100均粘土で作るミニチュアフード♪作り方のコツを大公開

 

ミニチュアフード、こんなにリアル

 

 
ミニチュアフード、可愛いですよね。
 
そんなかわいいミニチュアフード、実は100均粘土で作れちゃうのです。
 
色々な可愛いミニチュアフードを作って、楽しい時間を過ごしてみませんか?
 
ミニチュアフードの作り方について、わかりやすく紹介していきますね。

 

ミニチュアフード、作り方は?

 

 
ミニチュアフードには興味があるけど、本当に自分で作れるの?
 
作ってはみたいけど、材料揃えたり、大変そう。
 
ミニチュアフードは100均で売られている樹脂粘土などを使って作ることができるのです。
 
それにミニチュアということもあり一つの作品にはそれほど粘土を使わず出来るのです。それほど粘土を使わないということは、材料費は少しで済むということです。
 
色々なミニチュアフードを作ったとしてもそれほどお金はかかりません。
 
アクリル絵の具などを使って色付けをすることで、よりリアルなミニチュアフードを作ることができます。
 
最初のうちは思ったような仕上がりにならないかもしれません。
 
何度も作ってコツを覚えていくことで、思ったような、ミニチュアフードを作ることができるようになりますよ。
 
とにかく、何個も作ることです。
 

 
何個も作り、イメージ通りのミニチュアフードが作れたときはみんなに自慢できますよ。
 

ミニチュアフードを作る時に必要な材料は?

 
blockquote class=”instagram-media”>

 
まず必要なのが粘土です。
 
粘土といっても紙粘土や軽量粘土、石粉粘土といった多くの種類がありますが、よく使われているのが樹脂粘土です。
 
この樹脂粘土は100均で売っていますよ。
 
また粘土の中には半液状タイプのものもあります。
 
ソースやクリームなどを表現したい時には重宝しますね。
 
まずは樹脂粘土のようなミニチュアフードを作りやすい粘土を使って作ってみましょう。
 
慣れてきたら色々な粘土を試しながら質感を上手く表現できる粘土を見つけてリアリティの高いミニチュアフードにチャレンジしていってはどうですか?
 
次に必要なのが着色する物です。
 

 
ミニチュアフードの質感を表現するために乾燥後に色付けしたり、本体に色を付けたりするのに必要なのが着色料です。
 
上手く着色すれば食品サンプルのような本物に近いミニチュアフードを作ることも可能なのです。
 
色付けにはアクリル絵の具を使います。
 
勿論、このアクリル絵の具も100均で売ってますよ。
 
そして、仕上げに使うのがニスです。
 
ニスにはいくつかの種類があり、表面をツヤツヤにしてくれるニスもあれば、艶消しのマットな仕上がりにしてくれるニスもあります。
 
種類の違うニスを使いこなせば仕上がりも大きく違ってきますよ。
 
これもリアルなミニチュアフードの作り方のコツですね。
 
そして最後が接着剤です。
 
作品によっては、いくつかのパーツを作ってから、並べたりする作品も出てくるかもしれません。
 
その時にそれぞれのパーツをくっつける時に必要なのが接着剤です。
 

 
また接着剤に色を混ぜてればソースなどにすることもできるのです。
 

まるで食品サンプル?ミニチュアフードの作り方

 

View this post on Instagram

@4444chikaがシェアした投稿 – 2018年 7月月11日午前2時13分PDT

 
すごく簡単に言うと、粘土をこねる。
 
形にする。
 
乾かして色をつける。
 
仕上げにニスを塗り、完成です。
 
もう少し詳しくお教えしましょうね。
 

ミニチュアフードの作り方、重要なコツ

 
ミニチュアフードを食品サンプル並みにうまく作るコツは「粘土をよくこねる」ということです。
 
どんな粘土を使う時でもよーーく捏ねるのです。
 
捏ねることが不十分だと、乾かした時にひびが入ってしまうのです。
 
重要なポイントになりますね。
 
この捏ねる時にベースとなる色付けもしておきましょう。
 
100均ではもともと色のついたタイプがあるので、混ぜて自分の思ったような色にすればいいですね。
 
物足りない場合はアクリル絵の具を練りこんで、思った色にしてみましょう。
 
色を足すときは、必ず少しづつ絵の具を足してくださいね。思ったより色がつくので、少しずつが重要です。
 

ミニチュアフードの色付けはその実際の食品をよく見よう

 
形を作って乾かしたら、色付けとなります。
 
最初は実物を見ながら色をつけていくのがおすすめです。
 
実際の色を見比べて、よりリアルに再現してみましょう。
 

実際にミニチュアフード、ドーナッツを作ってみよう

 

