【初心者】材料と道具は7つのみ!可愛いミニチュアドーナツを作ろう

 

初心者さんでも作れる♪「ミニチュアドーナツ」って?

 


いつも見慣れた食べ物が小さくなった「ミニチュアフード」。 
 
中でもミニチュアドーナツは、カラフルでバリエーションも豊か。あまりの可愛さに、並べただけでも心がトキメキますよね♪
 
そんなミニチュアお菓子をハンドメイドする方も増えているのだとか。
 
とは言うものの、「でもミニチュアフードを手作りするなんて、素人には難しいのでは…?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
 


実はドーナツって、ミニチュアフードの中でも初心者さんが作りやすい敷居の低い作品なのです。
 
そこで今回は、ミニチュアドーナツの作り方をくわしくご紹介。
  
材料も道具も、お近くの100均ショップで手軽に入手できるものばかり♪
 
ドーナツの土台、チョコやクリーム、カラフルなトッピング…などなど。色の組み合わせ次第で豊富なバリエーションが作れるので、夢中になって楽しく作ることができますよ。
 
もし小さな子供さんがいらっしゃるなら、ぜひご一緒に工作してみましょう。粘土遊び感覚で簡単に作れるので、ママやお友達と遊びながら作ったりするのもおすすめです。

  

必要な材料&道具は7つだけ!100均おすすめ商品とは?

  


「ミニチュアフードに興味はあるけど何を揃えたらいいのかわからない」
「必要な材料や道具って、もしかしてちょっとお金がかかるのではないかしら?」
 
などなど…はじめての方は色々考えてしまうかと思いますが、実はすべて100均で手に入れることができるのです。
 
しかも必要なアイテムはたった7種類だけ!
 
もし失敗しても100円なら割り切れますよね♪こういった点も、お子さまとも気軽に楽しめるポイントです。

  

粘土

 

出典:MIROOM

 
アクセサリーなどある程度の強度が必要な作品をつくる場合は、「樹脂粘土」を。
  
「子供と作って遊ぶだけ」「お部屋に飾る雑貨としてたくさん作りたい」という場合であれば、「軽量粘土」で大丈夫です。
 
他に石粉粘土などほかの種類の粘土も売られていますが、今回は上の2点から用途に合わせたものを選んで下さい。
  

クッキングシート

  
机に粘土や絵の具がつかないように下に敷いて作業をします。
 
クッキングシートは、作業が終わったら捨てれるため片付けが簡単に済みます。
 
またいつでも新しい状態で作業ができるので、1巻用意しておくと便利ですよ。
 

ジップロック・タッパー

  
粘土は乾燥が大敵。
  
そのため、作業しない間は必ずジップロックかタッパーに入れておきましょう。
  
粘土にラップを巻いて、ジップロックか粘土が入るサイズのタッパーに入れておくと、乾燥を防ぐ効果もアップします。
 

ストロー

  
ストローはドーナツの穴を開けるときに使います。
  
ドーナツのサイズに合わせて使い分けられるよう、太さの違うストローを揃えておくとバリエーションが広がりますね。
  

絵の具

  

出典:MIROOM

絵の具はドーナツやクリーム、トッピングの着色に使います。
  
最低限揃えておきたいカラーは、赤色・黄色・青色・白色の4色。
  
緑色は黄色と青色。オレンジ色は赤色と黄色…と、互いの色を混ぜ合わせることで好みの色を作ることができます。
  

ボンド

  
ボンドはクリームを作る時に使います。
  
ボンドと絵の具を混ぜると、より立体感のあるクリームになりますよ。
  

ニス

  
ニスは強度を出すために使います。
  
水にぬれる心配があるならば、耐水ニスを選んでおくと良いでしょう。
  
ニスには「ツヤあり」「ツヤなし」の2種類がありますが、作りたい作品のイメージに合わせてお好みで選んでください。
  
美味しそうに照り輝いたものは「ツヤあり」を、マットで大人っぽいものは「ツヤなし」と使い分けると完成度がアップするでしょう。
  
ミニチュアづくりに使う道具や粘土については、ぜひこちらの動画も参考にしてください。
  
◆参考レッスン:
ミニチュアに使う基本の材料・道具
ミニチュアに使う樹脂粘土の種類と扱い方

  

とっても簡単!可愛いミニチュアドーナツの作り方

 

