意外と知らない?年賀状のマナーや言葉遣い

 

大人なら知っておきたい!年賀状の書き方


年賀状は、新しい一年の最初に交わす大切な挨拶。
 
電子メールが普及した現在でも、日本の伝統的な風習として年賀状を作成するという方は少なくないはず。
 
しかし、賀詞(がし)の種類や年賀状を出すべき時期など、年賀状には意外と細やかなマナーがあるということをご存知でしょうか?
 
中には、年賀状に使ってはいけない言葉というのも存在します。ルールを理解して、気持ちのこもった年賀状に仕上げたいものですね。

年賀状の基本構成


取引先などに向けたビジネス年賀状は、基本的に縦書きで書きます。
 
ご友人や身内の方など、親しい間柄であれば横書きで書いても構いません。
 
一般的な年賀状に含まれる要素としては、以下の通り。
 

賀詞(がし)


まず忘れてはいけないのが、新年のお祝いの挨拶となる賀詞(がし)。
 
「謹賀新年」「賀正」などがこれに当たります。
 
デザインにもよりますが、少し大きく書いて目立たせると、全体のバランスがいい年賀状に仕上がりますよ。

本文

続いては本文。賀詞のあとには、日頃のお付き合いの感謝や近況報告、お相手を労う言葉などを書き入れます。
 
冒頭の文句としては、「昨年はお世話になりました」「本年もよろしくお願いします」などが定番。

 


そして本文の結びには、「ご健康とご多幸をお祈り申し上げます」など、お相手の幸福を祈る言葉も添えるといいでしょう。
 

年号、日付

「◯◯年 元旦」など、年号と日付を書き入れましょう。西暦でも問題なしです。

最後に一言添えて

空いたスペースに、お相手に伝えたいメッセージなどを軽く添えましょう。
 
しばらく会っていない方には近況を尋ねたり、近々会う約束のある方には楽しみにしていることを伝えたり。本文よりも自由度の高いメッセージを書き込んでみてくださいね。
 
最近は両面印刷で完成する年賀状もありますが、そんな場合でもできれば手書きで一言添えると、印象がぐっとアップしますよ♪

やってしまいがち?年賀状NG例

ここからは、意外とやってしまいがちな年賀状のNG例をいくつかご紹介。ぜひ参考になさってください。

賀正、迎春などの略語に要注意


賀詞としてよく使われる言葉といえば、「寿」「賀正」や「迎春」など。
 
実は、こういった一、二文字の賀詞は略語なのです。
 
賀詞の基本は「謹賀新年」「恭賀新年」などの四字熟語。
 
「謹」「恭」などの敬意を込めた単語を使うことで、初めて礼儀にかなった挨拶となります。
 
「賀正」「迎春」などの省略言葉は、いくぶん敬意が欠けた表現と見られることもあるので、用いる場合には慎重に。
 
ご友人や身内の方には「寿」「賀正」などの賀詞を使っても問題ありませんが、ビジネス年賀状や目上の方には使わないよう配慮しましょう。

重複言葉


「明けましておめでとうございます」
 
こちらは年賀状だけでなく、直接顔を合わせたときにもよく用いられる挨拶ですね。
 
新年の挨拶で使われる場合の「明けまして」とは、年明けを表しています。
 
そのため、「新年、明けまして…」という言い方は重複表現に当たり、かえって失礼になってしまうことも。
 
同様に「一月一日 元旦」も重複表現。「元旦」とは一月一日の朝を表しているので、併用しないようご注意を。

忌み言葉


年賀状だけでなく、祝辞などお祝いの席でも避けたいのが「忌み(いみ)言葉」です。
 
たとえば「去年」の「去」。「去る」というイメージが強いため、年賀状には適していません。
 
どうしても使いたい場合は「昨年」「旧年」と言い換えればOK。
 
ほかにも忌み言葉には以下のようなものが挙げられます。
 
「枯れる」、「衰える」、「破れる」、「失う」、「倒れる」、「滅びる」、「別れる」、「死ぬ」、などなど…
 
普段無意識に使ってしまいがちな言葉もあるので、忌み言葉についてしっかり調べながら文章を読み返しておくといいですね。

句読点


一般的な手紙や文章では当たり前のように使われる句読点ですが、年賀状の場合には使用はNG。
 
句読点は終わりを意味しているため、お祝いの挨拶状にはふさわしくないとされているのです。
 
日本で句読点が使用され始めたのが明治時代以降。本来、日本語に句読点は使用されていなかったという理由もあるのだとか。
 
よって年賀状など正式なお祝いの挨拶では「句読点を使わない」のがマナーとされています。

言葉以外にも!年賀状のマナー


一年の挨拶として大切な年賀状ですが、年末年始の忙しい時期、どうしても時間が取れないということもあるかもしれません。
 
年賀状を出すのが遅くなってしまった場合や、出していなかった方からの年賀状に返信をする場合は、できるだけお早めに。
 
松の内(元旦から7日までの期間)を過ぎてから年賀状を出すこともまた、マナー違反になってしまうのです。
 
それ以降にはがきを出したい場合は「寒中見舞い」として出すのがベスト。
 
また、喪中の方に年賀状を出すこともNGです。ポストに投函したあとにお相手が喪中だったと気付いた場合には、すぐにお詫びの連絡を入れておきましょう。

素敵な新年を迎えるために


遠く離れた場所にいるご友人や親戚の方とも、心を通わせることのできる年賀状。
 
お相手との良好な関係性を保つためにも、日頃の感謝と敬意を込めて丁寧に書き上げたいものですね。
 
今回ご紹介したマナーを押さえて、大切な方に年賀状を送りましょう♪