【初心者さんはトライしたい!】簡単可愛いアイシングクッキーのデザイン4選

複雑なデザインの前に

 

acoさん(@acorne97)がシェアした投稿

 
素敵なアイシングクッキーを見かけて、「こういうデザインのものを作ってみたい!」と思った方は多いのではないでしょうか。
 
しかし、アイシングクッキー作りはペンや鉛筆と違い、柔かいアイシング入りのコルネを扱うため、初めから歪みのない線を描くのは思いのほか大変です。
 
それでも、少し練習するだけでコツを掴むことができるのがアイシングクッキーのいいところ。
 
ここはお目当てのデザインに取り掛かりたい気持ちをひとまず抑えて、一つずつ基本のステップを踏んでみませんか?
 
意外と、本命のデザインに活かせる技を習得できるかもしれませんよ。
 

簡単なのに可愛らしいデザイン4選

単色の平面塗り

まずは、基本中の基本である平面塗りのみでアイシングをしてみましょう!
 
「え?一色で塗るだけ?」と思われた方はご安心を。
 
クッキー型にこだわったり、アイシングの色を暖色や寒色に統一するなどすれば、十分見栄えのするアイシングクッキーになりますよ。
 


 
最初はコルネへの力の入れ具合を気にせず、とにかくアイシングの柔らかさに慣れることが大切。
 
平面塗りのように、大きな面積を塗る際に使うのは緩めのアイシングです。
 
固まるまでにやや時間がかかるので、線がよれてもカバーすることができます。
 
どんどん塗って、アイシングを扱う感覚を掴んでおきましょう。

ラインを引くだけ

クリスマスには、白いラインが描かれたアイシングクッキーをよく見かけます。
 
ツリーや人形、雪の結晶などの形が多く、クッキーの淵に沿ってラインを引いてあるものが主流。
 
アウトラインをなぞって、簡単なパーツを描くだけで完成するので、線の練習にぴったりですね。
 

Food Blogさん(@mostly_woman)がシェアした投稿


 
ラインを描く際に用いられるのは硬めのアイシングで、コルネの先を細くして使うのが一般的。
 
「ラインだけだと少しさみしいな…」という場合は、複数の色のアイシングペーストを使うだけで、簡単に華やかな印象にすることができますよ。
 
ランダムな線を重ねて描いたり、短い線を模様のように並べたりするだけでもユニークなデザインになる上、淀みのない線を描く練習にもなるのでおすすめです。
 

平面塗り+ライン

最初にご紹介した平面塗りを十分に乾かしてから、その上にラインを引くと、アイシングクッキーらしさがぐっと上がるデザインに早変わり。
 
下地に色があるので、単純なボーダー柄や水玉が引き立ちます。
 
線を描くのに結構慣れてきたという方は、ここで文字に挑戦してみてはいかがでしょう。
 
贈り物にするのであれば、お相手の名前や簡単なメッセージを添えてもいいですね。
 


 
二つの技法を使うことができるようになると、下地とラインの色を変えてコントラストを楽しみたくなりますが、あえて同じ色にするというのもあり。
 
そうすることによって、表面がエンボス加工されたような風合いになり、エレガントな雰囲気を演出できます。
 

二色以上の平面塗り

色を足すことで、一気に上級者風の仕上がりにすることができるのが、意外にも基礎の技法である平面塗り。
 
緩めのアイシングが持つ乾きにくい特性を活かし、色と色を線で区切ることなく隣り合わせることができます。
 


 
さらに、下地が乾かないうちにラインを描くことによって、ラインを下のアイシングに沈み込ませることも可能。
 
表面が平らでありながらもカラフルなデザインとなるため、色の組み合わせによってモダンにもクラシックにも変化するのが持ち味です。
 

トッピングシュガーを使う

初めてさんの強い味方が、アラザンやスプリンクルなどのトッピングシュガー。
 
乾ききっていない下地の上にパラパラ撒くだけで、一気にゴージャス感が出る頼もしいアイテムです。
 
その種類は従来の丸型だけでなく、星型やハート型、さらには金箔や銀箔など、形や色も実に様々。
 
製菓用品店以外にも、100円ショップやネット販売で手に入れることができるので、何種類か購入しておくと安心ですよ。
 

mai🌈💗さん(@mai_pinkpurple)がシェアした投稿


 
少量をアクセントとして使うもよし、全体的にデコレーションするもよし。
 
トッピングシュガーの力を借りて、デザインの幅を広げましょう♪
 

シンプルでも完成度の高いデザインにするには

 


 
今回は、初心者の方がトライしやすいデザインをご紹介しました。
 
しかし、シンプルであるがゆえに「地味にならずに素敵なデザインにする方法が分からない…」という方もいるのではないでしょうか?
 
そんなときは、みなさんが普段よく目にする化粧品のパッケージやロゴ、洋服の柄といった、身近にあるものからヒントを得ることができますよ。
 
そのほか、ショップバッグや包装紙、Webサイトなど、プロが手掛けた作品には洗練された色使いやレイアウトのものがたくさんありますよね。
 
身の周りものからインスピレーションを受けたら、見た人が思わず笑顔になるような、目に楽しいアイシングクッキーを作ってみましょう!