どんぐり帽子・ヘアバンド・ベビークラウン♪新生児に編みたいニット帽4選

 

生まれたての赤ちゃんにベビー用ニット帽を編もう♪

 


生まれたばかりの新生児は、まだ頭も柔らかくて髪の毛もまばらでぽわぽわ。
 
そんな新生児には頭を保護するためにも、かわいいニット帽を被せてあげたいですね。
 
寒暖の差が激しいこの季節には、防寒にも日よけにもなるどんぐり帽子がおすすめです。
 
また、新生児のまばらな髪の毛は、ヘアバンドやクラウンで飾っても♪
 
この記事では、新生児向けのベビーニット帽4種類の編み方&無料編み図と毛糸の選び方をご紹介します。
 
手編みの帽子があれば、赤ちゃんのかわいさもより引き立ちますよ。

 

新生児に似合う♪とんがりがキュートなどんぐり帽子

 


まずは、てっぺんのとんがりがキュートなどんぐり帽子をご紹介しましょう。
 
「どんぐり帽子は、赤ちゃんの可愛さが引き立つ」と、SNSでも話題のアイテムです。
 

材料と道具

 


どんぐり帽子を編むために必要な材料と道具は、以下の4つです。

●オーガニックコットンヤーン(合太)約35g
●かぎ針 5/0号
●とじ針
●ハサミ

 
編み糸は、赤ちゃんの肌にやさしい綿100%のコットンヤーンがおすすめです。
 

編み方

 


それでは、どんぐり帽子の編み方をご説明します。
 
出来上がりサイズは、頭囲46cm、高さ17cm(とんがり部分を含む)です。
 
1.
糸の輪の作り目をし、細編み6目編み込み。
 
2.
2段目を編みます。1目置きに細編み2目編み入れて3目増やし目します。全部で9目になりました。
 
3.
3段目~7段目は、目の増減なしで細編み9目編みます。
 
4.
8段目は、すべての目に細編み2目編み入れて9目増やし目します。全部で18目になりました。とんがり部分ができました。
 
5.
9段目からは、長編みで帽子本体を編みます。
 
鎖編みを3目編んで立ち上げ、すべての目に長編み2目編み入れて増やし目します。全部で36目になります。
 
6.
10段目以降は、次のように編んでください。
 
10段目:増減なしで長編みを36目
11段目:長編み1目・長編み2目編み入れるを繰り返し。54目に増やし目
12段目:増減なしで長編み54目
13段目:2目置きに長編み2目編み入れるを繰り返し。72目に増やし目
14段目:増減なしで長編み72目。
15段目:3目置きに長編み2目編み入れるを繰り返し。90目に増やし目
16段目:増減なしで長編み90目編みます。
17段目:4目置きに長編み2目編み入れるを繰り返し。108目に増やし目
18段~24段目:目の増減なしで長編み108目編みます。
 
最後に糸始末をして完成♪
 
編み図は以下のサイトを参考にしてくださいね。
 
■参考:どんぐり帽子の編み方!かぎ針編みで作るベビー帽子|Craftie Style
 

初めてのお出かけにも◎お花付きベビーヘアバンド

 

続いては、お花付きベビーヘアバンドをご紹介します。
 
ベビーヘアバンドは、新生児のまばらなヘアをドレスアップするのにピッタリ♪
 
赤ちゃんの頭を締め付けないように、優しく編んでくださいね。
 

材料と道具

 


ベビーヘアバンドを作るために必要な材料と道具は、次の4つです。

●毛糸(並太)
●かぎ針 7/0号
●とじ針
●ハサミ

 

編み方

 

出典:Craftown.com

続いて、編み方はこちら。
 
1.
鎖編み67目編みます。
 
2.
鎖1目空け、端まで細編みを66目編みましょう。引き抜き編みをして輪にします。
 
3.
1段目は細編み66目編みます。
 
4.
2段目はシェル編みを22回。
 
5.
3段から5段は、下のシェル編み2つの間にシェル編みをします。
 
6.
6段目は、シェル編みの間に鎖編み1目・細編み2目編み。最初の編み目を引き抜き編みして輪にします。
 
7.
7段目は、鎖編み1目・細編み1目を繰り返し。最初の編み目を引き抜き編みして輪にします。
 
糸始末をして出来上がり♪
 
■参考:Free Crochet Pattern – Spring Shell Headband|craftown.com
 
こちらは、英語なので、日本語で確認したい場合はブラウザの翻訳機能を使うと便利です。
 
「Google Chrome(グーグルクローム)」を使ったウェブサイトの翻訳方法については、以下のサイトを参考にしてください。
 
■参考:Chrome の言語の変更とウェブページの翻訳
 

100均材料で作る♪リボン型ベビーヘアバンド

 


こちらでは、リボン型ヘビーヘアバンドをご紹介します。
 
ゴムを編み込むので、使っているうちに伸びてくることもないところがGood!
 
