動物性と植物性?知っておきたい生クリームとホイップクリームの違い

生クリームとホイップクリームは別のもの?


ケーキのデコレーションやチョコレートのガナッシュなど、お菓子作りには欠かせない生クリーム。
 
けれどもスーパーの製菓コーナーに行くと、値段もパッケージも異なる生クリームがずらりと並んでいます。
 
たくさんの商品を店内で目の当たりにして、「一体どれを選んだらいいの?」と迷ってしまうことはありませんか?
 
生クリームを大きく分けると、動物性と植物性の2種類。さらに商品名も「生クリーム」と「ホイップクリーム」と異なっています。
 
ではお菓子作りに使うためには、この2つをどのように使い分ければいいのでしょう。
 
今回は、動物性・植物性の生クリームの違いをご紹介。お菓子作りが趣味の方なら、ぜひとも知っておきたい知識が満載です♪
 

生クリームとは?


生乳や牛乳を原料とした、乳脂肪分18%以上のもの。
 
これが「動物性の生クリーム」と呼ばれているものです。
 
それ以外のものは、商品名に「生クリーム」と記載することはできません。
 
少量の植物性油脂や添加物を含んでいるだけでも「生クリーム」の規格外となってしまうのです。
 


動物性の生クリームは、乳脂肪分の割合によって適した用途が異なります。
 
一般的にプリンやムースなどの製菓用に使われるのは、乳脂肪分が35~38%のもの。
 
泡立てて使用する際には、乳脂肪分が高い40%以上のものが適しています。
 
一方で、乳脂肪分30%以下の低いものは、コーヒークリームなどに使用。
 
作りたいお菓子があるときには、生クリームの乳脂肪分をチェックして上手に使い分けてくださいね。
 

ホイップクリームとは?

出典:雪印メグミルク株式会社

スーパーには、コーン油、綿実油、大豆油、ヤシ油などの「植物性油脂」に乳化剤などを加え、クリームのように加工した製品が多数出回っています。
 
「ホイップクリーム」として生クリームと同じコーナーに並んでいたり、お菓子教室でも「植物性の生クリーム」と呼ばれたりします。
 
けれども、すでにご紹介したように、生乳を原料としていないこちらは正確には「生クリーム」ではありません。
 
商品名には「ホイップクリーム」「フレッシュクリーム」などと書かれていて、動物性の生クリームと同様、泡立てて使用することもできます。
 
選ぶ際には商品名をチェックしてみてくださいね。
 

生クリームとホイップクリーム、その違いは5つ!


生クリームとホイップクリームを見分けることができるようになっても、お菓子作りには一体どちらを使うべきなのか、迷ってしまうこともあるかもしれません。
 
実際に使ってみて、その使用感に違いは出るのでしょうか?
 
ここからは、生クリームとホイップクリームを実際に使用した際の違いについてご紹介♪
 

価格が違う


生クリームとホイップクリームの違いで、まず最初に目に留まるのが価格の違い。
 
生乳を原料とした生クリームは、全体的に価格が少々お高め。
 
それに対してホイップクリームの原料となる植物性油脂は安価なため、こちらは比較的お手頃な価格設定になっています。
 
乳製品の価格が高騰している最近では、その差はさらに歴然としてきています。
 

味が違う


価格が違うとなれば、次に気になるのはやはりお味。
 
生クリームは何といっても、風味やコクが豊かです。
 
スーパーなどでは、乳脂肪分の濃度が異なる生クリームが数種類販売されていることも。
 
乳脂肪分が多いほど、濃厚で深い味わいを楽しむことができます。
 
一方で植物性のクリームは、さっぱりとした軽い味わいが特徴的。
 
コクや風味は生クリームに劣りますが、その分マイルドであっさりした味に仕上げることができます。
 

色が違う


ケーキのデコレーションに使用すると、動物性の生クリームはクリーム色に近い色合い。
 
ケーキの仕上がりは上品でシックな印象に。
 
対して植物性のホイップクリームは、ミルクのように真っ白な色が特徴的です。
 
イチゴなどのフルーツで彩りを添えると、さらに華やかな印象に仕上がりますよ。
 

泡立ちが違う


動物性の生クリームを泡立てると、みるみる状態が変化していきます。
 
最初は液体だったクリームにだんだんとろみがついて、さらに泡立てるとピンと角が立つようにしっかりと泡立ちます。
 
ところが、そこからさらに泡立て続けると、乳脂肪分と水分が分離してぼそぼそとした舌触りに。
 
最終的には乳脂肪分のかたまりが出来て、バターとなってしまうのです。
 
このように、液体から固体への変化が激しいのが生クリームの大きな特徴です。
 


一方、ホイップクリームはというと、泡立てても変化は緩やか。
 
泡立てすぎても、生クリームのようにぼそぼそとすることはありません。
 
初心者さんにも扱いやすいのが、ホイップクリームの長所といえるでしょう。
 
ただし、その分泡立てに時間がかかるので、時間に余裕を持って作ってくださいね。
 

賞味期限が違う


動物性の生クリームの消費期限は10日ほど。
 
鮮度も味に影響する動物性の生クリームは、買ったらできるだけ早く使い切りたいところ。
 
それに対して植物性のホイップクリームは2ヵ月ほど日持ちします。
 
買い置きをするなら、植物性のホイップクリームを選ぶのが正解ですね。
 

お菓子やシーンに合わせてクリームの材料を使い分けて♪


なめらかな口当たりと濃厚な風味が特徴的な、動物性の生クリーム。
 
さっぱりとした味で賞味期限も長く、初心者さんも扱いやすい植物性のホイップクリーム。
 
どちらも一長一短ですが、お財布とも相談しながら、作りたいお菓子やシーンに合わせて上手に使い分けたいですね♪
 
いつもとはひと味違うケーキを作るなら、バタークリームもおすすめです。
 
生乳から脂肪分だけを分離させたバターに砂糖や牛乳を加えて混ぜ合わせ、なめらかなクリーム状にしたバタークリームは、濃厚でリッチな味わいが特徴。
 
使用するバターの種類や加える糖分の量によって、口どけや美味しさも変化。作り方次第で色や形も変えられるのが、バタークリームの良いところです。
 


そんなバタークリームを使うと、カラフルで可愛いフラワーケーキも簡単に♪
 
「どうやって作るの?」と思われた方は、ぜひインスタでも話題の著名な先生から洋菓子の作り方を学んでみませんか?
 
おしゃれなスイーツレシピを動画で学べるMIROOMでは、洋菓子づくりのプロが初心者さんにも分かりやすくレクチャー。
 
手作りがはじめての方でも、実際のお菓子教室と同じように安心してお取り組みいただけるだけでなく、洋菓子作りに必要な材料や道具も動画と一緒に購入できるので、「どこのお店で揃えたらいいの?」と迷うこともありません。
 

 
さらに最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、話題のスイーツやパンのレシピもまるごと定額で習得可能♪
 
作り方の基本さえ身に付ければ、SNS映えする人気スイーツもカンタンに手作りできるようになりますよ。
 

人気のカリグラフィーやペン字、フィットネスやヨガまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。