 
実際にミニチュアフードを作ってみるのが一番わかりやすいかと思います。
 

100均に行き、買うもの

 
まずは樹脂粘土(白)、アクリル絵の具の黄土色、白、黄色、緑、赤、こげ茶、木工用ボンド、ハサミ、伸ばし棒、ネイル用パーツ(銀色色の玉)11個で¥1100円。
 
さすが、100均ですね。
 
その他必要なものは、多分ご自宅にあるかと思います。
 
なかったら買い足してくださいね。
 
爪楊枝、いらない歯ブラシ、ストロー、綿棒、発砲スチロールのケース、下敷きやプラバン、牛乳パック、コルク等です。
 

さぁミニチュアフード、作っていきましょう

 
まずは、樹脂粘土白に黄土色のアクリル絵の具を少し混ぜてドーナツの生地色を作ります。捏ねて捏ねてくださいね。
 
5㎜くらいの厚みに、伸ばし棒や、指で伸ばします。
 
本来のミニチュアフードだと極細ポスカのキャップで丸を抜きます。
 
キャップの大きさでドーナツの大きさが決まるので、最初はペットボトルの口だったり、化粧品の蓋とか、自分で出来そうな大きさから始めましょう。
 
本当のミニチュアフードの大きさはこんな感じなのです。
 

 
ここまで小さいのは無理!と思ったら、もう少し大きいものから作ってくださいね。
 
さらに真ん中の穴を、ストローを使いやすい長さに切ったもので抜きます。
 
歯ブラシでトントンしながら形を整えます。

 
こうすると生地感が出てきます。
 
が、トントンすると穴が閉じてきてしまいます。
 
そうなったら、最後に綿棒でもう一度穴を開けて、プレーンドーナツが完成です。
 
まずプレーンドーナッツを何個か作りましょう。それを乾燥させます。
nbsp;
乾燥が終わったら、チョコがけドーナツのチョコを作ります。
 
こげ茶のアクリル絵の具を牛乳パックを開いたものに少し出し、木工用ボンド足します。
 
爪楊枝で混ぜます。
 
乾燥が終わったドーナッツを爪楊枝のとがった方で刺し、発砲スチロールのケースに爪楊枝のとがってない方を刺します。
 
宙に浮いているドーナツにチョコを爪楊枝ですくってかけます。
 
これでチョコドーナッツの完成です。
 
チョコナッツドーナツは、こげ茶のアクリル絵の具と木工用ボンドを混ぜたものが乾かないうちに、刻んだコルクや爪楊枝を細かく削ったものををパラパラと振りかけるとできます。
&nbsをp;
ストロベリードーナッツはチョコの部分の茶色を、赤、白のアクリル絵の具でピンクを作りチョコのようにかけ、仕上げにネイルパーツの銀色の玉を乗せて出来上がりです。
 
このように色々なアイデアで色々なドーナッツを作る事が出来るのです。
 
ベースであるドーナッツに筋目を入れればポンデリング。
 
ミニチュアフードを作るのはすべてあなたのアイデア次第なのです。
 
100均はアイデアの宝庫です。
 
あなたのアイデアで可愛い、あなたオリジナルのミニチュアフードを作ってみませんか?
 

100均材料で出来上がったミニチュアフード作品はどうする?

 
ミニチュアフードが完成しました。
さて、どうします?
 
勿論、飾っておいてもいいのです、でも、、、
 
こんなものにも出来るのです
 

 

 
ミニチュアフードのピアス達です。
 
ご自分で使ってもいいですし、プレゼントしても喜ばれるでしょう。ネットで販売も有ですね。楽しんで作り、それを販売できたら、嬉しい限りですね。
 
割と手軽に、ちょっと作ってみようかな?から始められるミニチュアフード、ぜひ作ってみませんか?