バレンタインデーの由来は古代ローマにあり?愛に生きた聖人の物語

愛する人に想いを伝えるバレンタインデーの由来って?


もうすぐバレンタインデー。
 
日本でもすっかり定着したバレンタインデーは、毎年恋人やご友人と過ごす大切なイベントになっているのではないでしょうか。
 
しかしなぜ2月14日をバレンタインデーと呼ぶのか、みなさんはご存知ですか?
 
実は「バレンタイン」という言葉は、実在した聖人ウァレンティヌスに由来しています。
 
一体、彼はどのような人物だったのでしょうか。
 
今回は意外と知らないバレンタインの由来と一緒に、古代ローマにおける愛の物語をご紹介していきましょう♪
 

バレンタインの起源「ユーノーの祝日」とは?


バレンタインについて語る上で知っておきたいのが、ユーノーの祝日というローマ神話のお祭りです。
 
ときは3世紀のローマ。
 
当時ローマの宗教と言えばローマ国教で、2月14日は結婚生活を守護する女神ユーノーの祝日でした。
 
そして2月15日にはルペルカリア祭というお祭りがとり行われ、男女がくじ引きで結婚する相手を決めていたのだとか。
 
男女は別々に生活していて、女性が名前を書いた紙を桶の中に入れ、男性が桶から札を引くという具合です。
 
この方法で多くのカップルが誕生し、結婚したのだそうですよ。
 

「聖人ウァレンティヌス」ってどんな人だったの?


当時のローマは戦争漬けの日々。
 
ときの皇帝クラウディウス2世は、「愛する妻や家族がいるから」と戦争に行きたがらない若者に頭を悩ませていました。
 
「愛は戦争に対する士気を低下させる、国力の低下につながる」と考えた皇帝はなんと、結婚自体を禁止してしまいます。
 
これに強く反発したのがキリスト教司祭のウァレンティヌス(英語名:バレンタイン)
 
彼は結婚を望む兵士たちにこっそりと手を貸して、密かに結婚式をとり行なったのだとか。
 
ところがこれを知った皇帝は激怒。
 
罪を認めさせ、二度とそのようなことのないよう命令しましたが、それでも命令に従わなかったウァレンティヌスは処刑されてしまいます。
 
彼の処刑日には、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれ、彼はローマ神話のルペルカリア祭に捧げる生け贄とされてしまいました。
 

処刑の理由はローマ皇帝によるキリスト教の迫害?


ウァレンティヌスが処刑されてしまった背景には、彼がローマ国教徒ではなくキリスト教徒だったことも挙げられます。
 
当時のローマの国教は多神教。ローマ皇帝も神として崇められているのが普通でした。
 
けれども一神教のキリスト教徒は皇帝を神と認めなかったため、ローマ皇帝から迫害を受けることに。
 
特に56年から68年にかけて在位したローマ皇帝ネロは、キリスト教徒を迫害した暴君として知られています。
 
彼は64年に起きた大きな火事の原因をキリスト教徒による放火と決めつけて、彼らを逮捕し虐殺。
 
このときから、ローマ皇帝による長いキリスト教徒迫害の歴史が始まっていきます。
 

愛の守護聖人を祝う日がバレンタインデーに♪


ウァレンティヌス司祭の処刑後、彼はキリスト教の「愛の守護聖人」として敬愛されるようになっていました。
 
ときは流れ、496年。
 
キリスト教はさらに広まり、カトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇が力を持ち始めます。
 
当時のローマ教皇ゲラシウス一世は、自らを「イエス・キリストの代理者」と呼んでいたとか。
 
この頃にはすでに、キリスト教とローマ国教の力関係が逆転していたのですね。
 
さらにローマ国教のお祭りであるルペルカリア祭も「風紀が乱れる」として禁止され、その代わりに前日の2月14日に殉職したキリスト教司祭聖バレンタインを、新しく行事の守護聖人として祝うことに。
 
これが現在のバレンタインデーの始まりといわれています。
 

バレンタインカードもウァレンティヌスが始まり?


