お菓子を彩るキュートなデコレーション。マジパンをご存知ですか?

 

マジパンを知っていますか?

 

 

View this post on Instagram

 

Sano Yasuoさん(@sano.yasuo)がシェアした投稿


 
ホールケーキの上に、ちょこんと乗っている可愛らしいお人形。
 
食べてしまうのがもったいなくて、最後まで眺めていた記憶はありませんか?
 
あのデコレーションに使われているのが「マジパン」です。
 
マジパンという名前から、「パンの一種なの?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
けれども触れてみると、まるで和菓子の練り切りのような、なめらかでしっとりとした触り心地。
 
一体マジパンとは何なのか、その秘密を探っていきましょう。
 

マジパンの正体は?

 

 

View this post on Instagram

 

Vivien Tsutoさん(@vivientsuto)がシェアした投稿


 
マジパンの正体は、実は「砂糖とアーモンド」。
 
本来の作り方では、蒸した生アーモンドと砂糖を一緒にローラーにかけて、ペースト状にします。
 
ご家庭で手作りするときには、アーモンドプードルと粉砂糖、卵白を練り上げて作る方法が一般的。
 
そうして作られた生地に色付けをして、粘土細工のように造形していくのです。
 
製菓材料店では「マジパンペースト」と「マジパンローマッセ」の二種類が販売されていますが、違いはアーモンドと砂糖の比率。
 
マジパン細工に使われる「マジパンペースト」は、細工しやすいように砂糖が多く含まれています。
 

マジパンペースト

出典:マルサンパントリー

 
その反対に、アーモンドの比率が高いのが「マジパンローマッセ」。
 
ローマッセは、ケーキやクッキーの生地に練り込むなど、お菓子作りの材料として使われます。
 
ねっとりとした甘さから、日本ではあくまでデコレーションとして見て楽しむ印象が強いマジパン。
 
しかしドイツを始めとするヨーロッパを中心に、マジパンは様々な形でお菓子に使われ、長く愛されてきたのです。
 
そんな海外のマジパン文化を知ることで、これまでのイメージが一新されるかもしれませんよ♪
 

マジパン大国【ドイツ】

 


 
日本では脇役的なイメージの強いマジパンですが、ドイツの方たちはマジパンが大好き。
 
そのまま食べるのはもちろん、チョコレートのフィリングにしたり、シュトーレンの中に入れたりと実に多彩な使い方をしています。
 
特にドイツの北、リューベックにある、1806年創業の「ニーダーエッガー」は、ドイツ全土にその名が知られるマジパンの名店。
 


 
店頭には様々なマジパン菓子のほか、マジパンのリキュールやコーヒーなど、約300種類ものオリジナル商品がずらりと並びます。
 
中でも定番商品として大人気なのは、マジパンをチョコレートでコーティングしたこちらのお菓子。
 


 
ニーダーエッガーのマジパンを食べて、そのあまりの美味しさにすっかりマジパンファンになってしまう方も多いとか。
 
ちなみに日本では、東京広尾にあるドイツ菓子専門店「シュロスベッカライ」で購入することができますよ♪
 

王女が愛したケーキ【スウェーデン】

 


 
こちらの美しいグリーンのドーム型ケーキは、スウェーデンのお祝い事に欠かせない「プリンセストータ」。
 
王女たちに愛されたことから名前がつけられた、伝統的なケーキです。
 
ふんわりとしたスポンジに、生クリームやラズベリージャムなどが層になって重なり合い、薄く伸ばしたマジパンで表面をコーティング。
 
日本ではイケアで、ピンクのプリンセストータを食べることができます。
 


 
スウェーデンではほかにも、イースターの前に食べる「セムラ」と呼ばれるスイーツもあります。
 
一見シュークリームかブリオッシュのようにも見えますね。
 


 
セムラはカルダモン風味のパン生地の間に、マジパンと生クリームが挟まれた甘いお菓子です。
 
春の到来を告げるお菓子として、スウェーデンの方たちに愛され続けるセムラ。
 
こちらもイケアで食べることができるので、機会があればぜひお試しくださいね♪
 
 

ヨーロッパ各地のマジパンスイーツ

 
ヨーロッパ各地には、ほかにもマジパンを使ったユニークなお菓子があります。
 
まずはスペインの世界遺産の街、トレドの名物である「マサパン」。
 


 
13世紀から伝わる伝統的な焼き菓子で、修道士が貧しい人々に分け与えたのが始まりだといわれています。
 
スペインはアメリカに次いで、アーモンドの生産量が世界第2位。
 
アーモンドプードルを使ったマジパンで作るお菓子が、名物になっているのもうなずけますね。
 
続いては、フランスのリヨンを代表するお菓子「クッサン・ド・リヨン」。
 


 
「クッサン」とは、フランス語で「クッション」のこと。
 
鮮やかなターコイズブルーのマジパンで、オレンジキュラソー入りのチョコレートガナッシュを包み込んだお菓子です。
 
日本初のアーモンド専門店「パパピニョル」では、カラフルなオリジナルのクッサン・ド・リヨンを購入することができます。
 

意外な美味しさ発見

 


 
カラフルで繊細なマジパン細工として、あるいはケーキやチョコレートに美味しさをプラスするエッセンスとして。
 
様々に形を変えながら、世界中のスイーツを彩ってきたマジパンの魅力を感じていただけたのではないでしょうか。
 
これからは目で楽しむだけでなく、舌で楽しむマジパンスイーツにもぜひご注目くださいね♪