最近は手書きの機会が少なくなったとはいえ、冠婚葬祭で誠意を伝えるときなどに、ぜひ利用したいもの。
 
「手書きで気持ちを伝えたいけど、本物の毛筆はなかなかハードルが高い!」
 
そんな方はぜひこの記事をご参考に、濃墨と薄墨を使い分けて、筆ペンを使いこなしてみてくださいね♪