100均に売っている材料だけでも編むことができますよ♪
 

材料と道具

 


この作品を編むのに必要な材料と道具は、次の7つです。

●ふわもこの糸 2玉
●リボン用糸 1玉
●細めのヘアゴム 6m
●かぎ針(ヘアバンド用)
●かぎ針(ゴム編み込み用)
●とじ針
●ハサミ

 
かぎ針は、糸の太さにあわせて選びましょう。糸のラベルに記載されているかぎ針の号数を参考にしてください。
 

編み方

 


それでは、リボン型ヘアバンドの編み方をご説明します。
 
出来上がりサイズは、幅8㎝×赤ちゃんの頭囲です。
 
赤ちゃんの頭囲を測って出来上がりサイズを決めてくださいね。
 
1.
ヘアバンド本体を編みます。
 
作り目をして8㎝鎖編みを編みます。
 
鎖編みに細編みをします。段を編み進め、頭囲分の長さになるまで細編み。最後に鎖編みをし、糸を引き抜いてカットします。
 
編んだバンドを二つ折りして端を巻きかがりして輪にします。
 
2.
ヘアバンドを編んだかぎ針より1サイズ小さいかぎ針で、ゴムを編み込んでいきます。
 
輪にしたバンドの上端に細編み1目置きにかぎ針を出し入れしながら、鎖編みの要領でゴムを編み込み。
 
バンドの下端も同様にしてゴムを編み込みます。本体ができました。
 
3.
リボンの真ん中を編みます。幅3.5㎝×長さ10㎝の長方形を作りましょう。
 
鎖編みで3.5㎝編みます。鎖編みに細編みをします。
 
段を編み進め、10㎝程度になるまで細編み。
 
4.
リボン本体を編みます。幅8㎝×長さ36㎝の輪編みをしましょう。
 
鎖編みで36㎝編みます。最初の目に針を入れて引き抜き編みして輪にします。
 
8㎝の幅になるまで細編みで輪編み。
 
5.
リボン本体の形を整えて中央をぐし縫いします。
 
ヘアバンド本体にリボン本体を重ねて、軽くぐし縫いして縫い合わせます。
 
ぐし縫いした箇所にリボンの真ん中を巻き、端を巻きかがりします。糸始末をして出来上がり♪
 
■参考:かぎ編み・リボンのヘアバンドの編み方の作り方|ハンドメイド、手作り作品の作り方ならアトリエ
 

誕生日や記念日におすすめ!簡単ベビークラウン

 


続いては、ベビークラウンをご紹介しましょう。
 
近年、生後半年のハーフバースデーを祝う方も増えてきました。
 
ベビークラウンは、ハーフバースデーや誕生日を初めとする赤ちゃんの記念日にピッタリですよ♪
 

材料と道具

 


ベビークラウンを編むのに必要な材料と道具は次の4つです。

●オーガニックコットン
●かぎ針 5/0号
●とじ針
●ハサミ

 

編み方

 


それでは、ベビークラウンの編み方をご説明します。
 
出来上がりサイズは、頭囲42~44㎝です。
 
1.
鎖編み60目編みます。最初の目に針を入れて引き抜き編み。輪になります。
 
2.
1段目、細編み。2段目は細編み・長編みを交互に編みます。
 
3.
3段・4段は、細編み。
 
4.
5段目は、引き抜き編み1目・細編み2目・長々編み1目・鎖編み2目・長々編み1目・細編み2目 を繰り返し。
 
5.
6段目は、引き抜き編み1目・細編み2目・長編み2目・鎖編みから1目増やして長々編み2目・鎖編み3目のピコット編み・長々編み・長編み2目・細編み を繰り返し。
 
糸始末をして出来上がり♪
 
編み図は以下のサイトを参考にしてくださいね。
 
■参考:編み図つき♡ベビークラウン作ってみた|週5保育園×週3パートゆるくワーママ始めました 【Gollum’s Official Blog】
 

かぎ針編みの編み方が分からない時は動画でチェック!

 


デリケートな赤ちゃんの肌に優しいベビーコットンで、かわいいニット帽を編んであげたいもの。でもいざ編み始めてみると、こんなことで躓いてしまうことも多いのではないでしょうか?
 
「立ち上がりの目って何のこと?」
「細編みの引き抜く方法がイマイチわからない」
 
そんな方には、たった3週間で基本の編み方をマスターできるMIROOMのスターターキットがおすすめです。
 
長編み・こま編み・くさり編み・糸の変え方・糸始末の仕方
 
といったかぎ針編みのベーシックな手法を身に付けながら、まずは基本のコースター作りから始めてみましょう。
 

気になる価格は、6つのレッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。
 
ご自宅に届き次第すぐにスタートできるので、「おトクに、本格的な編み物を楽しみたい」という方にもぴったりです♪
 
ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題♪
 
インスタでも人気の著名な先生から直接教われば、可愛い編み物作品も思いのままにお作りいただけますよ。
 
さらに最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、刺繍や羊毛フェルトの手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で学べるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。
 

新生児の平均頭囲サイズって何センチ?

 


ところで、みなさんは新生児の頭のサイズってご存じでしょうか?
 
