ギフトに最適♪フルーティーな新食感スイーツ「ギモーヴ」の作り方

 

ギモーヴって?

 


 
フランス生まれのお菓子「ギモーヴ」。
 
別名“生マシュマロ”とも呼ばれていますが、マシュマロとは一味違う新感覚スイーツです。
 
卵白を泡立てたメレンゲにゼラチンを加えて固めるマシュマロに対し、ギモーヴはフルーツのピューレにゼラチンを加えて泡立てて固めます。
 
果物のフレッシュな味わいと、もちもちぷるんとした食感が特徴。
 
そんなギモーヴの作り方は意外に簡単♪
 
この機会に手作りにチャレンジして、親しい方へプレゼントしてみてはいかがですか?
 

基本の作り方

 


 
ギモーヴを手作りするには、いくつかの方法があります。
 
ここからは、人気の作り方をご紹介していきましょう♪
 

お好みのジャムを使う

 
フルーツピューレの代用品として一番手軽なのは、果物たっぷりのジャム。
 
フルーティーな味わいの美味しいギモーヴを、簡単に作ることができます。
 
【材料】
・お好みのジャム 135g
・砂糖 大さじ2
・レモン汁 大さじ1
・粉ゼラチン 10g
・水 大さじ5
・コーンスターチ(または粉砂糖、片栗粉) 適量

 


 
【作り方】
 
1. 型にクッキングシートを敷いて、コーンスターチを全体に振りかけておく。
 
2. 粉ゼラチンに水を入れてふやかし、湯せん、または電子レンジで30秒加熱して溶かす。
 
3. 耐熱ボウルにジャム、砂糖、レモン汁を入れて軽く混ぜ、電子レンジで1分30秒加熱(もしくは鍋で軽く沸騰させる)。
 
4. 3に、2のゼラチンを入れ、湯せんをしながらハンドミキサーでひたすら泡立てる。
 


 
5. 生クリームの8分立てくらいの硬さになったら泡立て終了(約30分ほど)。
 
6. 素早く型に流し入れて表面を整え、粗熱が取れたら蓋をしないで冷蔵庫で冷やし固める。
 
7. 固まったら、コーンスターチを振った台の上に取り出して切り分け、一つずつコーンスターチをまぶして出来上がり♪
 

ジュースを使う

 


 
ジャムの代わりに市販のジュースを使う方法もあります。
 
フルーツジュースはもちろん、野菜ジュースを使ったカラフルなギモーヴなら、野菜嫌いのお子さんも喜んで食べてくれますよ。
 
材料は、ジャムの代わりにお好みのジュースを100cc。砂糖は80~100gに増量。
 
基本の作り方の3で、ジュースと砂糖とレモン汁を沸騰させたら、あとは同様に仕上げてください。

 

フレッシュフルーツを使う

 


 
季節の果物を使えば、さらにフレッシュな味わいに。
 
春ならイチゴ、冬ならミカンなどで作ってみてはいかがでしょうか?
 
冷凍のブルーベリーやラズベリーを使う方法もお手軽ですね。
 
材料の目安はお好みの果物を100gと、砂糖100g。
 
果物と砂糖、レモン汁を、とろみがつくまで鍋で煮詰めてから使うことがポイントです。
 

フルーツ以外の味を楽しむ

 
フルーティーな味わいが特徴のギモーヴですが、せっかく手作りをするのなら、フルーツ以外の味にも挑戦してみましょう。
 
大人向けの味にするならココア抹茶がおすすめ。
 


 
抹茶やココアの分量は、お好みで小さじ2くらい。
 
それを大さじ1のお湯でよく溶いてから、砂糖などと一緒に煮溶かします。
 
ほかにもクリームチーズチョコレートなども、ギモーヴの食感とベストマッチ。
 
クリームチーズなら80g、板チョコは1枚を湯せん、またはレンジで溶かしてから使いましょう。
 
基本の作り方4の段階で、ゼラチンとともにボウルに加えて泡立てていきます。

 

可愛くアレンジ

 


 
基本的な作り方を覚えたら、形や見た目もアレンジしてみましょう。
 
アイデア次第で自由自在な仕上がりを楽しむことができますよ♪

 

絞り出す

 


 
泡立て終わった生地を絞り出し袋に入れて、コーンスターチをまんべんなく振ったクッキングペーパーの上に絞り出します。
 
固まったら、上から茶こしでコーンスターチを振りかけて完成。
 
生地は固まりやすいので、手早く絞り出すことがコツです。
 
生クリームを絞り出すような感覚で、様々な形を作ってみましょう♪
 

型で抜く

 


 
ギモーヴ生地は、クッキーの抜き型で綺麗に抜くことができます。
 
その際、抜き型にもしっかりとコーンスターチを振りかけて、生地がくっつかないようにご注意を。
 
色や味によって形を変えたり、季節のイベントに合わせた形に仕上げたりすれば、カラフルで可愛いギモーヴが気分を盛り上げてくれますよ。

 

トッピングをする

 


 
もちもちした生地の特性を利用して、コーンスターチをまぶす前にトッピングをしてみると、ちょっと面白い仕上がりになります。
 
絞り出した生地に、アラザンやカラーシュガーをトッピングしてキュートに。
 
包丁で切り分けたら、全体にドライストロベリーやココナッツをまぶして華やかさをプラス。
 
コーンスターチの代わりに抹茶やココアパウダーを使えば、ビターな大人のテイストに。
 
市販の製菓材料を使ったトッピングなら、手軽に見た目も味の変化も楽しむことができます。

 

フィリングにする

 


 
完成したギモーヴを色々なものと組み合わせることで、また新たな美味しさを発見!
 
例えばプレッツェルにサンドすると、塩気と甘さのバランスや、サクサクともっちりのダブル食感がくせになる一品に。
 
クッキーやビスケットの間に挟んだり、薄くスライスした食パンに挟んだり、オリジナルのアレンジを探求してみてはいかがでしょうか?
 

ギフトに最適なスイーツ

 


 
もちもちぷるんとした食感が楽しいギモーヴは、簡単に手作りできることも魅力の一つ。
 
小麦粉、乳製品、卵も使わないので、アレルギーをお持ちの方にも安心して召し上がっていただけます。
 
日頃のご褒美に、大切な方へのプレゼントに、ご自身だけのギモーヴを手作りしてみてくださいね♪