ここまで可愛くなる!アイシングクッキーの立体デコレーション

アイシングクッキーを立体的に見せるコツとは

 


 

クッキーの表面を可愛らしくデコレーションするアイシング。
 
最近では、一般的な平面のデコレーションだけでなく、立体的なモチーフが形作られることも増えてきました。
 
そのような立体的なアイシングクッキーは、どうやって作られるのでしょうか?
 
立体デコレーションをするコツはずばり、表面に凹凸をつけること。
 
凹凸をつけるためには、様々な方法があります。
 
それでは、アイシングクッキーを立体的に見せるテクニックを順番に見ていきましょう♪
 

立体デコレーションのテクニック

 


 

アイシングクッキーに立体的なモチーフを加えると、それがアクセントとなり一層華やかな一枚に大変身♪
 
アイシングクッキーをより可愛くするためのテクニックを、ぜひ習得してみてはいかがでしょう?
 

ベース塗りのパーツ分け

 


 

最初にご紹介するのは、ベースをパーツ分けして塗る方法から。
 
クッキーの土台となるベース塗りをするときに、個々のパーツを分けて塗ると表面に凹凸ができます。
 
塗り方を工夫することで簡単に立体感を出すことができる、初心者さんにおすすめのテクニック。
 
少し硬めのクリームをモリモリっと多めにのせると、より凹凸が目立って可愛い仕上がりに。
 
パーツの隣り合わせの部分は、片方の表面が乾いてから次を塗ることがポイント。
 
表面が乾いていないと、隣り合うパーツが繋がって凹凸を作ることができないので要注意。
 
アイシングで作るキルティングも同じ手法なのでこの機会にぜひお試しを♪
 

口金を使って作るモチーフ

 

View this post on Instagram

@miu_miuiikoがシェアした投稿


 

続いてご紹介するのは、立体デコレーションに欠かせない口金を使った絞りのモチーフ。
 
口金は用途に合わせて様々な形が販売されていますが、中でも「しずく」型の口金を持っているとバリエーションが広がるのでとても便利♪
 


 

ブロッサムやパンジーなど、4~5枚の花びらを備えたお花もしずく型の口金でOK♪
 
一見難易度の高そうなバラでさえも、こちらのしずく型の口金一つで出来上がるのです。
 
絞ったお花のモチーフはしっかりと乾かしてからクッキーに飾るため、時間があるときに作りためておくと重宝します。
 
アイシングクッキーだけでなく、ケーキなど色々なお菓子に添えても可愛さがアップすること間違いなし。
 


 

そして、このようなドレスのフリルにもしずく型の口金がお役立ち♪
 
力加減を調節しながら絞ると、ふんわりとした柔らかな素材を表現することができます。
 
しずく型の口金を使って、アイシングクッキーのアレンジの幅を広げましょう。
 

シュガーペーストでモチーフ作り

 


 

次にご紹介するのは、シュガーペーストで作る立体モチーフ。
 
粘土のように扱うことのできるシュガーペーストを使うことで、アイシングとは違った立体感を楽しむことができます。
 
アイシングクリームでは難しい立体リボンも、シュガーペーストにお任せあれ♪
 
厚みや幅、模様など、作りたいモチーフの特徴で、シュガーペーストとアイシングクリームを使い分けると◎。
 


 

シュガーペーストはウィルトンなどのメーカーから扱いやすいものが販売されていますが、まずは少しだけ試してみたい方には、簡単で手軽なマシュマロフォンダントがおすすめ。
 
マシュマロフォンダントについては、こちらでご紹介しているのでぜひご参考に♪
 

立体モチーフを作るパイピング

 


 

続いてご紹介するテクニックは、アイシングのパイピングを使ったアレンジ。
 
パイピングとは、コルネに詰めたアイシングクリームを使って点や線を描くこと。
 
ここでは、パイピングで描いたいくつかの平面のモチーフをしっかりと乾かし、そのモチーフを組み合わせて立体を作ります。
 
パイピングのモチーフはとても繊細なので、壊れないように優しく扱うのがポイント。
 
立体モチーフの中でも、特に華やかでエレガントなイメージに仕上がりますよ♪
 

クッキーを組み合わせて作る立体アイシング

 


 

最後にご紹介するのは、クッキーを重ねて立体を作る方法。
 
星形に焼いたクッキーを積み上げて作るツリーや、家のパーツを組み立てるヘクセンハウス。
 
最近では、クリスマスシーズンによく見かけるようになりました。
 
アイシングのデコレーションのほかにクッキーを組み立てる楽しみがプラスされるので、お子さんと一緒に作る立体アイシングクッキーにも最適♪
 
出来上がったツリーやヘクセンハウスは、最初はインテリアとして、そして最後にはみんなで美味しくいただく…という楽しみ方もいいですね。
 

立体モチーフで新たなアイシングアレンジを

 


 

今回は、アイシングクッキーの立体デコレーションテクニックとアレンジをご紹介しました。
 
「作ってみたい!」と思った立体デコレーションはありましたか?
 
難しそうなテクニックも、「挑戦してみたら意外とできてしまった」ということもあるかもしれません。
 
今回ご紹介したテクニックを参考に、今後のアイシングクッキー作りに立体モチーフを取り入れてみてくださいね。
 
立体デコレーションにトライして、アイシングクッキー作りをさらに楽しみましょう♪