【かぎ針編み】初心者でも素敵に仕上がる♪手編みバッグの作り方

 

バッグや小物作りにはかぎ針編み!

 

編み物を始めてみたい、と思ったら何から作りますか?
 
かぎ針編みはバッグや小物、衣類など何でも編めて、とても自由度が高い編み技法です。
 
初心者にも編みやすく、簡単に作品が作れるのが人気の秘密。
 
さっそく、素敵な手編みバッグを作ってお出かけしましょう♪
 
すぐできるかぎ針編みのバッグの作り方をご紹介します。
 

編み物道具をそろえる

 

 
まず、かぎ針を用意することから始まります!
 
かぎ針は太さが2~10号まであり、それ以上の太いかぎ針は7mm~15mmとミリ単位であります。
 
まずは使いたい材料となる糸に合わせたかぎ針をそろえましょう。
 
バッグを編むのであれば、細い糸はあまり適しませんので並太~極太ぐらいが編みやすいです。
 
人気のTシャツヤーンはとても太く、かぎ針は7mm以上のものを使用しますので、その場合は太いかぎ針をそろえてください。
 
使用したい糸のラベルに、適した使用針が記されていますので、参考にしましょう♪
 

デザインのかなめ!底の形を決めよう

 
バッグを編む時に重要なデザインは、底の形をどうするかです。
 
・楕円底
・丸底
・四角底
 
大まかに分けてこの3パターンです。大きさも考えながら、形を決めましょう。
 

 
こちらは楕円型です。底が横長になりますので、丸底よりも荷物がたくさん入ります。
 
A4サイズが横に入る大きさ、長財布が入るサイズなど、目安になるもので横幅を考えるととバッグのデザインが決めやすいと思います。
 

 
丸底はマルシェバッグやバケツバッグを編めます。
 
小さいサイズのバッグにも適していますので、可愛らしい形のデザインが合います。
 
底のサイズも自由に大きくできますので、A4ぐらい入れたいのであれば直径をその長さになるように円を編みましょう。
 

 
四角底にもできますよ。画像の奥の大きい方が四角い底です。
 
長方形や正方形を編んで、上に編み上げていくとでき上り、丸底や楕円底と同じように上に増減目なしで編むとバッグの深さを出せます。
 

 
丸や楕円に編むのが大変、と言うことであればこのような底板を使用すると、いいですよ!
 
形もいろいろあり、レザー素材のものも手芸店で販売されています。
 
底板はとても硬く、しっかりとしていますので自立したバッグが作れて、おすすめ。
 
板に空いた穴から糸を編みつけて、バッグを作る方法です。
 

バッグに適した糸

 

「好きな色で選んだら、すごく細かった」
 
「モコモコしていて冬以外、使えなかった」
 
どんな糸を使用してもバッグは編めます。
 
でも、重いものを入れて穴が開いてしまったり、シーズンが合わなくて使えなかったりでは、せっかく編んだバッグが台無しですね。
 
やはり適した素材や太さなどがありますので、初心者にも編みやすい編み糸をご紹介します。
 

みんなが編んでるフックドゥ・ズパゲッティ

 

 
このバッグが作りたくてかぎ針編みを始める人も多い、人気のTシャツヤーンです。
 
カットソー、Tシャツの端材からできているエコ素材。
 
太めなので編み上がりが早く、バッグやポーチなどの小物に適しています。
 

あたたかいウール

 

 
冬にピッタリな糸はやはりウールです。あたたかく、寒い季節によく合いますね。
 
真夏の暑い時には、さすがに使えませんが冬用バッグとして編むといいですよ。
 
カラーも豊富で、太さもバッグに合うものがあります。
 
ウールは使いこむとフェルト化し、1枚の布のようになっていくので長く使用できますよ。
 

夏にはかごバッグ!

