香り美人を目指しましょう♪香水の正しいつけ方

香り美人はつけ方上手


香水は、女性らしさを際立たせる重要なアイテムの一つ。
 
ところが、つけすぎると逆に周囲の方への迷惑になってしまうことも。香水をつける場所、タイミングによっても印象が変わります。
 
つける場所やタイミングによって、周囲からの印象も変わります。
 
「香水の正しいつけ方が知りたい!」
 
そんな方のために今回は、大人の女性なら知っておきたい香水の正しいつけ方をご紹介します。
 

香水はどこにつける?


まずは、香水をつける場所を選びましょう。
 
香水には、温度が高ければ高いほど香りを強く放つという特徴があります。
 
そのため、耳の後ろや手首といった体温の高いところにつけるのが一般的。
 
同じ香水を使っても、つける場所によって香りの広がり方が大きく変わることも。
 
一人一人の体温や皮脂の分泌量によっても個人差が出ることがあるので、まずは基本を大切に、ご自身に合うつけ方を研究してみて。
 

手首


香水初心者さんにおすすめなのが、手首。
 
血管の多い手首につければ香りが広がりやすいというだけでなく、よく動かす部分なので周囲に香りが伝わりやすいのです。
 
片方の手首に少量垂らし、もう片方の手首にも同量を垂らしましょう。
 
香りを広げようとして両方の手をこすりつけるのは実は逆効果。香りが飛んでしまうのでご注意を。
 
つけたらなるべくこすらないということにも気をつけてくださいね。
 

耳の後ろ、うなじ


耳の後ろやうなじは体温が高い場所。
 
衣服とこすれたり紫外線の影響を受けたりする心配がないので、ほんの少量でもふわりとした香りが長時間持続します。
 
鼻と近いので、ご自身もしっかりと香りを楽しむことができます。
 

太ももの内側


お仕事など、キツすぎる香りがNGのときにおすすめの場所は、太ももの内側。
 
強すぎる香りが苦手という方でも、ほのかな香りを楽しむことができます。
 
太ももが難しい場合は、ひざの裏側でも効果的。
 

お腹、胸元


胸元やお腹に香水をつけると、体臭と混ざり合って甘めの香りに変化。
 
全身からほのかな香りが漂い、女性らしさを印象付けることができます。
 
しっかりと香りを漂わせたいとき、香りを長く持続させたいときは、耳や手首と合わせてつけましょう。
 

香水をつけてはいけない場所


香水をつけてはいけないのは、「汗をかきやすい場所」。
 
汗で香水が流されてしまったり、汗の臭いと混じって本来の香りが失われてしまうことも。
 
脇の下や足の裏、手の裏といった場所はNG。
 
香水は匂い消しとしては使えないので、脇の下などにはきちんと消臭スプレーを使用するようにしましょう。
 

香水をつけるタイミングは?


香水はずっと同じ香りというわけではなく、時間の経過とともに変化していくという特徴を持っています。
 
だから、香水をつけるタイミングもとても重要なのです。
 
つけた瞬間は「トップノート」と呼ばれる香り。
 
刺激の強い香りが10分ほど持続したのち、香りの変化が始まります。
 


その後、「ミドルノート」と呼ばれる、香りの核をなす部分が現れます。
 
それが香水をつけてから30分から3時間後まで。
 
ミドルノートの時間に合わせて、人と会う約30分前に香水をつけると、お相手にも最もいい香りを楽しんでもらうことができます。
 
ミドルノートが終わると、「ラストノート」と呼ばれる時間に。
 
ムスクやバニラなど、持続しやすい香りのみがほのかに漂います。
 
商品によっては一日中続くものもあれば、数時間で消えてしまうものも。
 

香水をつける量は?


香水は、香り成分の濃度によって、濃いものから順に「パルファン」→「オーデパルファン」→「オードトワレ」→「オーデコロン」と分かれます。
 
つまり、香水をつける量の適量は、種類によって変わるのです。
 
ご自身の使っている香水の種類をまずはチェックして、適量を把握しましょう。
 

パルファン


香り成分を20~30%含むパルファン。
 
強烈な香りを放つので、つける量は一滴です。
 
最近はラインナップも少なくなり、あまり目にすることはないかもしれません。
 

オーデパルファン


香り成分を7~15%含むのが、オーデパルファン。
 
線を描くように、一、二滴を細く伸ばすような感じでつけるのがポイント。
 
スプレータイプならワンプッシュを目安に。
 
上半身よりは下半身につけたほうが、より上品な印象になります。
 

オードトワレ


香り成分が5~10%と少なめのオードトワレ。
 
現在販売されている商品が最も多いのはオードトワレです。
 
香水瓶なら一、二滴、線を描くようにつけましょう。
 
スプレータイプなら2プッシュが目安です。
 

オーデコロン


香り成分が2~5%と濃度も低く、持続時間も短いオーデコロン。
 
香りが薄いので、ある程度まとまった範囲に、面を意識してつけましょう。
 
ライトな香りなので、上半身につけたほうが効果的です。
 

香水をつけすぎてしまったら?


香水を少量のつもりがドバッと出てしまって、焦った経験はありませんか?
 
香りが強すぎると、夏場は蚊やハチを呼び寄せてしまい、危険ということも!
 
うっかりつけすぎたとき、石鹸で洗い流せればいいのですが、外出先では難しいときもあるでしょう。
 
そういうときは、コットンに馴染ませたアルコールや消毒エタノールで拭き取れば大丈夫♪
 

周囲にも気配りを


せっかく素敵な香りを身にまとったら、周囲の人にもその香りを楽しんでもらいたいですよね。
 
初心者さんは、お友達などに聞いて、強すぎないかチェックしてもらうのも手。
 
人混みやレストランは避けて、プライベートな時間から試せば、少しずつ上達するはず。
 
香水をほのかに香らせて、道行く人が振り返るような香り美人を目指してみませんか?