ギフトにもインテリアにも♪動物モチーフの雑貨10選

お部屋のアクセントに動物はいかが?

 


 
ファッションもインテリアも、定番のシンプルテイストが安心。
 
けれど、お部屋の家具も雑貨もすべてをシンプルに揃えてしまうと、綺麗に片付いていても何だか味気ないですよね。
 
そんな時は、買い替えるのが大変な家具やファブリック類ではなく、可愛らしい動物モチーフの雑貨をプラスしてみてはいかがでしょう?
 

箸置き

 


 
食卓の小さな脇役と言えば箸置き。
 
ハンドメイドのぬくもり溢れるこちらの箸置きは、箸や食器とも合わせやすい自然な色合いが特徴です。
 
値段もお手頃なものが多いので、ついついたくさん集めたくなってしまう方も多いのではないでしょうか?
 
贈り物にする場合は、和・洋どちらにも合う自然な色味を選ぶと活躍の機会が増えそうですね。
 

歯ブラシ立て

 


 
洗面所周りのアイテムは、機能を重視するあまり、得てしてシンプルなデザインを選んでしまうもの。
 
動物モチーフの歯ブラシ立ては、ひとつ置くだけで洗面所の一画が小さなインテリアコーナーに早変わりする優れもの。
 
頑張って歯ブラシを持ってくれている猫やシロクマの姿に、朝は元気づけられ、夜は癒されるという至福の時間に。
 
玄関に置いてペン立てにすれば、宅配便のサインの時にもさっと使うことができますね。
 

ブックエンド

 


 
本を収納するならそのまま本棚に入れてもいいけれど、ブックエンドを使うと本がオブジェの一部に大変身。
 
本棚の中で使うのはもちろん、低めのシェルフの上やキッチンカウンターなど、数冊だけ本を置きたい場合にもとても便利です。
 
日本の住宅の壁や床は、白やベージュなど淡い色であることが多いので、カラフルな色のブックエンドを選ぶと、お部屋全体の印象がきりりと引き締まりますよ。
 

ルームシューズ

 


 
気温が下がってくるとまず冷たく感じるのは、冷気がたまりやすい足元。
 
ボアやフェイクファーなど、寒い季節用のルームシューズに使われる素材は保温性も高く、何よりふわふわした動物を再現するのにぴったり。
 
最近のルームシューズには洗濯機で丸洗いできるものもあるので、こまめにケアをすればふわふわの質感を長く楽しむこともできます。
 

洗濯ばさみ

 


 
黒猫、白猫、茶トラのバリエーションが可愛らしい洗濯ばさみ。
 
雨が多いこの季節、室内干しになってしまうこともしばしばですが、そんな憂鬱も吹き飛んでしまいますよね。
 
また、洗濯ばさみはお値段が手頃なのも嬉しいポイント。
 
他の種類の猫や動物を揃えて、お洗濯を楽しい時間にしてみませんか?
 

ディスペンサー

 


 
ハンドソープや洗剤、シャンプー、ボディソープなど用途の幅広いディスペンサーは、置く場所もキッチン、洗面所、バスルームと様々です。
 
水周りというと、ボトルやスポンジ、タオルなど、物が多くなってしまうのが難点。
 
しかし、ほかのアイテムと色のトーンを合わせたり白で統一したりすることで、多少のごちゃつきは目立たなくすることができますよ。
 

塩コショウ入れ

 


 
食卓に塩やコショウが必要なメニューが食卓に並ぶ日、売られている瓶のままだと生活感が出てしまいますよね。
 
最近は卓上用の塩コショウ入れも、ガラスや陶器、木製、金属製と種類が豊富。
 
こちらの和風モダンなデザインなら、カジュアルなメニューからお祝い事の席まで幅広くマッチします。
 
塩コショウ以外にも、砂糖やスパイス用として購入するのもあり♪
 

スポンジ

 


 
カラフルな見た目のインコのスポンジは、使うのをためらってしまうほどの可愛らしさ。
 
ブルーはキッチン、グリーンは洗面所、オレンジはお風呂など、色ごとに用途を分けてもOK。
 
いつもはあまり気が進まないお掃除も楽しくなりそう♪
 

ペーパーウェイト

 


 
涼し気な見た目が美しいガラスのペーパーウェイトは、お部屋のインテリアといわれても十分通用するたたずまい。
 
立方体やドーム型といった単純な形状のものが多いペーパーウェイトですが、モチーフが生き物になると途端に存在感が出てきます。
 
だからこそお部屋のアクセントとしては、作家さんが作った一点モノなど、こだわりの一品を探してみるといいかもしれません。
 

ポーチ

 


 
ユニークな表情がたまらないこちらのポーチは、ヒラメの特徴である薄い体をイメージして、スリムな形状に作られています。
 
近頃は動物をはじめ、スイーツや果物など、リアルな質感が再現されているポーチがたくさん。
 
ご自宅で使うほか、充電器やイヤホンなどこまごましたものをまとめて普段使いのバッグに入れておいてもいいですね。
 

プレゼントにする時は事前のリサーチを

 


 
今回ご紹介したようなアイテムを贈り物として購入する場合は、事前にお相手の好みを調べておくことをおすすめします。
 
インテリアの傾向までは難しくても、持ち物やファッションを観察するなどして、お相手のライフスタイルに合うものを選びましょう。
 
調べる時間がない場合は、キャンドルやバスボム、石鹸といった消耗品や、小さめのものにしておくと安心です♪