【MIROOM MAG編集部がやってみた】基本が学べる鎖編みと細編みで編むドイリー

 

基本のかぎ針編みでコースター作りに挑戦!

 


繊細なレース模様が美しい、人気のインテリア雑貨「ドイリー」。
 
ふんわり柔らかに編み上がるドイリーは、適度な厚みがあるのでコースターとしても大活躍♪
 
氷の入った冷たいグラスを置いてもぐんぐん水を吸ってくれるので、夏のハンドメイドにもぴったりのアイテムなんです。
 
今回MIROOM MAGの編集部スタッフが挑戦するレッスンは、基本が学べる鎖編みと細編みで編むドイリー
 
ハンドメイド初心者のスタッフが、実際の動画レッスンを見ながらかぎ針編みのコースター作りに挑戦していきますよ♪

 

可愛いドイリー作品でお馴染みのhime*hima先生って?

 


今回のレッスンでご指導くださるのは、可愛らしいドイリー作品で有名なhime*hima先生。
 
小さなかぎ針編み雑貨を多数制作しているhime*hima先生のモットーは、「どんな人が編んでも、簡単で可愛い作品が完成できる編み図」を作ること。
 
常に初心者さんの立場に立って、その気持ちを汲みながら編み図を考案されている先生のやさしさは、レッスン動画からもひしひしと伝わってきます。
 
上品なのに、どことなく懐かしい。
 
そんな心温まるクロッシェレースのドイリー作品を、ぜひあなたも作ってみませんか?

 

簡単2ステップ♡ドイリーのコースターを手作りしよう

 


それではさっそく、かぎ針編みでドイリーのコースターを作っていきましょう!

 

必要な材料と道具は4つのみ!

 
今回のレッスンで使用する材料と道具は、たった4つのみ。
 
・かぎ針
・レース糸
・とじ針
・はさみ

 
レース糸は、太めのダルマレース糸を使用します。
 
ダルマレース糸とは、レース編みの小物に適した定番のレース糸のこと。
 
撚り(より)が強めなので、編み上がりはしっかりと固め。型くずれしにくいので、美しい模様のレース作品にはうってつけの糸なのです。
 
仕上げに使うとじ針とはさみも、忘れずに用意しておきましょう。
 
これらは手芸店でも購入できますが、MIROOMオンラインショップでも入手可能です。
 
必要な材料と道具は、レッスン画面上で注文してあとはご自宅で待つだけ。お店を回って買い集める必要がないので、スキマ時間を有効活用できますよ♪

 

動画を見ながらレッスン開始♪

 


準備ができたら、動画を再生してレッスンスタート♪
 
まずは、かぎ針編みの基本となる「細編み(こまあみ)」と「鎖編み(くさりあみ)」で、円形を編んでいきましょう。

 
 