新生児の平均頭囲は、次の通りです。

●男の子 33.5cm
●女の子 33.1cm

 
赤ちゃんの頭の大きさの変化は大きいので、きちんとメジャーで測ってから帽子を編みましょう。
 
少しゆるめに編んで、ゴムを編み込んで調節するのおすすめですよ♪
 
■参考:赤ちゃんの頭囲の平均サイズ一覧表|帽子選びの参考に
 

成長に合わせてサイズ変更したいときは?

 

新生児から1歳までの赤ちゃんは成長が著しく、頭の大きさもかなり変化します。また、個人差も大きいですよね。
 
せっかくの手編みですから、赤ちゃんに合わせてピッタリサイズのニット帽を編んであげたいもの。
 
ここでは、赤ちゃんの成長に合わせてニット帽のサイズを変更する方法をご説明しましょう。

 
自由にサイズ変更できるようになれば、お姉ちゃんお兄ちゃんとのお揃いも叶いますね♪
 
大人サイズの帽子を編んで、親子コーデにするのも素敵。
 
ニット帽子のサイズ変更は、トップ部分の段数(目数)と本体部分の段数を変えることで対応します。
 


サイズを小さく場合はトップ部分3段、本体部分4段目までにしましょう。
 
サイズを大きくする場合は、9目ずつ増やすようにしましょう。
 
本体部分を5段目まで編んで、ちょうどよい長さになるように調整してください。
 
毛糸とかぎ針を太くしたり、細くしたりすることで、サイズを調節することもできます。
 
ベビー帽子のサイズ調節方法は、以下の記事でも紹介しています。ぜひ、参考になってくださいね♪
 
◆参考記事:どんぐり帽子の編み方♪親子で楽しむ赤ちゃん向けベビーキャップの作り方
 

赤ちゃんのお肌にも安心♪安全な毛糸の選び方

 

デリケートな赤ちゃんの肌にも安心な毛糸を選びたいものですよね。

 
化学製品を使わないオーガニックの糸を選ぶとベストですが、ベビーニット帽を編むための毛糸の選び方は以下のとおり。

 


●肌にやさしい素材
●毛足が短くて毛玉になりにくい
●中細
●ウォッシャブル

 
糸の毛足が長いものは、赤ちゃんの口に入りやすいので危険なので、毛足の短い糸を選ぶと良いでしょう。
 
ここからはそれぞれの項目について、さらに詳しくご説明しましょう。
 

肌にやさしい素材

 
赤ちゃんの肌は大人よりも表皮が薄くてデリケートです。
 
化学薬品を使っていないオーガニックの糸は赤ちゃんの肌にも安心。
 
オーガニックの糸は、コットン素材だけでなく、ウール素材の糸も販売されていますよ。
 
また、コットンとリネンの混紡糸はさらっとした肌触りがよく、春夏用の帽子を編むのにおすすめです。
 
秋冬用の帽子にはウールがおすすめ。
 
ウールのなかでもメリノウールは保温性が高く、ニオイの原因となる細菌の繁殖を防ぐ免疫機能もあります。ベビーニットに最適ですよ♪
 
オーガニック以外の糸でも、有機水銀化合物や遊離ホルムアルデヒドといったアレルギー検出検査を受けている糸は安心です。
 

毛足が短くて毛玉になりにくい

 
次のポイントは、毛足が短くて毛玉になりにくいか否かです。
 
毛足が長いものは、遊び毛が飛びやすいので、赤ちゃんの口に入りやすくなります。
 
また、毛足がからんで毛玉もできやすくなりますね。
 
毛玉ができると肌触りが悪くなり、デリケートな赤ちゃんの肌に刺激を与えやすくなるのでNGです。
 

中細

 
次は糸の太さです。中くらいの太さの糸の選びましょう。
 
極細といった細い糸は編み上がりが固くなりがち。デリケートな赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまいます。
 
極太のような太めの糸は、編み目が大きくなりがちで、小さな赤ちゃんの指が編み目に入ってしまうことも。
 
ベビーニット帽を編むには、中細の糸がおすすめですよ。
 

ウォッシャブル

 
最後のポイントはウォッシャブルかどうかです。
 
小さな赤ちゃんは汗っかきで、ミルクの吐き戻しも多いもの。
 
ベビー用品は、こまめにお洗濯して清潔にしておきたいですね。
 
ウォッシャブルと表記されている糸をお選びになることをおすすめします。
 
赤ちゃん用に販売されている糸をお使いになると安心ですよ。
 
■参考:ベビー用品の編み物は赤ちゃん用毛糸が必須!安心素材のおすすめ毛糸10選|トモママ
 

新生児の肌ににやさしい帽子を編もう♪

 


 
生まれたばかりの赤ちゃんは、繊細で肌もデリケート。
 
素材がはっきりわかって安心できる手編みの帽子をかぶせてあげたいですね。
 
手編みの帽子があれば、ご家族とのコーデも楽しめますよ♪
 
また、ニット帽とおそろいの糸で一緒に手編みのおもちゃを作ってみても素敵です。
 
手編みのおもちゃは、以下のレッスンも参考にしてくださいね。
 
◆参考レッスン:
りんりんミツバチ
クマさんのカラカラキューブ