こぎん刺しってどんなもの?温もり感じる津軽の伝統

「こぎん刺し」ってどんなもの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はな(@hanakogin)がシェアした投稿

 

近頃、手芸用品店や、ハンドメイド作品で「こぎん刺し」を使った小物をよく見かけるようになりました。

 

一針一針、人の手で刺された繊細なこぎん刺しには、懐かしさや温もりが感じられると同時に、不思議と現代らしさも感じられます。また、どれだけの時間がかかったんだろう?という驚きと、その素晴らしさに息をのむような、素晴らしい作品が多くあります。

 

伝統工芸でありながら、現代らしさも感じられる「こぎん刺し」とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

「こぎん刺し」の発祥

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

musubi(@musubi_work)がシェアした投稿

 

「こぎん刺し」は、今から300年以上前の江戸時代、青森県の津軽地方で生まれました。

 

寒い津軽地方では木綿の栽培が難しいことに加え、綿は高価なものだったため、他藩からの買い付けが出来ず、農民は麻を栽培しその麻を織って着物にするよう津軽藩から命じられました。

 

しかし、麻の着物は織り目が荒いため、寒い津軽地方では寒さをしのぐことができません。そこで、女性たちが一針ずつ糸を刺して補強と保温効果を図ったことが始まりと言われています。

 

 

今では、カラフルなこぎん刺しも目にしますがそれは、最近のことです。

 

もともとこぎん刺しは、紺地に白い糸で模様が刺されているものばかりでした。

 

それは、津軽藩から「農民倹約分限令」が発令された頃、木綿や色物が禁じられていたため、紺麻布を用いた着物を着ていたからです。

 

しかし、このことが紺色と白の美しいこぎん刺しに繋がったのです。

 

「こぎん刺し」とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuka(@yuka_msy)がシェアした投稿

 

「こぎん刺し」とは、日本三大刺し子の1つで、青森県津軽地方に伝わる伝統刺し子技法です。

 

日本三大刺し子には、「津軽こぎん刺し」「南部菱刺し」「庄内刺し子」の3種類ありますが、「津軽こぎん刺し」と「南部菱刺し」は、刺し子の中でも「目塞ぎ刺し」と言われる独自の刺し方で、布の目を数え、麻布に一針ずつ刺し、模様を1段ずつ仕上げていきます。

 

南部菱刺しは、青森県南部地方に伝わる伝統刺し子技法で、模様の構成や色遣いに違いがあるものの、元となる方法は津軽こぎん刺しと同じく、共通点も多く見られることから、こぎん刺しの1つと認識されることがあります。

 

どちらも、農民の知恵から生まれたもので、地元の女性たちが継承してきた伝統技法ですが、こぎん刺しとは別の伝統工芸なのです。

 

今回は、津軽地方に伝わる「津軽こぎん刺し」についてお話ししていきます。

 

こぎん刺しには、クルミの殻や、豆、蝶、猫の目など、北国の生活に馴染んだものをモチーフにした「モドコ」と言われる基礎模様があります。

 

この、モドコを使って様々な模様組み合わせて作っていくことで、あの美しい幾何学模様が生み出されるのです。その美しさは現代デザインにも通じるものがあり、現在も親しまれているのだと思います。

 

「こぎん刺し」の種類

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kogin-atelier Tubomi(@kogin_atelier_tubomi)がシェアした投稿

 

こぎん刺しは、その地域によって「東こぎん」「西こぎん」「三縞こぎん」と呼ばれ、それぞれに特徴があるのです。この3つについてお話しします。

 

 

東こぎん・・・青森県津軽地方を流れる岩木川を境に、お城のある弘前市から東側、黒石市、平川市、弘前石川地区など、現在の南津軽郡で生まれました。

 

太めの荒い麻糸で織った布に刺したものが多く見られます。単独模様を繰り返し使用し、前身ごろから後ろ身ごろまで同じ模様が施されているのが特徴です。

 

 

西こぎん・・・岩木川を境に弘前市の西側、西目屋村、弘前市岩木地区、弘前市相馬地区など、現在の中津軽郡の農村で生まれました。

 