下準備をしよう

 
まずは机にクッキングシートを敷きます。
  
そして粘土を取り出して、作りたいカラーに着色します。
  
色の例としては…
 

・茶色 = 赤色+黄色+青色
 
・ミントカラー = 黄色少し+青色+白色
 
・ピンク色 = 赤少し+白色

 
…といった具合に、お好みの色や複数作ってグラデーションにしても楽しめます。
  
その時に、最初は少しの量を混ぜて調節すると好みの色にしやすいですよ。
 

ドーナツを作ろう

 
好みの大きさの丸を作り、両手で少しつぶして楕円にします。
  
真ん中をストローでくりぬいて形を整えたら、ドーナツの完成です。
  
そのまま粘土が固くなるまで1~2日ほど乾燥させます。
  

トッピングを飾ろう

 
【ミンツ】
  
いろんな色の粘土を用意して、それぞれ1mm程度の丸に丸めます。振りかけれるだけたくさん作ります。
  
【チョコスプレー】
  
いろんな色の粘土を用意して、それぞれ1㎜程度の細長い棒状にしてハサミで5mmずつにカットをします。振りかけれるだけたくさん作ります。
  
【ポップシュガー】
  
いろんな色の粘土を用意して、それぞれ厚み1㎜程のシート状にして星型などのパンチでカットをします。振りかけれるだけたくさん作ります。
   
どれも可愛く仕上がる重要なアイテムなので、この後のトッピング作業がとても楽しく仕上がります。
  
この作業は簡単な作業なので、お子さんと一緒に作んで遊ぶこともできます。
  

クリームを乗せよう

  
チョコドーナツなら茶色、ストロベリードーナツならピンク…など、トッピングのクリームに合わせ、絵の具を混ぜて好きな色を作ります。
  
そこにボンドを入れてよく混ぜると、ねっとりしたソースが出来ます。
  
ボンドによっては白っぽくなりますが、乾燥すると元の色に戻るので大丈夫です。
  
乾燥させたドーナツの土台にクリームを乗せ、上にトッピングを乗せたあと、さらに乾燥させたら完成です♪
 
 
小さいお子さんと作る場合は、ビーズやキラキラシールなどをトッピングに使って遊ぶのもおすすめ。
 
世界でたっだ一つだけのドーナツは、きっとお子さまのお気に入りのおもちゃになること間違いなしです♪ 
 
さらにくわしい作り方を知りたい方は、こちらの動画で確認してくださいね。
 
◆参考レッスン:りっこのミニチュアおやつシリーズ④ 3種のドーナツ
  

工夫次第でアレンジ自在!ドーナツ型を使う方法とは?

  

 
慣れてきたら、いろんな形にチャレンジするとまた幅が広がって楽しく作ることができます。
 
「ドーナツ 型 ミニチュア」で検索するといろんな型が出てくるので、好みのサイズ、形をみていろんなドーナツを楽しんでみましょう♪
 
 
特にミニチュアのドーナツで有名なのが、画像にあるおもちゃの型。

 
粘土を型に入れて両手で抑えるだけという手軽さから、小さいお子さんでもOK。
 
普通の丸型以外にも、フレンチクルーラーの形やポンデリングの形などもあるので、ドーナツレシピの幅も広がりますよ。
 

遊び方いろいろ♪ミニチュアドーナツを楽しむ方法3つ

  
ミニチュアフードの良さは、本物そっくりなのに長く遊べるところも魅力的ですよね。
  
ここからは、そんなミニチュアフードの魅力と可愛さがもっとアップするような楽しみ方を3つご紹介します。
  

お友達へのプレゼントとして

  

  
まず1つめは、お友達へプレゼントする方法。
 
可愛らしいミニチュアスイーツをバースデーケーキとして渡してみるのはいかがでしょうか?
 
お相手のことを想いながら、その人が好きなお菓子を作ったら、きっと喜びもアップするはず。
 
好みに合わせてカラーやトッピングが変えれるというのは、手作りならではの良さですよね。
 

お部屋のディスプレイとして

 

 
2つめは、インテリア雑貨にアレンジしてお部屋にディスプレイする方法。
 
このように時計の文字盤に貼り付けるだけで、オリジナリティあふれるポップな壁掛け時計の完成。
 
子供部屋に飾ったら、可愛いお部屋になること間違いなしです。
 

 
時計ほど大掛かりでなくても、木製クリップや画鋲など小さなお部屋のアイテムにドーナツを付けても素敵ですよ。
 

おしゃれなアクセサリーとして

 


樹脂粘土は強度があるので、ピアスやリングといったアクセサリーとして使うこともできます。
 
色違いでいくつか作れば、こんなにキュートなヘアピンに。
 
少し大きめでいろんなパーツをふんだんに盛り込んだものや、小さなドーナツを3連で並べても可愛い♪
 


 
そしてこちらは、ピアスとイヤリング。
 


左右同じでもいいし、片耳ずつ別々に付けてもおしゃれですよね♪
 
金属パーツの扱い方は、ぜひこちらの動画をご参考に。ぜひ自由なアレンジを試してみてください。
 
◆参考レッスン:アクセサリーパーツと金具の接続

 

ドールハウスやままごと遊びに

 


そして3つめは、ドールハウスやままごと遊びに使う方法です。
 
SNSに掲載するドールの撮影アイテムや、子供さんもままごとにもおすすめです。
 
ミニチュアスイーツの大きさは、シルバニアファミリーのおやつにもぴったり。
 
ブライス人形のお洋服に合わせたスイーツを作ってみても可愛いですよ。
 
身近な材料を使用してブライスをカスタムしたい方は、この動画もチェックしましょう。
 
◆参考レッスン:身近な材料を使って制作してみましょう。~初級編~

 

もっといろいろなミニチュアスイーツを作るなら?

 

いかがでしたか?
 
いろんな写真を見ているうちに「私もドーナツを作ってみたい!」と心躍ったのではないでしょうか♪
 
材料と道具も簡単に入手できるので、ふと思い付いた時に始められるのも良いですよね。
 


「もっといろいろなミニチュアスイーツを作ってみたいな」
 
そう思われた方は、インスタでも話題の著名な先生からミニチュアフードの作り方を学んでみませんか?
 
一流のハンドメイド技術を動画で学べるMIROOMでは、ミニチュア作家として活躍するプロのアーティストが初心者さんにも分かりやすくレクチャー。
 
フードやドリンクをリアルに見せるための彩色方法や造形の基本もマスターできるので、はじめての方でも安心してトライいただけます♪
 


さらに最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、可愛いミニチュアスイーツやパンのレシピをまるごと定額で習得可能♪
 
作り方の基本さえ身に付ければ、SNS映えする可愛いミニチュア作品もカンタンに手作りできるようになりますよ。
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会にあなただけの楽しみ方を見つけてみてくださいね♪