お世話になっている人に手紙を送ろう♪マナーとテンプレ文

手紙の書き方って?


挨拶、お礼、お詫びなど、大事な気持ちはメールではなく手紙で伝えたいもの。
 
手紙には決まった構成や表現があります。
 
特に目上の方や年配の方に出すときには、マナーに沿った丁寧な手紙を心がけたいですね。
 
できるだけ形式通りに書くことで、お相手にとって読みやすいよう、自然な流れで文章を書くことができるのです。
 
今回は、覚えておいて損はない手紙の書き方をご紹介しましょう。
 

手紙の基本構成


一般的に、手紙の内容は大きく分けて、「前文」「主文」「末文」「後付け」の4つのブロックで成り立っています。
 
葉書でも封書でも基本的なマナーは同じなので、まずは基本的な構成を理解しておきましょう。
 


【前文】
 
1. 頭語:「拝啓」など
 
2. 時候の挨拶とご機嫌伺い:「秋涼爽快の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」など、季節の話題に安否の挨拶を続けます。
 

View this post on Instagram

@______saaasaがシェアした投稿


【主文】
 
3. 起こし言葉:「さて」「このたびは」など
 
4. 本文 :手紙の本題
 

View this post on Instagram

@kelly08787がシェアした投稿


【末文】
5. 結びの言葉:今後のお相手の健康を祈る言葉
 
6. 結語:「敬具」「かしこ」など
 


【後付け】
7. 日付:「平成〇年〇月〇日」
 
8. 署名:差出人氏名
 
9. 宛名:受取人の名前と敬称(様・殿など)
 
10. 脇付け:相手への敬意を表す言葉
 

縦書きと横書き、どっちがいいの?


続いては書式について。正式な手紙は縦書きで書きましょう。
 
親しい間柄の方に送りたいときは、横書きでもOK。
 
横書きで書く場合は頭語や結語を省くこともあります。
 
親しいご友人に向けたものであれば、前文や末文も、「お慶び申し上げます」といった表現は違和感を感じさせてしまうことも。
 
代わりに「いかがお過ごしですか」など、親しみやすいカジュアルな言葉を入れるといいかもしれません。
 

頭語と結語って?


頭語とは手紙の冒頭に用いる言葉。
 
手紙の一番初めに書く頭語と最後に書く結語は対になっており、組み合わせに決まりがあります。
 
例えば発信の際は「拝啓+敬具」「謹啓+謹白」などの組み合わせが一般的。
 
それに対し返信するときは「拝復+拝答」「謹復+謹言」などの組み合わせを使います。
 
なお、年賀状、寒中見舞い、暑中見舞いや残暑見舞いといった季節の挨拶には頭語と結語は用いません。
 
弔事、詫び状、抗議文にも頭語と結語は不要です。
 

前文の注意点


前文では、頭語に続けて季節の話題を入れます。
 
この季節の挨拶は「時候のあいさつ」とも呼ばれるもので、何を書けばいいのかと多くの方が悩むところ。
 
「燈火親しむの候」のように季節のキーワードに「候」をつけたものが頻繁に用いられますが、「シクラメンの花が満開です」のように、ご自身で発見された季節の移り変わりを口語調で表現してもOK。
 
送りたいお相手によって使い分けましょう。
 

主文の注意点


主文は手紙の本題です。
 
「さて、」「実は、」などの起こし言葉のあとに本文を続けます。
 
一通の手紙には要件を二つ以内に絞るのが理想。
 
的確に要点を伝えるためにも、簡潔にまとめるよう心がけましょう。
 

末文の注意点

View this post on Instagram

@kelly08787がシェアした投稿


手紙を締めくくる言葉である末文。
 
お相手への思いやりの気持ちを添えるものです。
 
もちろん、お相手との関係性によって内容も異なってきますよね。
 
プライベートな手紙なら「くれぐれもご自愛くださいませ」「お体をお大事になさってくださいませ」などお相手の健康や幸せを願う言葉を。
 
ビジネスシーンで用いる手紙なら「一層のご活躍を祈念いたしております」などお相手のビジネスの繁盛を願う言葉を入れましょう。
 
また、あまり会ったことのないお相手であれば「またお会いできる日を楽しみにしております」などの言葉を入れ、今後につなげるのもいいですね。
 

後付けの注意点


後付けとは、「いつ」「誰が」「誰に」書いた手紙なのかを示すもの。
 
日付、署名、宛名の順に記入します。
 
結婚式の案内など慶事のときは、日付に具体的に〇日と書くのではなく「吉日」とすることも。
 
最後の脇付けは相手に対する敬意を表す単語。
 
現代では脇付けは省略されることも多くなっています。
 
つけるなら一般的には「貴下・机下」、目上の方には「侍史・尊前」ご両親には「膝下・尊下」などを用いましょう。
 
主文に補足を付け加えたいときは「追伸」などを用いて、一番最後に添えることも可能。
 

手紙の書き方のテンプレート文


手紙の書き方に迷ってしまったときには、テンプレート文を使うのがおすすめ。
 
本文と署名宛名だけ書き換えて完成するので、文章を考えるのが苦手という方はぜひ活用してみてくださいね。
 
ここからは、おすすめのテンプレート文サイトをいくつかご紹介しましょう。
 

手紙の書き方

出典:手紙の書き方

『手紙の書き方』は、挨拶状、お礼状、引っ越し、結婚など、シチュエーション別に文例を紹介しているサイト。
 
主にプライベートで関わりのあるお相手への、手紙の文例を掲載。
 
文例を見ながら手書きで手紙を作成したいときにはこちらが便利ですよ。
 

ビズオーシャン

続いてこちら『ビズオーシャン』では、ワード形式の手紙のテンプレートを配布しています。
 
掲載されているテンプレートはほとんどが無料ダウンロードできるというお役立ちサイト。
 
改行や段落をご自身で設定する必要がないので、パソコンで手紙を作成するときにおすすめ。
 
ビジネスからプライベートまで様々なテンプレートが揃えられています。
 

重要なことは手紙で伝えましょう


電子メールやSNSの普及によって、手紙を書く機会はますます減っています。
 
けれども慶事・弔事などの冠婚葬祭では、手紙を書くことが必要不可欠。
 
さらに、大切なお礼やお詫びなどはやはりメールではなく手紙をしたためることで、よりお相手にも気持ちや重要度が伝わるものです。
 
ぜひこの機会に基本的な手紙の書き方をマスターして、大切な方に向けて手紙を書いてみてはいかがでしょう?