さて、英語圏ではバレンタインカードの最後に”From Your Valentine(あなたのバレンタインより)”や、”Be My Valentine(わたしのバレンタインになって)”などと書き添える風習があります。
 
これは、獄中でも恐れずに神の愛を語った聖人ウァレンティヌス(英語名は聖バレンタイン)にちなむもの。
 
聖人ウァレンティヌスは死ぬ直前、愛する彼女に「あなたのバレンタインより」と手紙を書き残したのだとか。
 
こうしてローマの若者たちは、2月14日、愛する女性に気持ちをつづった手紙を贈るようになったのだそうです。
 

日本のバレンタインは企業戦略のイベントって本当?


キリスト教が広まったのを皮切りに日本でもバレンタインが浸透したのかというと、そういうわけではありません。
 
日本においては宗教は一切関係なく、企業が海外の風習を真似て商業目的で普及させたのがきっかけなのだそう。
 
モロゾフや森永といった大企業が「バレンタインデーに愛する人にチョコレートを贈る」というキャンペーンを実施して、昭和50年代から徐々に定着していったのです。
 
バレンタインにチョコレートを贈るという風習は、実は日本独自のものなのだというから驚きですね。
 

 

意中の男性とのキョリを縮める年に一度のチャンス!

 

 
とはいえ、ここ日本でのバレンタインは気になるあの人との距離を縮める一大チャンス。
 
せっかく気持ちを伝えるのなら、今年のバレンタインにはキュートなアイシングクッキーを手作りしてみてはいかがでしょう♪
 
「アイシングクッキーってどうやって作るの?」
「簡単に手作りできるならトライしてみたい!」
 
そう思われた方は、ぜひこの機会にMIROOMのスターターキットで、アイシングクッキー作りを学んでみませんか?

 

こちらのキットで学べる内容は、以下の4つ。

◆アイシングクッキー用の型の作り方
◆アイシング用クッキーの作り方
◆ロイヤルアイシングの作り方
◆アイシングで白ウサギのデコレーション

 
まずは、お好きな形のクッキー型を作る方法を身に付けます。
 
そのあとは、時短で作れる絶品生地とカラフルなアイシングクリームのレシピを学びながら、可愛い白うさぎのアイシングクッキーを作っていきましょう♪
 
今回、MIROOMのアイシングクッキースターターキットを監修するのは、Instagramのフォロワー数15万人越えのスイーツアーティスト・上岡麻美先生。
 
元パティシエで専門学校の講師も務める上岡先生が作り出す洋菓子は、「まるで絵本の世界のよう!」とSNSでも話題です。
 
あの宮崎駿氏も絶賛するほどのアイシングレシピを、ご自宅にいながら今すぐ簡単に身に付けられますよ♪

 

 
気になる価格は、製菓材料&道具一式と4つの動画レッスンがセットになって送料込4,980円。
 
「はじめてだからこそ、こだわりの材料で素敵な作品を作ってほしい」
 
そんな思いから、製菓材料の定番メーカー「cotta」の薄力粉・粉糖・乾燥卵白とアメリカWilton社のアイシングカラーを、人気レシピとセットにしました。

 
ハイクオリティな素材を使えば、テクニック要らずでサクサククッキーの出来上がり♪
 
発色抜群の食用色素でデコレーションすれば、どなたでもカラフルで可愛い本格アイシングクッキー作りをお楽しみいただけます。

 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも好評価♪
 
キットの材料があれば、おしゃれで可愛いアイシングクッキーがたくさん作れるので、お配り用にも手作りしてみるのもおすすめですよ。
 

さらに全800本以上のレッスン動画が受講し放題MIROOM月謝会員なら、いつでも製菓材料と道具が送料無料に。
 
美味しいパンや手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

聖者の勇気を受け継いで意中の彼に想いを伝えよう♪


バレンタインデーは、意外にも宗教的な意味合いが強い祝日が由来でしたね。
 
けれども日本においては、恋する人々にとっての一大イベント♪
 
命をかけてまで恋人たちを応援したウァレンティヌスの勇気を少しだけ分けてもらって、今年こそ意中の彼に思い切って告白してみてはいかがでしょうか?