一度は使ってみたい!文豪が愛した万年筆セレクション

万年筆は歴史で選ぶ


身の回りに置くだけでステータスシンボルとなる文具、それが万年筆。
 
万年筆を選んでいると、それにまつわる文化や歴史に興味が湧いてきますよね。
 
そして万年筆は、長い間作家にとっての必需品でもありました。
 
大好きな作家が愛した万年筆を使ってみれば、より愛着が湧くこと間違いなし。
 
今回は、文豪ゆかりの万年筆をご紹介します。
 

モンブラン


重厚感があり、黒光りするボディが美しいモンブラン。スイスのアルプス山脈の名前を冠した高級筆記具として知られています。
 
企業の重役や経営者が使っているイメージも強い、高級感の感じられる万年筆。
 
自動車でいうと「メルセデスベンツ」のような存在といえるかもしれませんね。
 
多くの作家がこのモンブランの万年筆から力を得て、執筆活動に精を出してきたのも有名な話。
 
国内では山崎豊子さん三島由紀夫さん林 真理子さんらが愛用者として知られています。
 


モンブランは1906年にドイツで設立された万年筆メーカーで、100年以上の歴史があります。
 
ひっかかりのないスムーズな書き心地と、熟練の職人による精密な技術により、世界中の万年筆愛好家に大人気。
 
万年筆のキャップの先端には「ホワイトスター」と呼ばれるロゴデザインが施されています。こちらは、ヨーロッパ最高峰の山モンブランの万年雪をモチーフにしたデザイン。
 
ペン先にはモンブランの標高である「4810」の数字が刻まれていますよ。
 


こちらは、星空をイメージさせるネーミングがロマンチックな「スターウォーカー エクストリーム ボールペン」。
 
やや厚みのあるボディにモンブランのシンボルマーク、モンブランならではの洗練されたデザインが素敵ですね。
 


黒い樹脂に金もしくはプラチナのトリムを施したデザインで、ブランドの顔ともいえる存在が、モンブラン「マイスターシュテュック ゴールドコーティング 149 万年筆」。
 
ゴールド仕上げのディテールをあしらい、トップにはホワイトスターのシンボルマークを配した、何とも高級感のある一品。
 
さて続いては、モンブランを愛用していた有名作家の代表作を少しだけご紹介していきます♪
 


山崎豊子
 
【代表作】
 
・白い巨塔
 
・華麗なる一族
 
・大地の子(文藝春秋読者賞)
 


三島由紀夫
 
【代表作】
 
・金閣寺
 
・仮面の告白
 
・潮騒
 


林真理子
 
【代表作】
 
・ラブストーリーは突然にUn coup, l’amour arrive…
 
・不機嫌な果実
 
・下流の宴
 

PARKER(パーカー)デュオフォールド


パーカーは、1891年にアメリカで創業した高級筆記ブランド。
 
1987年にイギリス、さらに2009年にはフランスに生産拠点を移し現在に至ります。
 
シャーロック・ホームズシリーズの執筆で知られるコナン・ドイルが惚れ込んでいたというのが、そのパーカー社のデュオフォールド、通称「ビッグレッド」。
 
ドイルは、「この極太の万年筆は私が生涯必要とするものだ」と、友人に宛てた手紙の中で言及していたといいます。
 
インク漏れ防止機能の性能が高いピッグレッドは、なめらかな書き味が高く評価されています。
 


また、画期的だったのはボディの色。
 
当時は万年筆といえば黒がほとんど。そこに突如として鮮やかなオレンジのデュオフォールドが発売され、当時の人々に衝撃を与えました。
 
パーカーが世界中に知られる筆記具のメーカーになったのも、このデュオフィールドの功績が大きいと言われているのです。
 
続いては、パーカー(デュオフォールド)を愛用していた有名作家の代表作をご紹介。
 


コナンドイル
 
【代表作】
 
・シャーロック・ホームズシリーズ
 
・チャレンジャー教授シリーズ
 
・ジェラール准将シリーズ
 

オノト(デ・ラ・ルー復刻版)

出典:Dressy Net Inc.

デ・ラ・ルー社のOnoto(オノト)は、夏目漱石が愛した万年筆として有名です。
 
漱石はあまりにもオノトが気に入っていたため、「余と万年筆」という作品の中でオノトについて触れています。
 
「現に此原稿は魯庵(ろあん)君が使って見ろといってわざわざ贈って呉(く)れたオノトで書いたのであるが、
大変心持よくすらすら書けて愉快であった。」―夏目漱石「余と万年筆」
 
ところが、デ・ラ・ルー社は、1958年に万年筆の生産を中止。
 
オノトは、幻の万年筆となってしまったのです。
 


このオノトを輸入して、日本で販売していたのは、丸善。
 
丸善は、福沢諭吉の門下生によって明治2年に創業された会社で、万年筆を「万年筆」と名付けたのも丸善でした。
 
1994年、オノトの復活のために、日本で代理販売を行っていた丸善が復刻版を発売。
 
「丸善オリジナル・ストリームライン・オノトモデル」として販売されました。
 

出典:マサオカブログ

漱石をイメージしたペン先の装飾は、漱石が使う原稿用紙に描かれていた、龍の絵をモチーフにしているのだそう。
 
この復刻版も、2018年現在、新品はかなり入手困難になってきているようです。
 
オリジナルのデ・ラ・ルーオノトや丸善ストリームラインは、まれに中古品が出品されることも。
 
興味のある方は、ビンテージ万年筆のオークションを要チェック。
 
では、オノト(デ・ラ・ルー)を愛用していた有名作家の代表作を見てみましょう。
 


夏目漱石
 
【代表作品】
 
・吾輩は猫である
 
・坊ちゃん
 
・こころ
 
・それから
 
・三四郎
 
・夢十夜
 

気分は有名作家!?


万年筆で書かれた字には独特の味があるものですが、パソコンでの執筆が主流になった現代。
 
今後は「作家の愛した万年筆」も生まれづらくなっていくのではないでしょうか。
 
現存する「文豪ゆかりの万年筆」は、とても貴重なものなのかもしれませんね。
 
気になった方はぜひ、通販などでゲットしてみてください。
 
ちょっとしたメモをしたり、クレジットカードのサインをしたりするときも、文豪が愛用した万年筆の出番。
 
文豪が愛した万年筆を使えば、もしかしたらあなたに秘められた文才も開花するかもしれません♪