水性と油性の違いは?ゲルインクって?おすすめボールペンもご紹介

ボールペンの水性と油性、どう違うの?

みなさんが普段使用して使いやすいボールペンは、水性・油性のどちらでしょうか?
 
いきなりそう尋ねられて答えることができるのは、相当な文房具マニアの方だけかもしれませんね。
 
水性や油性に関わらず、ボールペンはそれほど自然に、わたしたちの日々の生活に溶け込んでいます。
 
しかし、それぞれのボールペンにメリットやデメリットが存在することをご存知でしょうか。
 
今回は、水性油性に加えてゲルインクというボールペンの特性を、おすすめの製品と併せてご紹介していきます♪

水性ボールペンのメリット・デメリット

bungu_chubiさん(@stationery_chubi)がシェアした投稿

ボールペンのインクは、溶剤・色素・添加剤などからできています。
 
色素や添加剤を溶かし込む溶剤が水であるインクを使ったものが、いわゆる水性ボールペン
 
軽い筆圧となめらかな書き味が特徴的。発色が良くインクの粘度が低いため、会議などで長時間使用していても疲れにくいのがメリットです。
 
デメリットとしては、定着性が悪く、乾きが遅いということ。書いてすぐにうっかり腕などで擦ってしまうと、滲んでしまったり、伸びてしまったりします。
 
また、プラスチックや金属など、素材によっては書くことができないというデメリットも。

油性ボールペンのメリット・デメリット

栗田商会さん(@bikurita)がシェアした投稿

水性インクとは違って、色素や添加剤を溶かし込む溶剤に有機溶剤を使ったインクは、油性と呼ばれます。
 
油性ボールペンで特徴的なのは何といっても、その耐水性と速乾性。インクの粘度が高いため、書いてすぐに指で擦っても滲むことはありません。
 
伝票のようなノーカーボン紙や多数枚複写など、強い筆圧を要するものに適しているといえるでしょう。
 
そんな油性ボールペンのデメリットは、水性ボールペンに比べてかすれやすいこと。
 
また、長時間使用せずに放置してしまうと、ボテと呼ばれるインク溜まりで紙が汚れてしまうこともあるのでご注意。

ゲルインクボールペンのメリット・デメリット

ゲルインク、あまり聞き馴染みがないという方も多いかもしれませんね。
 
水性ボールペンと同様に溶剤が水である水性インクを使用しているにもかかわらず、粘度がやや高いのが大きな特徴。
 
ゲルインクボールペンは、水性ボールペンのさらさらした書き心地と、油性ボールペンの耐水性を兼ね備えた、まさに良いとこどりのボールペン。
 
くっきりと発色が良くカラーバリエーションが豊富なところも、愛用者が多い理由です。
 
しかしそんなゲルインクボールペンにも、インクの減りが早いというデメリットが。
 
仕事や学業などで大量に消費することが分かっている場合は、ストックを準備しておくのが無難でしょう。

どうやって使い分ければいいの?


水性・油性・ゲルインク。
 
それぞれのインクにメリットとデメリットがあるということは、つまり、それぞれのボールペンに適した使い道があるということ。
 
水性のボールペンは書きやすくも耐水性がないので、普段さらさらっとメモをとるときや、便箋などで手紙を書くときにぴったり。
 
なめらかな書き味の水性インクでは、普段鉛筆で書くような自分らしい筆跡を残すことが可能です。
 
一方、油性のボールペンには耐水性があり、書いたものを長期保存することもできるので、公文書やそのほか大切な書類の記入にも役立ちます。
 
また、ガラスやプラスチックにも書くことができるので、お子さんの運動着や上履き、プラスチックケースにも。
 
そして、かすれが少なく滲まないゲルインクボールペンは、手帳や日記への記入にもおすすめ。
 

ほしさん(@hoshi.piro)がシェアした投稿

定番の黒だけでなくたくさんの色を使い分けたいという場合にも、バリエーションが豊富なゲルインクを選ぶといいでしょう。
 

おすすめのボールペンが知りたい!

さて、それぞれのインクの特徴や使い道を理解したところで、ここからはインクの種類別におすすめのボールペンをご紹介。
 
まず水性ボールペンでおすすめしたいのは、1913年に創業された有名ブランドTOMBOWから発売されている「ZOOM505」
 

水性ボールペン

出展:世界の筆記具 Pen-house

 
万年筆のように高級感のあるボディは、大人の女性の普段遣いにもぴったり。
 
ビジネスにプラベートにと大活躍の一本です。
 
続いて、油性ボールペンでおすすめの製品は、三菱鉛筆「ジェットストリーム」シリーズ。
 
油性ボールペン

出展:uni

 
“クセになる、なめらかな書き味”というキャッチフレーズで有名なジェットストリームには、単色0.38mmの極細タイプも。
 
紙にわずかな引っかかりも残さない三菱鉛筆こだわりの書き心地を、ぜひ一度ご堪能あれ。
 
最後にゲルインクボールペンでおすすめしたいのは、ゼブラの「サラサクリップ」
 
ゲルインクボールペン

出展:文具のとびら

 
こちらのシリーズ、驚くべきはその豊富なカラーバリエーションです。
 
見た目通りの鮮やかな発色とスムーズな書き味で、年齢・性別を問わず高く評価されているのがこちらの製品。
 
ボールペン選びに絶賛お悩み中という方は、参考になさってくださいね♪
 

用途に応じて使い分けよう

yukkoさん(@leola_one_yukko)がシェアした投稿


 
いかがでしょう、ご自身にぴったりのボールペンは見つかりそうですか?
 
人との出会いと同じように、生活を彩る文房具との出会いも一期一会。
 
実際に店頭に足を運んで、書き心地やグリップの持ちやすさを確かめてみるのも大切です。
 
それぞれのボールペンの特性を正しく理解して、その場その場に応じて使い分けてみましょう♪