【基本のスポンジケーキ】ジェノワーズって?作り方と人気のアレンジ

スポンジケーキの基本!ジェノワーズって何?

 


 
ジェノワーズとは、洋菓子に使われる基本的なスポンジ生地の一つ。
 
聞き慣れない名前ですが、実はショートケーキのスポンジとして使われている身近なものなのです。
 
誕生日祝いなどでケーキを手作りする際には、ご自身好みのデコレーションを施したいという方も多いのではないでしょうか?
 
ジェノワーズのレシピを覚えてしまえば、ご自宅で色々な種類のケーキを手作りすることができるように♪
 
今回はその基本的なレシピと、より美味しくいただくためのアレンジ方法をご紹介します。
 

基本のレシピ

 


 
今回ご紹介するのは、ジェノワーズを「共立て」で作るレシピ。
 
共立てとは卵の泡立て方のことで、卵黄と卵白を別々に混ぜる別立てに対して、卵黄と卵白を一緒に泡立てる方法のことをいいます。
 
気泡が多くふわふわ食感になる別立ては、シフォンケーキを作る際などに使われる泡立て方。
 
それに対して共立ては、よりしっとりした口どけの良いジェノワーズなどを作る際に使われます。
 
ではさっそく、ジェノワーズの基本的な作り方を見ていきましょう。

材料 (15cm)

 


 
ジェノワーズの基本材料は以下の通り。
 
・卵…Mサイズ2個

・グラニュー糖…60g

・薄力粉…60g

・無塩バター…15g

・牛乳…10g
 
ご家庭にあるもので作ることができるのも、嬉しいポイントです♪
 

下準備

 


 
1. 薄力粉60gをダマがなくなるようにふるいにかけて、容器にいれる。
 
2. 型にクッキングシートを敷く。
 
3. オーブンを180℃に予熱する。
 

卵を泡立てる

 


 
まずボウルに全卵を入れ、湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てます。
 
次に、グラニュー糖を入れてしっかりと混ぜ合わせます。
 
全体がなめらかになって、ミキサーですくった時にもったりとしたらOK。
 
ボウルを湯せんから外したら、代わりにバターと牛乳を入れた容器を湯せんにかけて溶かします。
 

薄力粉を加える

 


 
続いて、ふるっておいた薄力粉を、全体にふるい入れます。
 
ゴムベラで生地を切るように素早くかき混ぜてください。
 
ここで湯せんにかけておいたバターと牛乳を入れて、生地と混ぜ合わせます。
 

オーブンで焼く

 


 
シートを敷いた型に生地を流し込んだら、20cmほどの高さから型を2・3回落として空気を抜きます。
 
こうすることで、焼き上がりがよりしっとりとした仕上がりになりますよ。
 
気泡が少なくなったら180℃のオーブンで25分焼きます。
 
指で軽く押して戻ってくるくらいの弾力になったら、焼き上がりです♪
 

型から外して完成

 


 
焼き上がったらオーブンから出して、すぐに蒸気を抜くために20cmほど上から落とします。
 
熱いうちに型から外して冷ましましょう。
 
粗熱がとれたら完成です♪
 

ジェノワーズの美味しいアレンジ方法

 

スポンジケーキの基本、ジェノワーズの使い道はたくさんあります。
 
主にデコレーションケーキに使われることが多いですが、せっかくご自宅で手作りするなら様々なアレンジを試してみたいもの。
 
そこで今回は4種類のアレンジ方法をご紹介。
 
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

パウンドケーキ

 


 
最初にご紹介するのはパウンドケーキです。
 
しっとりした食感が魅力のジェノワーズは、パウンドケーキにぴったり。
 
生地を流し込む際に細長い長方形の型を使うだけで、パウンドケーキを作ることができます。
 
生地にドライフルーツやレモン汁、ココアパウダーなどを混ぜて、色々なフレーバーを試してみてもいいかもしれません。
 

ロールケーキ

 


 
次にご紹介するのはロールケーキ。
 
ジェノワーズは、実はロールケーキにもよく使われているのです。
 
生地を天板に流し込んで、長方形に平たく焼き上げた生地にクリームを塗ったら、くるくると巻き上げていきましょう。
 
お好みでフルーツやチョコチップなどを絞った生クリームの上に散りばめると、パーティー仕様の華やかなロールケーキに♪

モンブラン

 


 
続いてご紹介するのはモンブラン。
 
こちらはカップケーキの作り方と同様に、紙カップに生地を流し込んで焼きます。
 
焼き上がったら、栗やマロンクリームで飾り付けるだけ。ホームパーティーなど大勢が集まるシーンの手土産としても喜ばれそうです。
 

プリンケーキ

 


 
最後にご紹介するのはプリンケーキです。
 
薄くきったジェノワーズを土台にして、その上にプリン生地を乗せるとプリンケーキの完成。
 
しっとりしたジェノワーズと濃厚なプリン、パリパリのカラメルを同時に楽しむことのできる夢のようなスイーツですね。
 
ジェノワーズを土台にすれば、ほかにもチーズケーキやムーズケーキなど二層構造のケーキを簡単に作ることができますよ。
 

アレンジ自在のジェノワーズ♪

 

View this post on Instagram

@tom14catがシェアした投稿


 
普段はあまりスポットライトが当たらない存在でありながら、ケーキのベースとして重要な役割を持つ「ジェノワーズ」。
 
ジェノワーズをご家庭で作れるようになったら、料理の幅がぐんと広がり、お菓子作りがもっと楽しくなりそうです。
 
この機会にジェノワーズを使って、様々なデザート作りに挑戦してみてはいかがでしょうか♪