苧麻(からむし)と呼ばれる細い糸で織った布に刺されているため、模様も緻密なことが特徴です。この模様は、魔除けや蛇除けの意味を込めて、轡繋ぎ(くつわつなぎ)が刺されています。また、重たい荷物を背負うために肩には縞模様が施されています。

 

 

三縞こぎん・・・岩木川の下流、北津軽郡の旧金木町(現在は五所川原市)や、西津軽郡の旧車力村・木造町(現在はつがる市)で生まれました。

 

鮮やかな太い3本の縞模様が施されているのが特徴です。しかし、この地 域では冷害や凶作に見舞われることが多かった為に、刺し手が少なく、現 存する三縞こぎんの着物は非常に少なく貴重なものとされています。

 

「こぎん刺し」を始めよう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHINO(@pugnusmile)がシェアした投稿

 

こぎん刺しは独自のルールで刺していくため、「難しそう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、小学校のクラブ活動でも「こぎん刺し」が行われているくらいなので、基本がわかると初心者の方でも刺すことができますよ!

 

それでは、必要な道具を揃えて、実際にこぎんを刺してみましょう。

 

必要な道具

 

布・・・コングレス

 伝統的な布は麻布ですが、現在はコングレスを使用することが多いです。

 

糸・・・こぎん糸

 無ければ、25番刺繍糸や、刺し子糸でも出来ます。

 

針・・・こぎん針

 先が丸くなったクロスステッチ用の針でも代用できます。

 代用する場合は、こぎん糸を通すので、針穴の大きいものを選びましょう。

 

モドコ・・・こぎんの基礎模様

   ダウンロードできるホームページもあります。

 

どこで購入できるのか

 

手芸用品店や、楽天・Yahoo!などのネットショップでも購入可能です。

 

初心者の方は、必要なものが揃ったキットになっているものもありますので、そちらがおすすめです。

 

最近では、100均でも購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

 

始める前の準備

 

・布端の始末をしましょう。
コングレスはほつれやすいため、やや大きめに準備をしましょう。

裁断したら、布端がほつれないように、周囲を縫い糸でかがっておきます。

ほつれ止め液や、洋裁用の接着テープを使うのもおすすめです。

 

・糸の準備
こぎん糸や25番刺繍糸は、1m程にカットします。

カットした糸を中央から1本ずつ引いて、6本の糸を揃えます。

 

・図案の準備
モドコを方眼用紙に描いても良いですが、データをダウンロードできるホームページもあるので、そちらを活用されるのも良いと思います。

 

図案の見方

 

今回は、こぎん刺しの基本模様の1つ、「五筋のカチャラズ」という小さなひし形模様で説明します。

画像引用 https://shimaya.info/about-kogin/img/kogin-pattern/kacharazu5.jpg

 

・方眼の縦線1本が布の経糸(たていと)1本、方眼の横線1本が布の緯糸(よこいと)1本となります。

 

・図案の横太線は、実際に刺す糸を表しています。
例えば、縦線1本に横太線が交差して描かれている場合は「一目」と数えて、布の経糸1本をまたいで糸を刺します。縦線3本に交差して描かれている場合は、「三目」と数え、布の経糸3本をまたいで糸を刺します。

 

 

慣れるまでは、見方に戸惑うかもしれませんが、刺し慣れてくるとともに、図案も見慣れてきますので、ご安心を。

 

基本の刺し方

 

それでは、実際に「五筋のカチャラズ」を刺してみましょう。

 

刺す際の注意点は、横地の方向に沿って経糸をすくうことです。

 

コングレスには、縦地、横地がありますので注意しましょう。布を引っ張ったときに少し伸びるのが横地です。

参考URL https://shimaya.info/about-kogin/img/kogin-pattern/kacharazu5.jpg

 

本来は、模様の真ん中から上下に分けて刺していくこぎん刺しですが、今回は模様が小さいので上から刺していきます。

 

1.①の位置に布の下から針を出します。
この時、玉結びはせず、布の裏側に糸端を4~5㎝程残しておきます。
セロハンテープなどで留めておくと抜ける心配がありません。