1.まずは糸を指にかけましょう
 


最初は糸の部位とその名称を覚えながら、ゆっくりとスタンバイ。
 
ここでは、糸が緩まない輪の作り方も学びます♪
 
 
2.作り目と立ち上がりの目を編みます
 


まずは、作り目となる部分を細編みで編みます。
 
続いて、鎖編みで編み始めとなる立ち上がりの目を編んでいきましょう。
 
 
3.中心の円を細編みで編みます
 
今度は細編みで、ドイリーの中心部分を作りましょう♪
 
「針を刺す向きってこっち側でいいのかな?」
 
画面で工程を確認しながら、針の向きや糸をかけるコツを覚えていきます。
 
 
4.糸を絞って形を丸く整えます
 


3の糸を引っ張って絞り、丸い形を作ります。
 
「糸のどの部分を引っ張ればいいの?」という疑問にもしっかり答えてくれますよ。
 
糸の引き方と絞り方に少し手間取っていましたが、先生の真似をしながら糸を引くと無事上手くできました♪
 
さいごに引き抜き編みをして、1段目を完成させます。
 
 
5.次は2段目を編んでいきます
 
続いて、再び立ち上がりの目を作って2段目を編んでいきましょう。
 
「針先ってどの位置に刺すの?」と迷うスタッフに、先生がやさしく声掛け。
 
動画を一時停止しながら、ゆっくりと丁寧に一目ひと目針を引っかけていきます。
 
 
6.繰り返して12段目まで一気に編みましょう
 
5の工程を繰り返して、5段目まで一気に編みましょう。
 

 
「同じ作業を繰りかえすうちに、だんだん慣れてきた♪」
 
コツを掴んだスタッフは、作業スピードがUP!先ほどとは打って変わり、迷いなくどんどん編み進めていきます。
 
 
6.円のまわりにレース部分を編んでいきます
 
真ん中の円ができたら、今度は鎖編みでレース部分を編み広げます。
 

 
「鎖編みって楽しい♪」
「目を増やす場所と編む数にだけ注意すれば、意外とカンタンかも!」
 

 
そう言いながら夢中になって編み進めるスタッフを見ると、何だか手元が様になってきている様子。
 

 
傍から見ても、短時間で上達しているのが分かります。
 
 
7.糸を切って完成!
 
編み終わったら糸を切って、とじ針で裏に入れ込み完成です!
 

 
抜けにくい糸の入れ方もしっかり覚えておきましょう♪

 

初心者スタッフが作ってみた感想は?

 


あっという間にドイリーが完成した編集部スタッフに、レッスンの感想を聞いてみました!
 
「基本の編み方を、最初に繰り返し見せてくれたおかげですぐに覚えられた!」
 
「ちゃんと仕上がるのか不安だったけど、真ん中の円が編めたあたりからどんどん作業が楽しくなった♪」
 
「2つの編み方を繰り返すだけで、こんなに可愛いコースターが作れるなんてびっくり!」
 
「編み目が変わるタイミングに合わせて、先生がゆっくりと丁寧に解説してくれるので迷わずに編み進められた♪」
 
「先生のドイリー愛が伝わる、とっても分かりやすいレッスンだった♪」
 
できあがったコースターを片手に、嬉しそうな表情で感想を語ってくれたスタッフ。初めてつくった作品とは思えないほどの可愛い仕上がりに、至極ご満悦です。
 
「忘れないうちに、色違いでいくつか作ってみようかな」と、さっそく意気込んでいましたよ♪

 

身に付くスキルは?どんな人におすすめ?

 


今回挑戦した「基本が学べる鎖編みと細編みで編むドイリー」で身に付くスキルは、次の3つです。
 
・細編み(こまあみ)
・鎖編み(くさりあみ)
・引き抜き編み

 
細編みと鎖編みを繰り返して、さいごに引き抜き編みをするだけで、こんなに可愛らしいコースターができちゃうなんて驚きですよね♪
 
テキストを読むだけでは伝わりにくい細かなコツも、動画レッスンならただ見るだけでカンタンに身に付きます。
 
このレッスンで習得した基本の編み方が分かると、小さなお花のカラフルコサージュも簡単に作れるようになりますよ♪
 
「どんなコサージュが作れるの?」と気になった方は、こちらの体験記事もぜひ参考にしてくださいね。

 

MIROOM MAG編集部から

 


いかがでしたか?
 
MIROOMで学べる実際のレッスンでは、
 
●円形の編み方
●最後の糸始末の方法
●針の向き&糸の張り方

 
などなど、かぎ針編みの基本をhime*hima先生がしっかりとレクチャー♪
 
道具の使い方や糸を扱うコツも丁寧に教えてくれるので、はじめてかぎ針編みにトライする方でも安心してお取組みいただけます。
 
同じ作業を繰り返すうちにいつの間にか作品が完成するのも、初心者さんにとってはうれしいポイントなのではないでしょうか?
 
今回トライした編集部スタッフのように、色違いで作ってみても素敵ですよね。
 
いくつか作ってお友達へプレゼントしても、きっと喜ばれますよ♪
 
これまで「不器用だから手芸は無理!」と諦めていた方も、hime*hima先生のレッスンを受けたらきっとハンドメイドが好きになるはず。
 


 
今回「編み物がはじめて」という方は、3週間で基本の編み方をマスターできるMIROOMのスターターキットもおすすめです。
 
材料一式とレッスンがセットになって、価格は送料込1,980円。「手編みの基本をお得にマスターしたい!」という方はぜひチェックしてみましょう♪
 
さらに全500本のレッスン動画が受講し放題の月謝会員なら、いつでも資材が送料無料。他ジャンルの多彩なレッスンも定額で学べるので、新しい趣味と出会う絶好のチャンスです♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会に、可愛いかぎ針編みのコースター作りにチャレンジしてみてくださいね。