【アイシングクッキーに挑戦!】初めてでもできる可愛いデコレーション

 

アイシングクッキーデコレーションのための3ステップ

 


 

アイシングクッキー作りで一番楽しいのは、やはりデコレーション!
 
どんなアイシングにしようかな…、と考えるのはとても楽しい時間ですね。
 
しかし、その前に、デコレーションを楽しむために準備していただきたい大切なものがあります。
 
それはいったい何だと思いますか?
 

ステップ1 土台になるクッキーを用意しよう

 

アイシングクッキー

出典:Pippi to Puppu

 

アイシングクッキーを作ろうと思ったら、初めに用意したいのは土台になるクッキー。
 
クッキーの厚みが均一で、表面がフラットであるほど、とても美しいデコレーションに仕上がります。
 
まずはシンプルなクッキー型を使って、4~5ミリの厚さのクッキーが焼けるように心がけてみてください。
 
フラットなクッキーを焼くための道具も色々と販売されているので、それらを利用してみるのもいいですね。
 
市販のクッキーでも代用できますので、デコレーションしやすそうなクッキーを探してみてください。
 

hisakoさん(@hisako_09)がシェアした投稿


 

ステップ2 「硬め・柔らかめ」のアイシングクリームを作ろう

 

クッキーの用意ができたら、次はアイシングクリームを作ってみましょう。
 
アイシングクリームは、粉糖、卵白、水、アイシングカラーの4つの材料で手軽に作ることができます。
 
これらをよく混ぜ合わせると、滑らかなアイシングクリームが完成します。
 
7~10分ほど、しっかりと混ぜるので、ハンドミキサーがあるととても便利です。
 


 

アイシングクッキーは、「硬め」と「柔らかめ」の2種類のクリームを使い分けてデコレーションしていきます。
 
「硬め」は、スプーンですくうと、しっかり角が立つくらいの硬さ。
 
「柔らかめ」は、スプーンですくうと、流れ落ちたクリームの跡が7秒ほどで消えて馴染むくらいを目安にします。
 
最初に「硬め」のクリームを作り、作りたい色の数だけ小分けにし、アイシングカラーを少量足してよく混ぜてください。
 
アイシングカラーは発色がいいので、つまようじなどを使って少しずつ調整してくださいね。
 
「硬め」のクリームができたら、半分ほど別の容器に取り分けて、水を足して「柔らかめ」のクリームも同様に作ります。
 


 

ステップ3 アイシングクリームをコルネに詰めよう

 

デコレーションのための最後のステップ、忘れてはいけないのがコルネ作り。
 
では、コルネとはいったい何なのでしょう?
 
コルネとは、模様や文字を描きやすくするための絞り袋のことです。
 
「硬め」と「柔らかめ」のアイシングクリームを色別にそれぞれコルネに詰めたら、さあ、いよいよお待ちかねのデコレーション。
 

Hikaruさん(@petitplume_ichingcookies)がシェアした投稿


 

初心者さんにおすすめしたい『wet on wet』テクニック

 

ayaさん(@ayamatasan)がシェアした投稿


 

最近は、アイシングクッキーもどんどん進化して、うっとりするようなデコレーションをたくさん見ることができますね。
 
やりたいことがどんどん膨らんで欲張ってしまいそうですが、焦らずに、まずは『wet on wet(ウェットオンウェット)』というテクニックをマスターしてみましょう。
 
アイシングの基本は、「硬め」のクリームでクッキーの形に添ってアウトラインを引き、その内側を「柔らかめ」のクリームで塗りつぶして、クッキーの表面をコーティングします。
 
『wet on wet』とは、クッキーの表面を「柔らかめ」のクリームで塗りつぶしたあとに、乾かないうちに「柔らかめ」のクリームの他の色を重ねて模様を描いていくテクニックのことです。
 
点を落としてドットやハート、直線を引いてストライプ模様、さらにヒョウ柄なども描くことができます。
 

Juri Mathushimaさん(@ooojurianailooo)がシェアした投稿


 

バラやマーブル模様、チェック柄や幾何学的な模様も、この『wet on wet』のテクニックたけで描くことができるのです。
 
これはぜひ試してみたいですね。
 


 

メッセージや名前を書いて、心を込めたプチギフト

 

Sugarholic!さん(@wakanapetitebake)がシェアした投稿


 

アイシングクリームでコーティングしたクッキーの表面が乾いたら、「硬め」のクリームで模様や文字を描くことができます。
 
表面がフラットになる『wet on wet』とは違い、模様や文字が浮き出るような仕上がりになるので、元気でポップな印象に。
 
「硬め」のクリームで描くドットやお花、レース模様などは、アイシングクッキーがさらに華やかになるので、ぜひ挑戦してみてください。
 
これもまた、たくさんの想像が広がりますね。
 

@yuka_bluemoonがシェアした投稿


 

今回は初心者さんでもできるアイシングクッキーの簡単デコレーションをご紹介しました。
 
アイシングクッキーのハードルは少し下がりましたか?
 
気軽にアイシングクッキーを手作りできるようになったら、「Happy Birthday」や「Thank you」などを書いて、メッセージカード代わりにしたり、ちょっとしたプチギフトにしたり、色々なシーンで重宝します。
 
アイシングクッキーは、どんなシーンでも喜ばれること間違いなし。
 
心を込めたアイシングクッキーを作って、大切な方へプレゼントしてみてはいかがですか。