 

 
かごバッグを作るのに適した糸もあります。
 
こちらはハマナカ製のエコアンダリア。夏には必ず使う、と言っていいほど有名なレーヨン素材の糸です。
 
帽子やバッグを作る方が多く、軽くてカラーバリエーションも豊富。
 
夏にしか使えないイメージですが、この糸とウールや綿の糸を合わせて一緒に編んだりと、アレンジが可能です。
 

オールシーズンOK!コットン糸

 

 
何と言ってもオールシーズン使えるのは綿の糸です。小物や衣類にもよく使われます。
 
洗濯もできて、お手入れ簡単。黒やベージュなど定番カラーで編めばいつでも使えますね。
 
編みやすくカラー豊富、太さの種類も多いので初心者向け。
 
どれがいいか決められない時は、コットン糸を選ぶと失敗が少ないのでおすすめですよ。
 

初心者でも編める簡単バッグの作り方

 

簡単ですぐ編めるバッグの作り方をご紹介。
 
1つ編めれば、思いのままアレンジ可能です。
 

デザインを決める

 
どんなバッグにしたいのか、デザインを決めましょう。
 
底の形と、バッグの横幅と深さ(高さ)を決めてください。
 
持ち手も必要となります。肩掛けにしたい場合は長くなりますので、お手持ちのバッグを計ってみましょう。
 
イメージを絵に描いて、寸法も書き込むと編む時の目安になります。
 
決めたことをどんどん、絵に書き込んでいきましょう!
 
その絵を元に、編んでいきます。
 

簡単な編み方

 
決めた絵に沿って編みますが、ここでは一番人気のあるマルシェバッグの作り方を説明します。
 
1.底を編みます。マルシェバッグは丸底ですので、円に編んでいきます。
 輪の作り目をして、6目こま編みを編み入れてください。
 コースターを編む時などと同じです。
 
2.目が編めたら、2段目以降6目ずつ増し目をして丸を大きくしていきます。
 丸の直径を計って底の大きさを決めてください。
 その後は毎段ではなく2~3段起きに増し目していきます。
 
3.横幅を計りデザインで決めた長さになれば、もう増し目は必要ありません。
 増し目無しでお好みの深さになるまでグルグルと編み進めましょう。
 
4.持ち手を作ります。太さと長さを決めたら、こま編みで編んでいきますよ。
 長さ+縫い代(1.5×2)で幅は3㎝ほどになるよう、長方形のものを2つ編んでください。
 肩掛けにしたい場合は長く編んでくださいね。でき上ったものをバッグに縫い付けたら完成です!
 
市販で持ち手だけも販売されています。底と同じく、編むのが大変なようならば持ち手も購入して付けてみましょう!
 

素敵なバッグデザイン

 

参考にしたい素敵なバッグを集めました。
 
お好みのデザインを見つけましょう♪
 

ズパゲッティのアレンジ

 

 
キレイなグラデーションで編んだズパゲッティのバッグです。
 
底板を使用しているので、編み上がりも早く初心者にも作れますよ。
 
持ち手はバッグと一体化しているタイプなので、編みながら最後の段で持ち手を作ります。
 
縫い付けと違うので、別に編まなくて良いのがポイントです。
 

 
こちらは編み込み模様をして、ファーを付けたオシャレバッグ♪
 
フワフワのファーが可愛いですね!
 

かぎ針編みでもアラン模様

 

View this post on Instagram

@macaronit77がシェアした投稿 – 2018年10月月14日午後5時22分PDT

 
アラン模様は棒針編みだけではなく、かぎ針編みでもできます。
 
引き上げ編みで編んだポコポコした編地が可愛いですね!
 

編み込み模様のバッグ

 

 
和柄を編み込んだバッグ。落ち着いた色味が素敵です。
 
編み込み模様は初心者には少々、難しいですがいつかは挑戦したいですね。
 

丸いフォルムのサークルバッグ

 

 
丸いモチーフを2枚合わせた、サークルバッグです。
 
今、トレンドのバッグですね。
 
小さくも、大きくもできるのでお好きなデザインにアレンジできます。
 
寒い時期は糸をウールにして編んでも、オシャレに仕上がりますよ。
 

ぺったんこバッグ

 

 
底なしにしたぺったんこバッグもできます!
 
くさり編みで輪っかにして編み上げていくと、筒状のものができ上ります。
 
とじ針を使い、底を閉じてくださいね♪持ち手を付ければ完成です。
 

手編みバッグでお出かけしよう

 

かぎ針編みで作る、バッグの作り方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
編み物は一本の糸から形作る素敵なクラフト。オリジナルの物を作り出せる編み物を楽しんでください。
 
お好みのバッグを編めたら、お出かけしてみましょう!