 

2.モドコの通り、経糸を1本またいで針を刺します。

 

3.②の位置に布の裏から針を出します。

 

4.モドコの通り、経糸を3本またいで針を刺します。

 

5.この後は、モドコに従ってこの作業を繰り返します。

 

6.刺し終わったら、布の裏側にある刺し糸に3~4回ほど絡めてハサミで切ります。
このときに、刺し初めで残しておいた糸の端も同様に処理します。

 

 

こぎん刺しでは、奇数の目を刺していくこと、玉結びや玉止めはしないこと、らせん状に刺していくことが特徴です。

 

 

また、ポイントは3つ!!

①一針ごとに糸を引く際に、強く引っ張りすぎないようにすること。

 

②一段ごとに糸こきをすること。

 

③糸によりがかかったときには、針を回してよりを戻してから刺すこと。

 

 

これを実践することで、ふっくら綺麗に仕上がりますよ!

 

この「カチャラズ」をいくつか並べるだけでも可愛らしい模様ができますし、並べ方を変えてみたり、他の模様との組み合わせで様々な模様を作ることができます。

 

モドコにはたくさん種類がありますので、色々な模様にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

「こぎん刺し」を使った小物の紹介

 

こぎん刺しを使って、大きなタペストリーや、鞄、小物などを作ることもできます。

 

今回は、チャレンジしやすく、普段使いが出来る、こぎん刺しを使った小物をいくつかご紹介します。

くるみボタン

画像引用

https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Ffu0119ama0406%2Fe%2F5bc5dd0bb3c372e4313d44eff3a2c5be&psig=AOvVaw2o_mNSCZ1zIveuaCOopPEP&ust=1615351598334000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCPDg_OOzou8CFQAAAAAdAAAAABAH

 

コロンとした可愛らしいくるみボタン。これを応用して、ヘアゴム、ヘアピン、ピアス、ブローチなどのアクセサリーも作ることができます。

 

コースター

 

画像引用

https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.pinterest.jp%2Froomk164%2F%25E3%2581%2593%25E3%2581%258E%25E3%2582%2593%25E5%2588%25BA%25E3%2581%2597%2F&psig=AOvVaw0ebzkycRdBq3NtKVEw49Fj&ust=1615351850709000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNjO6tu0ou8CFQAAAAAdAAAAABAW

 

布全体に模様を刺して、こんなに素敵なコースターをつくることも出来ます。

 

また、ワンポイントで模様を刺しても可愛らしい作品になりそうですね。

 

ポーチ

画像引用

https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.angers-web.com%2FForm%2FProduct%2FProductDetail.aspx%3F%26pid%3D152308&psig=AOvVaw2e10HjBPZIn36AmnENO8IO&ust=1615352515219000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNDV4pi3ou8CFQAAAAAdAAAAABAH

 

こぎん刺しがアクセントになったポーチも素敵ですね。また、ポーチ全体に施すと雰囲気がガラっと変わりますよ。

 

バッグ

画像引用

https://www.google.com/url?sa=i&url=http%3A%2F%2Fwww.kogin.co.jp%2Fhtml%2Fproducts%2Fdetail%2F10&psig=AOvVaw0FUgU1g1dcerFLOOYQwb92&ust=1615352873390000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCODGiOe4ou8CFQAAAAAdAAAAABAZ

 

このようなバッグも素敵ですね。色の組み合わせや、模様の配置でカジュアルにもシックにもなります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

「こぎん刺し」は、日本三大刺し子の1つとしても知られ、青森県津軽地方に伝わる伝統刺し子技法です。農家の女性の知恵から生まれたものですが、繊細で温もりが感じられる作品は、現代デザインにも通じるものがあり、現在も人気です。

 

こぎん刺しの特徴である幾何学模様は、「モドコ」という基礎模様を組み合わせて作られるもので、色や、模様の組み合わせ次第でアイディアがどんどん膨らむことが、こぎん刺しの魅力だと思います。

 

基本がわかるとどんどんアレンジできますので、こぎん刺しを身近に感じて、あなただけの作品作りを楽しみましょう。