手作りクッキーのバリエーションを増やそう♪人気のフレーバー5選

手作りクッキー、いつも同じ味じゃつまらない!


簡単なレシピながら、お菓子を手作りする醍醐味を味わえるクッキー作り。
 
ちょっとしたギフトにもぴったりなので、ご家庭でよく作るという方も多いのではないでしょうか?
 
ただ、毎回同じ味だとだんだん飽きてきてしまうかも。
 
そんなときにはいつもと違う素材を混ぜ込んで、フレーバーを変えてみてはいかがでしょう。
 
栄養価の高いフレーバーを加えれば、健康にも◎。
 
今回は、クッキーに人気のフレーバーとそのレシピをご紹介します。
 

知っておきたい生地の黄金比率


インターネットで検索すれば無数に見つかるクッキーレシピ。どのレシピを信用すればいいのか、迷ってしまう方も多いのでは?
 
しかし、クッキーを作るのはそれほど難しいことではありません。
 
材料の比率さえ守れば、お店のように美味しいクッキーが焼き上がるのです。
 
クッキー生地の黄金比率は、卵:砂糖:バター:小麦粉が1:1:2:3と言われています。
 
具体的には卵1個に対し、砂糖100g、バター200g、小麦粉300gが適量。
 
作る際にはすべての材料を混ぜ合わせてしまって問題ありません。
 
お好きなサイズに切り分けて、オーブンやトースターで焼けば出来上がり♪
 
さらにひと手間かけてフレーバーを変化させれば、手作りクッキーが劇的にランクアップしますよ。
 

ココアを混ぜる


甘さを抑えつつ、チョコの風味を楽しみたいという場合は、ココアパウダーを混ぜるのがおすすめ。
 
100gの薄力粉に対して10~15gのココアを入れるのが適量です。
 
お菓子作りに使用するココアパウダーは、砂糖やミルクが入っていないものが◎。
 
「無調整ココア」「無糖ココアパウダー」「ピュアココア」「無調整ココア」などと表示されているものをチョイスして。
 
品名に「ミルクココア」などと書かれているココアは、ミルクや砂糖入りの調整ココアなのでご注意。
 
無糖のココアは、スーパーの製菓コーナーや、コーヒー紅茶売り場で販売されています。
 

コーヒーを混ぜる


クッキーにコーヒーを混ぜ込むと、ほろ苦さが加わって大人の味に。
 

コーヒーの香りには気持ちを落ち着かせる効果があるのだとか。
 
カフェインも大量に摂取しすぎるのはよくありませんが、少量なら健康にも良いことが分かっています。
 
カフェインには代謝を高める効果があり、代謝を高める効果もあるので、ダイエット中の方にも嬉しい。
 
コーヒークッキーはインスタントコーヒーで簡単に作ることができますよ。
 
インスタントコーヒーは粉末のままよりも溶かしてから加えるのがベター。
 
小麦粉100gに対し、5gのコーヒーを5gのお湯で溶かして加えましょう。
 

全粒粉


全粒粉を混ぜると香ばしさが増し、ザクザクとした食感が楽しいクッキーの出来上がり。
 
全粒粉を多めに加えて食べると朝食向きの味に。
 
小麦の胚乳部分のみを粉にした小麦粉とは異なり、全粒粉は小麦の表皮や胚芽を含めてまるごと粉にしたもの。そのため、小麦粉よりも栄養価が高いのです。
 
デザートとして少し物足りないという方は、チョコチップを加えて甘みをプラスするといいでしょう。
 
全粒粉クッキーは小麦粉の一部を全粒粉に置き換えて作ります。
 
具体的には、小麦粉300gのところを小麦粉250g全粒粉50gにするなど。
 
お好みに合わせて全粒粉の割合を調整してくださいね。
 

野菜を混ぜる


クッキーに野菜を混ぜると栄養価がさらにアップ。
 

お子さまの野菜嫌いの克服にも、一役買ってくれます。
 
中でもかぼちゃを加えると、自然の優しい甘さが際立つクッキーが出来上がります。
 
かぼちゃの主な栄養素と言えば、βカロテン。黄色はβカロテンの色なのです。
 
風邪予防にも効果的な栄養素で、冬至にかぼちゃを食べる習慣にもその意味があるのだそう。
 
100gの小麦粉に対しかぼちゃ100gくらいを使用して。
 
レンジで加熱して、軽くつぶしてから生地に投入しましょう。
 
かぼちゃの代わりにさつまいもや人参、ほうれん草などの野菜を使用しても美味しく出来上がりますよ。

きな粉を混ぜる


きな粉クッキーはダイエット中の方におすすめ。
 
きな粉には大豆サポニンという、脂肪の蓄積を防いでくれる成分が含まれています。
 
女性は加齢とともに体脂肪だけでなく内臓脂肪もつきやすくなってしまうもの。
 
大豆サポニンはコレステロールも排出しやすくしてくれるので、痩せやすい体作りに最適なのです。
 
さらにきな粉に含まれる良質なたんぱく質で、基礎代謝もアップ。
 
100gの小麦粉に対し、30g程度を混ぜ込んでみて。
 
和風の優しい甘さがやみつきになること間違いなしです。

気になったらとりあえず混ぜ込んでみて♪

View this post on Instagram

@sayosandesuがシェアした投稿


ご自身で焼き上げた手作りクッキーの美味しさは格別です。
 
生地にひと工夫するだけで、いつもと一味違うフレーバーを楽しむことができそう。
 
お菓子作り初心者さんでも失敗しにくいクッキーは、様々なアレンジを試してみるにはぴったり。
 
「あれを混ぜてみたらどうかな?」というひらめきを大切にして、思いついた素材を加えてみましょう♪
 
ご自身やご家族の好みに合わせて、アレンジを楽しんでみてくださいね。